趣味と、想像する努力について

ここ2年くらい、英会話を習っています。
週1回1時間足らずのペースでは大してうまくなるはずもなく、予習ゼロで臨んで先生に呆れられることもあるのですが、下手の横好き的に続けています。
仕事で英語を使うことは滅多にないので、完全に趣味です。
たどたどしいながらも英語で話したり、テキストを読んだりしていると、脳味噌の普段とは違う部分を使っているようで、適度な気分転換になります。

もともと語学の勉強は結構好きでして、大学の時は第2外国語のフランス語のほか、第3外国語を選択すれば数学の難しいのをやらなくてよいというので、中国語を履修していました。
違う言語にふれると、なんだかその文化圏の人達の気持ち、考え方に少し近づけたような気がして楽しいです。

仕事で、ハングルやタイ語やタガログ語しか話せません、というご相談者やご依頼者と出会うと、自分もその言語が話せたらもっと心が通じるのになぁ、勉強しとけばよかったなぁともどかしい気持ちになります。
大抵の場合、通訳さんや日本語のできるお友達と一緒に来て下さるので大丈夫ではあるのですが。

語学に限らず、自分なりの趣味をいくつか持っておくのは、弁護士という仕事にとってもいいことのように思います。
料理も、スポーツも、音楽も、読書も、その活動を通して見える世界があって、そうして色々な角度から見える景色を知っておくことは、他人の気持ちを想像する時に役に立つような気がするからです。

他人の気持ちが「分かる」というのは、どうもおこがましくて、大抵の場合は勘違いで、そう簡単にできることではないように思います。
むしろ、たやすく「あなたの気持ちは分かります」などと言う人のことは信用できないとさえ思います。
が、私達が日々うまく暮らしていくためには、そして特に弁護士の仕事をするにあたっては、相手の気持ちを想像しようとする努力が欠かせないように思うのです。
依頼者の気持ちを想像する努力があって初めて、たとえば離婚したことはなくても離婚事件を担当し、子どもがいなくても子どもの事件を適切に担当することができるのだと思います。
それは、敵対している相手方についてであってもそうで、いかに理不尽なことを言われても、この人はどういう理由で、どういう背景があってこういう主張をしているのだろうか、と考え、相手の立場に身を置いて想像してみることが大事なのではないかと思っています。

刑事弁護について、悪い人のことをどうして守る気になるのか、と聞かれることがあります。
しかし、やったことが法的に許されるかとは別に、その人にはその人なりの、その行為に出た理由があり、背景があるのです。
それは、性格のゆがみだったり、考え方の癖のようなものだったりすることもあり、そうなったことがその人だけのせいとは言えない場合も多いです。
国家権力がその人を非難し、処罰に向けて進んでいこうとするときに、違う角度から事件に光を当てる役回りは、間違いなく必要だと思っています。

昔弁護士としての就職活動をしていたときに、大学時代の友人に推薦文を書いてもらったことがあったのですが、「多様性を受け入れる素地がある」というようなことを書いてもらって、わりと嬉しかったのを覚えています。
皆が同じ方向を向いて、同じ景色しか見ていない社会というのは、どうにも気色が悪いです。
金子みすずではないですが、「みんなちがって」いることを前提に、想像する努力を忘れないようにしたいと思う今日この頃でした。

京都・妖怪探しの旅

この夏、息子と少し変わった京都旅行に出かけました。
京都といえば…な名所も取り入れつつ、京都に現れたという妖怪をリストアップし、出没スポットを巡りました。

170915①

170912②

橋姫が現れた宇治川や茨木童子が現れた一条戻橋など。どちらも息子曰く、美男美女ランキング上位なのだとか。橋の上でイケメンに遭遇したらもしかして…なんてはしゃぎながら閑散とした場所で写真を撮る親子。私たちの方がよほど怪しかったに違いありません。

台風上陸に遭いながらの旅行だったこともあり、不穏な気配に少々怯えながらも、京の都として古くから栄えていたからこそ、様々な伝説が残されているんだなぁと古の人々の暮らしに想いを馳せ…新しい京都を発見できる旅となりました。

いかにも現れそうな写真を選び、息子が描いた妖怪の絵と特徴をまとめ、自由研究も完成。旅行を利用すると楽しみながら充実したものができるのでおススメです。

強敵プラレール

プラレールに夢中な息子。

いつもはパパやおじさんたちがいる時に作ってくれますが、
息子のおねだりに負けて、初めてママが作りました。

パパやおじさんが作っている時は
簡単そうにみえましたが、
自分で作るのは意外とむずかしく、
もう一度作ることを考えると
片付けたくない・・・

ただでさえ息子のおもちゃだらけなのに、
「プラレール部屋」もできてしまいそうな
じいじばあばのおうちでした。

170815①

170815②

府中ネタ

毎回府中ネタを書いています。
そして、今回も・・・
今回に限っては、何を。。。と思いましたが、7月のネタもあるものですね。

今年については、7月14日に
府中駅南口再開発事業最後の複合ビル「ル・シーニュ」がオープンしました。
なんと計画されてから、約35年の時を経て出来たそうです。
さっそく行ってみました。

P1010521.jpg

P1010515.jpg

ル・シーニュには、府中市の施設である
府中市市民活動センター「プラッツ」も入っています。
その中には、
消費者問題を相談出来る、消費生活相談室も入っていたり、
土曜日に法律相談が出来る、市政情報センターが入っていたり
当事務所とも関わりの深い施設となっています。

府中では色々な施設がありますが、また一つ皆さんが集える施設となればよいですね。

また、7月20日には大國魂神社にて「すもも祭り」が行われました。
夏の風物詩として、毎年7月20日に行われます。
当日のみ、五穀豊穣・悪疫防除・厄除の信仰をもつ「からす団扇」が頒布されています。
この扇を以て扇ぐと、農作物の害虫は駆除され、病人は直ちに平癒し、玄関先に飾ると
魔を祓いその家に幸福が訪れるといわれています。
そのいわれは、約1200年前の「古語拾遺」の神話から出ているそうです。
府中では色々お祭りがありますが、それぞれの歴史がありますね。

P1020010.jpg

P1020008.jpg

今年は、府中市マスコットキャラクターのふちゅこまも一緒に打ち水をしていました。
とてもかわいらしかったです。

P1020006.jpg

と。今回も府中ネタを長々と書いてしまいましたが、仕事の内容も少し・・・
当事務所が事務局をさせていただいている、府中市多士業相談会が
今年も8月26日にルミエール府中にて行われます。
9士業が一斉に集まる相談会はなかなかないので、この機会をぜひご利用ください。

プラスとマイナス

私が、大学生のときに、ゼミの教授に言われて、印象に残ったことばがあります。

教授と話をしていたときに、弁護士になりたいと伝えると、弁護士の仕事は、マイナスな人をフラットにできてもプラスにはできない、それでもいいならと言われました。

たしかに、問題が解決しても、特にプラスになるわけではないだろうなあと思いました。でも、それで十分だと感じたので弁護士になりました。

その後、仕事をしていくなかで感じるのは、問題が解決するとフラットな状態というよりも、表情も服装も変わってしまって、別人にように元気になる人もいるということです。

どのような人生を歩んでいくかは、その人次第です。ただ、抱えている問題が解決されることは、大学生のときに感じていたことよりも大きな意味がありました。

自分自身を振り返ってみても、悩みがあるときは、積極的に行動できないですし、よい発想もわきません。

一方で、弁護士は、人生をプラスするような活動に貢献できるとも感じています。

やってみたいことをするときには、うまくいかなったらどうしようと感じます。うまくいかなったら困ると思って、挑戦をやめることもあります。

でも、うまくいかなかった場合にはこの可能性はあるけれど、それ以上は悪くならないと知っておけば、安心できますし、必要ない心配はしなくてすみます。専門外のことは、必要以上に不安になります。聞いて解決できることは聞いてしまえばいいと思います。

悩まなくていいものは、悩まず、もっと、プラスに、クリエイティブになるようなことに時間をかけていけば、人生も幸せになるだろうなと感じます。楽しいときにも弁護士が活躍できる場が多くなるといいなと考えています。

追伸 小さい頃の文集を見ていたら、きらいなことは、「なやむこと」と書いてありました。大人になって、悩みを扱う仕事についているのは、人生がどこにいくかは分からなくて、良いなと思いました。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ