釣り日記

 我が家の子供たちが釣りにハマり出してから1年。今まで、一時期熱中したものでも成長とともに飽きていましたが、釣りに関してはまだまだ飽きが来そうにありません。大人でもおじいさんでも夢中になるくらいですから、先は長そうです。
 釣りにハマっている子供たちを眺めているだけと見せかけて、実は私も負けないくらいに夢中になっていたりします。
 何が面白いの?と聞かれれば、一番は、針に魚がかかった瞬間の、魚の重みが手に伝わってくる、何とも言えない感触ですが、それ以外にも、川が流れる音であったり、少し都会から離れてきれいな空気が吸えることも魅力です。それから、釣った魚をさばいて料理することも、大きな楽しみの1つです。
 最初のうちはもっぱら餌で釣っていましたが、今ではルアーを使った釣りを主に楽しんでいます。ルアーとは、魚の餌に模してプラスチックなどで作られた、いわゆる疑似餌です。
わざわざ疑似の餌を使わなくても、本物の餌で釣れるし、その方が簡単なのだからそれで良いではないかと突っ込まれそうなのですが、どういうわけか、本物の餌で魚を釣ってもあまり満足感がないのです。釣れて当たり前みたいなところがあるのかもしれません。
 これに対して、ルアーの釣りは、魚がどんな餌を食べているかに注目して、色んな形や動きをするルアーを使いまわし、偽物の餌を本物のように思わせることで魚を釣るので、奥深さがあり、楽しみの幅が広いように思います。
 魚の餌というと、虫や、自分よりもサイズが小さい小魚が主流なので、そういうものに似せたルアーが多いですが、魚が共食いをする性質や、縄張りに入ってくる同種の魚を攻撃する性質を利用して、釣ろうとしている魚と同じような大きさや形のルアーを使うこともあります(写真は、カワムツという川魚をルアーで釣った時のものですが、自分の体の3分の1くらいのサイズのルアーに喰いついてきました)。そういうところが、魚の習性の勉強にもなり、とても興味深いです。
 釣り好きの子供たちは、色々な種類の魚を覚えたり、魚の絵を書いたりすることにも夢中になっています。今では、ちょっと画像を見るだけで瞬時に魚の名前を言うようになりましたが、正しいのか間違っているのかも私にはわかりません。この前は、宴会で出た魚の姿造りを写真に撮って見せたところ、残っている顔の部分だけで魚の種類を見分けていたので驚きました。何にせよ、好きなことを通して自分の世界を広げていってくれるのは、親としても喜ばしいことです。

続きを読む

多摩湖梨

家から徒歩圏内のところに何ヶ所かの梨園がありまして、どちらにも特産品・多摩湖梨というのぼりが立っています。
梨は大好物で、この時期は良く購入しますがこの地域に住むようになってから多摩湖梨を知りました。
品種名ではなくて東村山、東大和、武蔵村山、立川市砂川地区で栽培される梨の総称なんだそうです。
都内の梨栽培といえば稲城が有名ですが、
稲城をはじめとする日野や神奈川県川崎市で栽培される梨は多摩川梨と呼ばれるようです。
近くの梨園は多摩湖梨のもぎとりと販売をしていて近くを通るとほのかに甘い香りが鼻をくすぐるのですが、
いつでも行けると思うとなかなか行かないもので、今年も思い立った時には梨のもぎ取りは終了していて結局行けずじまいでした。
来年こそは!と心に誓ってスーパーで買った梨を堪能しようと思います。

IMG_90711.jpg

# お土産買う人、買わぬ人


旅行に行ったとき、お土産を買いますか?
私は買います。いっぱい買ってしまいます。
「ここでしか買えないかもしれない」と思うと、思わず手がでます。
特に名産の食べ物ですと、食べればなくなってしまうから邪魔にもならないし、と色々買い物かごに入れてしまいます。
そんな私ですので、土地の美味しいお土産をいただくのも大好きです。

最近、テレビで、自動販売機で販売している出汁がひそかなブームになっているというのを見ました。
ネットで検索してみたところ、多摩地域ですと、武蔵野簡易裁判所(@三鷹駅)の近くにその自動販売機があるとのこと。
大変興味はあるものの、わざわざそれを買うためだけに行くのは、さすがに躊躇があります。

そうしたところ、武蔵野簡易裁判所へ裁判にでかけるという弁護士を事務所内で見つけたのです!
これはぜひ「お土産」をお願いせねば、です。
熱烈なお願いが功を奏し、噂の出汁のお土産を無事もらえました。
写真では分かりにくいですが、それぞれの容器に、焼きアゴや宗田節がそれぞれ丸ごと入っています。
見た目から、うまみ成分ばっちりです。
どんな料理に使えばよいかまだ全く分かっていませんが、とにかく美味しそうです。 
朝・夕が涼しくなってきた今日この頃、温かい出汁の料理にチャレンジしたいと思わせてくれます。
 
やはりお土産はいいですね。
さて、他にもどこかに出かける弁護士はいないかなー。。。

191001.jpg

家族でキャンプ

我が家は、キャンプが好きです。
普段は友達家族とだったり親戚とだったり大勢で行くことが多いのですが、今年の夏は久しぶりに家族4人で行ってきました。

群馬県沼田市にあるキャンプ場。
いつもは、着いたらすぐに大人は設営や準備にとりかかり、子供たちは遊びに夢中に、というのがお決まりのパターン。
でも、今回は家族だけのキャンプ。子供たちは自分も何かしなければと、積極的に設営や準備のお手伝い。
みんなでワイワイ準備をし、夕飯は新鮮な現地の野菜やキノコ、お肉、お隣さんから沢山釣ったからといただいた新鮮なニジマス、堪能しました!
星空が綺麗に見えるというキャンプ場でしたが、 残念ながら当日の夜は雲がかかっていて綺麗な星空はお目にかかれませんでした。
でも、夜は焚き火を囲み色んな話をし、ほのぼの楽しい夜を過ごしました。
翌朝は澄んだ空気の中を散歩し、昼は青空の下で花を見たり、アスレチックで遊びまくりました。

家族キャンプ。普段と違う子供たちの頼もしい姿もみられたり、美味しいご飯を食べ、自然を満喫し、とてもいい思い出になりました。

190917①

190917②


妻のトリセツ

先日、ご近所付き合いをさせていただいているおばさまから、1冊の本をプレゼントされました。
「妻のトリセツ」という本です。
本の帯に「理不尽な妻との上手な付き合い方」とあるように、夫からすると容易には理解しがたい妻の言動について、脳科学に基づいて解説をしてくれる、妻のトリセツ(取扱説明書)です。
おばさまに我が家の夫婦関係を心配されてしまったのでしょうか(笑)

著者は、黒川伊保子さんという方で、人工知能(AI)研究者、脳科学コメンテーター、感性アナリストだそうです。
最近、テレビでもよくお見かけする方ですね。

「妻のトリセツ」では、「男性能」とは全く異なる「女性能」の仕組みとそこから派生する夫と妻のすれ違いについて、日常生活における夫婦間での「あるあるトラブル」を例に、脳科学に基づきながら、わかりやすく面白く書き上げています。
「妻が求めているのは結論ではなく共感」「事件はたいていリビングで起きる」「夫が気づかない妻を絶望させるセリフ」など、我が身を振り返って反省しながら一気に通読させてくれます(苦笑)。

夫と妻を題材に書かれていますが、要するに男性能と女性能の違いをクリアに示してくれている本なので、男性からすると、女性全般(交際している女性、女友達、母や娘や姉や妹、職場の女性の同僚など)との付き合い方に参考になります。
結婚をされている男性(著者によると、周産期・授乳期(妊娠中や授乳中)の妻がいる夫に最も読んでもらいたいそうです。)はもちろん、それ以外の男性にもオススメの本です。
また、女性にとっても、男性脳と女性脳の仕組みの違いを知ることで、「わかっていない夫」「ズレている夫」を理解するのに役立つのではないかと思います。

難しいのは、家電のトリセツと違って、読んで理解をしてもすぐには実践できないところです(苦笑)
ご近所のおばさまに「本をプレゼントをして良かったわ」と言ってもらえるように、日々努力します。。。

190903.jpg

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ