「温泉シリーズ」第2弾


新型コロナウイルス感染拡大の終息が見えてこない中、温泉好きにとっては充たされない日々が続いています。
せめて、温泉の夢を見たくて、これまでに浸かった中で、もう一度行きたい温泉を数え上げていたら、最初に思い浮かんだのが山梨市の「ほったらかし温泉」でした。

この温泉、1999年開業の温泉で、あまり宣伝もしなかったのですが、口コミで広く知られるようになりました。
富士山を遠望し甲府盆地を見下ろす山の中腹にある温泉は、以前から「露天風呂から日の出が見られる」と言われていて、一度は行ってみたいと思っていたところ、8年前の11月の連休に石和温泉に事務所旅行した時、その機会に恵まれました。

1日目の夜、「明日の朝4時半に出発して温泉に行く」と宣言して、朝、玄関に出てみたら、物好きが7人顔を揃えていました。
車2台に分乗して約20分、笛吹川フルーツパークの中を通り過ぎ、山道を上っていくと、目の前にだだっ広い駐車場が広がっていました。
受付の前には、もう、50人余りの行列ができています。前にいる人は「日の出を見たくて午前3時にバイクで東京を出てきた」と言っていました。

この温泉、泉質の異なる「あっちの湯」と「こっちの湯」の2つの温泉があり、2003年に開場した「あっちの湯」の営業時間は「日の出1時間前から夜10時まで」で、「こっちの湯」は朝10時から開きます。
受付を通って建物の中に入るまでに30分以上待ちました。11月の山の夜明け前は、とにかく寒い。

「あっちの湯」の洗い場で、冷え切った体に掛け湯をし、外に出て、暗い中に目を凝らして見ると露天風呂には、黒い塊がいくつもうずくまっています。
露天風呂は、二段に分かれていて、上の木の風呂は熱めで、下の浅い岩風呂は温く、横になって体をお湯に浸けていないと寒い位です。木の風呂の方で「まだ日が出ないかなあ」と呟やく声を聞いて湯気の向こうを見ると、黒い塊は、風呂に浸かっている裸の男たちでした。
岩風呂に寝転んでいると、体が温まって汗が噴き出してきました。そのうちに、雲の間から日の光が見えてきました。
裸の男たちは、揃って朝日の方を向いてボーっとしています。何も纏っていないと、みんな可愛いものです。

「置いてくぞー」と言われて慌てて風呂から上がり、建物から出ると、朝ご飯を提供する外の食堂に20人以上の人が並んでいました。
メニューは、卵かけご飯・納豆とみそ汁だけで、1人前500円。
惹かれるものがありましたが、ホテルの朝食が待っているからと、腕を引っ張られて、その場を後にしました。
この次は、もう少し温かい季節に、平日を狙って行こうと思います。何も考えずに、朝日の方を向いて固まっているのもいいものです。
因みに、日の出を見られるのは「あっちの湯」ですが、「こっちの湯」も絶景に変わりはないそうです。特に夜景は。

ヘルプマーク、使い始めました

 みなさんは、「ヘルプマーク」というものをご存知でしょうか。

 ヘルプマークは、障がいのある方や妊娠初期の方などで、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成されたマークです。

縮小(幡野B)
 


 私は、視覚障がいがあり、ヘルプマークを使ってみたいと思っていましたが、自分の居住自治体の窓口に取りに行くことがなかなかできず、これまでヘルプマークを使っていませんでした。
 最近、とある依頼者の方と一緒に(居住自治体とは別の)役所に行った際、ヘルプマークの話題になりました。そうしたところ、依頼者の方が私のために窓口までヘルプマークを取りに行ってくださいました。
 それ以来、ヘルプマークをカバンにつけています。
 
 白杖やヘルプマークのように、周囲の方に配慮を必要としていることを知ってもらうツールは、とても便利だと感じています。白杖やヘルプマークを使い始めてから、駅でどのホームの電車に乗れば良いのかわからないとき、喫茶店でメニューが読めないとき等に、助けを求めやすいですし、「お手伝いできることがあれば言ってください」と声をかけていただくことも増えました。

 みなさんも、ヘルプマークをつけている方が困っているようであれば、ぜひ、お声がけいただくのが良いと思います。

コロナウイルスに関連して    

今月のブログでは、新型コロナウイルスによる影響を受けた方への、公共料金等の支払い猶予制度について説明します。

①電気料金について
  経済産業省は、電気事業者に対し、新型コロナウイルス感染症の影響により電気料金の支払いが困難な事情がある者に対しては、その置かれた状況に配慮し、支払いの猶予等の柔軟な対応を取るよう要請しています。
  支払いの猶予等を受けることのできる対象者については、社会福祉協議会の緊急小口資金又は総合支援資金の貸付を受けた者であって、一時的に電気料金の支払いに困難を来している者、という限定がありますが、このような方であれば電気事業者に相談をしてみることをお勧めします。

②ガス料金について
  ガス料金についても、電気料金と同様に、経済産業省からガス小売事業者に対し、支払いの猶予等の柔軟な対応を要請しています。電気料金と同様の対象者に限られます。

③水道料金・下水道使用料について
  水道料金・下水道使用料については、「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた水道料金に係る対応について」という通達(薬生水発0318第1号・令和2年3月18日)により、厚生労働省から水道事業者に対し、対象者が置かれた状況に配慮した支払い猶予等の対応や料金未払いによる機械的な給水停止の回避等の柔軟な措置の実施が要請されています。
  対象者については、緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付の貸付対象者をはじめ、一時的に水道料金の支払に困難を来している者も含まれるとのことです。電気やガスに比べて対
 象者の範囲が広くなっていますので、料金の支払いが難しい方は相談してみることをお勧め
 します。

④その他料金について
  NHKでは、受信料の支払いに関する相談窓口を設けています。
  また、NTT、KDDI、ソフトバンクの通信各社においては、通信料金の支払猶予を認めるなど
 の措置を実施していたようです。2020年7月末以降の支払猶予については本記事執筆時点で
 は発表がありませんが、今後対応がなされる可能性もありますので、各社のホームページを
 確認してみるといいかと思います。


怖い話

前職の話なのですが、女性社員には制服が貸与されていたので着替えるための更衣室が設置されていました。
その更衣室は地下にあり、誰かといるときには気にならないですが、一人でいるとちょっと薄気味悪いなと思っていました。
そんなある日、女性社員のなかで帰るのが一番最後になってしまった日がありました。女性社員で最後に帰社する者が地下の扉を施錠しなければいけない、というルールがあったので、自分で施錠するの嫌だなーと思いながら着替え、電気も全て消して施錠して帰ろうとしました。
そのとき、地下の扉の前にあったエレベーターの扉が開いたのです。
これだけ聞くと「帰るために上ボタン押したから開いたんでしょ」とお思いかもしれません。でも、私のような末端社員が使うことは許されていなかったのでエレベーターを使用するという頭がなかったですし、そもそもそのエレベーターに乗っても従業員通路には通じておらず、外にでられないのでエレベーターに乗っても意味がないのです。なので私はボタンを押してないですし、当たり前ですが、中から誰か出てきた訳でもありません。
あの時、なぜ扉が開いたんでしょうか。
見えない誰かが本当は出てきていたのでしょうか。
大して怖い話でもないですが21時とか22時に一人で経験するとぞわっとするものですし、私が勤務していたそのビルは葬祭式場を改装したビルで、もともと“でる”という噂があったので、もしや本当に?と思ってしまったものです。

こんなご時世ではお化け屋敷や肝試しもなかなかし辛いと思いますが、
今夏はリモート飲み会で恐い体験談で盛り上がってみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルスに関する相談窓口等の情報

 新型コロナウイルスは、緊急事態宣言が解除された現在においても、日本のみならず世界各地で猛威を振るっています。
 弊所も一時期事務所自体を閉鎖せざるを得ない状況に陥りました。
 また、再開後にあっても、自粛期間中に生活に困窮してしまった方々からのご相談を数多くいただき、新型コロナの影響を日々肌に感じております。

 さて、新型コロナに関する相談窓口等の情報は、流行初期に比べてかなり充実してきております。しかし、その情報が、実際にはそれを必要としている方になかなか行き届いていないのではないか、という懸念もあります。
 そこで、今回は、新型コロナに関する相談窓口等の情報をお届けしたいと思います。

 まず、企業向け情報ですが、東京弁護士会中小企業法律支援センターでは、新型コロナウイルス対策のための中小企業・小規模事業者向けのQ&Aと各種有益情報に関するリンク集を東京弁護士会のホームページ(https://www.toben.or.jp/news/2020/06/post-556.html)にて公開しています。
中小企業の資金繰りや労働問題についてQ&Aで詳細かつわかりやすく紹介しています。

 次に、日本弁護士連合会では、全国共通の相談ダイヤルや政府各省庁の新型コロナ関連情報のリンク集を一覧性がある形でホームページに掲載しています(https://www.nichibenren.or.jp/news/year/2020/topic2.html)
様々な情報が1つのページに集約されているので、情報収集の出発点として有用かと思います。

最後に、静岡弁護士会所属の永野海弁護士の「法律と防災のページ」というホームページ(http://naganokai.com/c-card/)では、「新型コロナ対策支援カード」を公開しています。
個人向け、事業者向けがあり、新型コロナに関する相談窓口が1枚で、かつ、一覧性のある形ですぐに検索できる優れもののカードです。更に外国籍の方向けに多言語に翻訳された物も公開されています。

 もちろん多摩地域には、その地域独特の新型コロナの影響・課題もあるかもしれません。
弊所では、そういった多摩地域の方々のお悩み・ご相談に親身にご対応いたします。
何かございましたらお気軽にご相談ください。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ