弁護士の気持ち

 多摩パブリック法律事務所では週に3~4日、新規のご相談を受け付ける相談日があります。その他、法テラスや弁護士会の相談センターなどでの相談もあり、所員弁護士は交代で担当しています。

 相談にいらっしゃる方々のほとんどは弁護士に相談するのは初めてという方です。「弁護士なんて見たことがない」「弁護士って怖いのでは…」「弁護士と話すとたくさんお金をとられるのではないか」と心配そうに相談室に入ってらっしゃいます。

 その頃私も、実はどきどきしながら相談室でお待ちしています。「今日はどんな方がいらっしゃるかな」「どんなご相談かな」「30分でどこまでお答えできるかな」相談が始まるまでは、どのようなご相談かわからないことが多いのです。

 30分は案外あっという間なので、何とか時間内でどんなご相談かつかんでしっかりとしたアドバイスができるよう心がけながら相談を進めて行きます。
 緊張して相談室に入られた方が最後に笑顔で帰ってくださると、あぁよかったなと、こちらも緊張が解けて笑顔になる瞬間です。

 「弁護士に相談するのは大ごとになってから」「こんなこと弁護士に相談したら怒られるのではないか」と、弁護士の敷居はまだまだ高いようです。弁護士にいくのと医者に行くのは似ているような気がします。たとえば、ちょっとお腹が痛いがいつもと様子が違うとき、私も医者いくかどうか躊躇することがあります。「いつもとなんか違うから心配だなぁ」「でも我慢できる程度の痛みだからたいしたことないのかな」

 それはただの食ベすぎかもしれないし、何か大きな病気かもしれません。わからないとあれこれ心配になってしまいますが、お医者さんに、「たいしたことありませんよ。」といっていただけると安心します。

 弁護士も同じだと思います。考えてわからなくて心配になってしまうなら、まずはご相談にいらしてください。それが大きな問題であれば、早く対応した方がいいですし、放って置いても大丈夫な小さな問題であれば、それがわかれば安心です。

 小さな問題だからといって、弁護士が怒ったりすることなんてありません。逆に小さな問題を放って置いて大きくなってからいらっしゃると、もっと早くきていただけたら、ここまで我慢していただく必要もなかったのにと思うこともあります。

 今お悩みのことで解決策が見えないようでしたら、ぜひお気軽にご相談にいらしてください。特に多摩パブリックの弁護士はみな優しいですので?安心してきていただけると思います。どきどきしながら?お待ちしています!

自己紹介

こんにちは!はじめまして。このたび多摩パブリック法律事務所に入所しました、髙遠あゆ子と申します。

これからいろんな方にお会いできると思うのですが、あれは何者だ?という方に少しでもイメージしていただけるようちょっと自己紹介をします。

私は、2010年に弁護士登録し、日比谷の事務所で1年半仕事をしていました。日比谷の事務所は、期の同じような弁護士ばかりでしたので、みんなでわいわいと相談したり、ときにけんかしたり?、にぎやかにばたばたと毎日が過ぎていました。

扱っていた事件の内容はさまざまで、刑事事件や労働事件、離婚、相続、損害賠償…と何でも屋さんです。中でも刑事事件や労働事件は、その方の人生に大きく関わることが多いので、大変な一方やりがいを感じています。

好きなことは、おいしいものを食べることと車と馬と着物、音楽です。
おいしいものは本当に人を幸せにします!よく食べる私を見て、母がいつも「中年が楽しみねー」といいますが、おいしいものをいっぱいいただけて太るなら本望です(!?)これからは、活動範囲が多摩全域になりますので、どんなおいしいものに巡り会えるか今から楽しみです。おすすめのある方、ぜひ教えてください。

車と馬は、なぜか昔から好きです。どちらもロマンです。男性は、街中ですてきな女性に出逢うとどきっとして自然に目で追ってしまうそうですが、きっと私の車に対する気持ちはそんなかんじです。大好きな車を見つけた日には、それだけでなんだか一日幸せな気分になります。馬も同じで、学生の頃までは馬ばかりの生活でしたが、今はときどきのんびり乗るくらいになってしまいした。それでも、たまに触れあえると癒されます。馬は自然が、車は人が、速く走るために創ったものですが、速さを追求したら美しい形になった、なんてロマンではないですか?!…この話を始めると何時間でも話せそうなのでここではこれくらいにします。

着物は最近の趣味で、着付けができるようになってからますます楽しくなりました。着物というと高級とか堅いイメージかもしれませんが、最近はデニム地などカジュアルで洋服感覚のものもたくさん出ています。帯との組合せや、小物を変えたり、帯の結び方を変えるだけで印象がだいぶ変わるので、そんなところもおもしろいです。お茶やお花などおしとやかな趣味はないので、なかなか着るチャンスがなく残念です。

音楽は聴くことは専門ですが、ジャンルを問わず気に入った音があればライブやコンサートにぶらりといったりします。実は会場でいちばん楽しそうに演奏しているミュージシャンを見ると、楽器をうまく弾けるようになりたいなぁと思うのですが、なかなか時間がありません。

…と、あれこれと、要は節奏もないといわれてしまえばそれまでなのですが、好きなことはたくさんあります。そんな私に呆れずにお付き合いいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ