熱帯魚

 熱帯魚を飼っています。

 私が小さい頃、親にねだって、鯉やタナゴを飼っていたことがあり、大人になってから、いつかはまた魚を飼おうと考えていました。それも、子供の時には、終ぞ手を出せなかった熱帯魚を飼おうと決めていました。

 熱帯魚の飼育は、水温の管理をしなければならず、水質をきれいに保つ必要があったりします。また、魚だけではなく素敵な水草で水槽内を飾るという要素もありますので、少し難しいと聞いていました。その、少し難しいものにチャレンジしたかったのですね。何より、熱帯魚は種類が多く、それぞれ煌びやかで、上手く飼育ができれば日常生活に潤いを与えるだろうと考えていました。

 飼い始めて数年が経ちましたが、当初苦労をしたのは、水草を育てるという事でした。水槽の底に敷いた土(「ソイル」)に、きちんと植えつけないと、根が土を離れてフワフワ浮いてしまったり、根付かずに枯れてしまうということが繰り返されました。何度か水草を枯らしたり、ダメにしたりしてしまった後、どうにか水槽内で水草が根付き、育ち始めました。今では、定期的に刈らないと、無暗に繁茂してしまうほどになりました。どうやら、ポイントは「光」だったようです。水草といえども植物ですので、光を浴びて光合成をしなければなりません。十分に育たなかったときには、水槽の上に設置するライトの光量が足りなかったようでした。今では、青々とした水草の間を、小さな熱帯魚が泳ぐのを眺めて、ささやかな癒しを感じています。

 我が家の熱帯魚の水槽の主役は、ネオンテトラなど小さなメダカのような魚ですが、その他、何種類か別の魚も入れています。熱帯魚選びのポイントとしているのは、ある魚を一緒の水槽に入れた時に、他の魚を食べてしまわないものを選ばなければならないということと、あとは、「どのように泳ぐのか?」という点です。水面近くをすいすい泳ぐのか、真ん中あたりをゆっくり泳ぐのか、将又、水底を這うように泳ぐのか、それぞれ少しずつ1つの水槽で飼うようにすると、水槽の中がバラエティに富んだものになるのです。

 お魚選びも楽しいものです。いつだったか、「うちの水槽にはスターがいないんだよな~」と独り言つことがあり、妻に笑われました。

 実は熱帯魚を飼う前には、日本の淡水魚(タナゴやオイカワなど)を飼っていたこともあるのですが、あるとき、晩御飯のお買いものでスーパーに行ったとき、パックに入ったアユが売っているのを見て、「うちの水槽で泳がせてみたい」と思った時も、私の魚飼育趣味も高じたものだなぁと思いました。

 猛暑厳しい折ですが、そんな趣味を通じて、癒しと共に涼を感じています。皆様も、熱中症にご注意いただき、お元気でお過ごしください。

190801①

190801②

香り

北海道から引っ越してきて、3度目の梅雨。
初めて梅雨らしい梅雨を体験しているような気がしています。
北海道は「梅雨がない」と言われていますが、雨ばかり降って、蒸し暑く感じる時期もあります。北海道に住んでいる時、蒸し暑いと文句を言っていた自分が恥ずかしくなるほど、東京の梅雨は蒸し暑く、夏は暑いです。

先日、少しでも蒸し暑い嫌な空気をどうにかしようと、アロマを試してみました。
ラベンダーとペパーミントをアロマストーンに落としてみると、1~2℃気温が下がったように感じ、少しさわやかな気分になりました。
梅雨時期はラベンダーに殺菌作用のあるユーカリなどの精油をブレンドするのも良いそうです。

190716.jpg

梅雨のジメジメ対策以外にも、ストレスが溜まってきたな~と感じた時、リラックスしたい時、香りで気持ちを切り替えてみるのも良いかもしれません。専用の器具を使わなくても、ハンカチなどを使っても手軽に香りで気分転換ができますよ。

自然豊かな立川

みなさまに御案内のとおり我が事務所は立川駅徒歩5分のところにあります。
みなさまの立川についてのイメージはどのようなものでしょうか。

多摩地区随一の繁華街、駅前にはタワーマンションが建ち、デパートがあり、大型店舗があり、人があふれ、そんな感じでしょうか。ちなみに、立川駅の乗降客数は多摩地区では一番です。

ところが、駅からちょっと離れると豊かな自然がたくさん残っています。立川には立川崖線という高低差10メートルほどの崖があります。タモリさんの大好きな河岸段丘というやつです。崖があるということはそこには木々が生え、水が湧きます。そして、そういう場所にはいろんな生き物がやってきます。
狸、ハクビシン、白鷺、カワセミ、カッコウ、ウグイス、フクロウ、ホトトギス、キツツキ、カブトムシ、クワガタ、玉虫、蛍、彼らはみんな立川で出会った生き物たちです。

また、富士見町という町名が示すとおり富士山がとってもきれいに見える場所でもあります。富士山なんてどこから見ても同じじゃないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。東京と富士山との間には視界を遮る山がいくつもあります。それらの山々の間を上手くすり抜けるように裾野まで見える場所があります。その1つが立川です。

立川にお越しの際にはこのような豊かな自然にも触れてみてはいかがでしょうか。

190701.jpg

ホタル

弟が静岡県に暮らしています。
ホタルを見ようと誘われ、週末泊まりがけで遊びに行ってきました。

早朝に出発し車で3時間・・・
途中、三嶋大社と修善寺を参拝、
天城山で一番大きな杉の木まで片道2キロのハイキングなど
日ごろの運動不足には結構ハードなスケジュールでした。

暗くなってからホタル祭りの会場に向かうと
川の向こう岸にチラチラと飛ぶホタルの光をいくつも見ることができました。
十分飛んでいるように思えましたが、工事の影響で今年は控えめだったらしく
「いつもはもっともっと凄い数が飛ぶ、こんなもんじゃない」
と来年も来るように約束させられました。

多摩でも自然ではなかなか出会えなくなったホタル。
小学生の頃、八王子の恩方町で何度か見た記憶がありますが、
多摩川でもホタルがわんさか飛ぶようになったら素敵だな~と思いました。

190617①

190617②

祝日法(10連休)

皆様は先日の10連休をいかが過ごされましたでしょうか。
私は半分くらいは仕事をしていた気もしますが・・・。

さて、なぜ10連休になるのかを確認したところ、「祝日法」というものがあるのでした。

「国民の祝日に関する法律」
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC1000000178
この機会に一度読んでみてはいかがでしょうか(そんなに長い法律ではありません。)。

ポイントは
第3条第3項
「その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。」

ここですね。

この規定により、
昭和の日(4月29日)と即位の日(5月1日)に挟まれた4月30日と、
即位の日(5月1日)と憲法記念日(5月3日)に挟まれた5月2日が、
休日となり、10連休となったわけです。
オセロの原理です。

このような連休が次にいつ来るのかはわかりませんが、連休に限らず、仕事と休養のメリハリは大切だと思います。私自身もこれをいい機会に、適切な休養を心がけたいと思いますーーーが、なかなかそうもいかないところがつらいところですが。

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ