合格のご報告

1 自己紹介
 私は現在学部4年の大学生で、2年次より多摩パブでアルバイトとして働かせていただいています。この度平成27年度司法試験に無事合格致しました。
 私は山形のかなり田舎の出身で、高校卒業とともに上京してきました。当初は警察官になろうと考えていたのですが、大学で所属していた法律討論サークルで法律のおもしろさを感じ、ぜひ将来の職業にできたらと思い法曹を志望するようになりました。多摩パブでアルバイトとして働くようになったきっかけは、同じ法律討論サークルに所属していた同期の紹介を受けたことがきっかけです。そもそもアルバイト経験自体乏しかった私にとって、変わったバイトで社会経験にもなるし、本の中や机の上でしか学んだことのない法律に実際に触れることができる絶好の機会だ!と思い、働かせて頂くこととなりました。

2 多摩パブでの経験とそこで得たこと
 多摩パブでの業務は多岐に及び、決して要領のよくない私にとって始めの半年間は業務に慣れるのにとても苦労しました。シフトに初めて入ったその日に電話応対に入り、緊張のあまり「多摩パブリック法律事務所です」が言えずお客様を困らせてしまったことは今でも鮮明に覚えています(汗)。アルバイトがお客様の依頼内容に直接触れるということはありませんが、書類を一つ作成していても普段抽象的に勉強している事柄がどのように実務で運用されているのかといったことを肌で体験することができました。また、所内の事務だけでなく裁判所や検察庁等にお使いに行くこともあり、法律事務所以外での実務に触れることができたのも非常に刺激になったように思います。
 加えて、普段の業務以外にも言葉づかいやメールの打ち方等マナー面についても丁寧に指導して頂きました。多摩パブのコンセプトはただアルバイトとして働いてもらうというだけでなく、法曹や一社会人としてどこへ行っても恥ずかしくない人材を養成するという点にあります。実社会に出た場合学生の延長のような状態では適切なコミュニケーションを図ることはできません。多摩パブでの指導のおかげで、そう言ったマナー面を養うことができたことはとても感謝しています。
 3年次からは試験の関係であまりシフトに入ることができませんでしたが、司法試験後は所内の研究会に参加する機会も与えていただきました。大学においても同じ法曹志望の同期や後輩と法律について議論をすることはありましたが、当然ながら実務家の先生方の議論の水準はそれとは比べ物にならないほど高く、圧倒されてしまいました。「司法試験合格は素人の中の玄人、司法修習を終えれば玄人の中の素人となり、そこから玄人の中の玄人を目指していく」とある先生から教えられたことがありましたが、まさに玄人の中の玄人を目の当たりにし、慢心してはいられないと鼓舞されたような気がします。
 このように、多摩パブで培った経験は数えきれません。そして、こんな貴重な経験を積めたのは先生方ももちろんのこと事務局の方々の熱心な取り組みのおかげだと感じています。私はアルバイトに対しこんなに熱心に接してくれる懐の深い事務所を他に知りません。私の進路はまだ定まっていませんが、法曹としてどんな道に進んでも、多摩パブで培った経験を社会の役に立てられるよう今後も努力していきたいと思います。

合格のご挨拶

 私は多摩パブリック法律事務所で、学部2年の秋から法科大学院2年目の秋までの約4年間、アルバイトとして勤務しておりました。業務としては、事務作業の補助や、受付、電話応対などを行っておりました。
 先日結果が発表されました平成27年度の司法試験に合格いたしましたので、この場をお借りして、事務所の皆様、業務などを通じてお会いした皆様に、合格のご報告とお礼をさせていただければと思います。

 私が多摩パブでのアルバイトを通じて得たものとして、最も大きなものは法律業界での社会経験だと思います。この社会経験は、大きく分けて事務所内部とのものと、事務所外部とのものがあります。
 事務所内部のものとしては、まず、弁護士の先生方と日常的に接することができたことがあげられます。弁護士とはどういう人たちなのか、どういう生活をしているのか、その一部を間近に見ることができたことは、貴重な経験でした。また、事務作業の補助として、弁護士を支える事務局と、弁護士とのやり取りに関われたこともあげられます。両者の関係性を事務局よりの立場で垣間見れたことは、必ず将来、法曹となったときに役に立つと考えています。
 事務所外部とのものとしては、お客様と実際にやり取りをさせていただくことができたことがあげられます。法科大学院に進学すれば、学部と比較して、弁護士と接する機会は格段に増え、実務により目を向けた学習をする機会も増えると思います。しかし、実際に法律事務所に依頼をされるお客様とやり取りをさせていただく機会というのは通常ないといってよいと思います。実際にお客様とやり取りをさせていただく中で、言葉遣いのひとつひとつから作法を学ばせていただき、たいへん貴重な経験をさせていただけたと思っております。

 最後になりますが、あらためて、貴重な経験をさせていただいた、事務所の皆様、業務を通じてお会いさせていただいた皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。今後は、12月から始まる予定の司法修習に向けて、そして、早く一人前の法曹となれるよう、より一層努力してまいります。

元アルバイトの方から合格のお知らせが届きました

1 自己紹介
 平成24年10月より、多摩パブリック法律事務所で第3期アルバイトとして働いていた22歳法科大学院生です。この度、平成27年度司法試験に無事合格することができました。
 私は弁護士になりたいと考えているのですが、それは人々の活動の場を確保するのに貢献できる仕事をしたいと思ったからです。私は視覚障害を抱えており、生活に若干の苦労を感じるタイプの人間ですが、中学・高校の頃より周りの助けを借りながら様々な活動に取り組むことができました。(もちろん多摩パブアルバイトもその一例です)そうした中で、活動の場が確保されることの大切さを意識するようになりました。そこで、周りの人達が私にそうしてくれたように、私も人々の活動の場の確保に貢献していきたい、と考えるようになりました。そこで目指した職業が、弁護士でした。
 司法試験に合格して、弁護士になりたいという夢にグッと近づけたので大変嬉しく思います。同時に、遂に社会に出るんだという点で、ワクワクと不安も感じている今日この頃です。

2 多摩パブで経験できたこと
 まず、アルバイト業務として電話応対、受付、簡単な書類作成など、事務局のお手伝いをさせていただきました。それまで法律事務所の事務局がどんな仕事をするのか全然知らなかったので、事務局がどんな仕事をするのか間近で見ながらアルバイトできたのは貴重な体験だったと思います。ちなみに、業務の中で目にしたことのある書類について予備試験の口述試験で問われたりもしたので、試験面で役に立った部分もありました。(非常に細かいことかもしれませんが)
 また、多摩パブの先生方によるアルバイト研修もさせていただきました。例えば、先生方の抱えている裁判の争点等を解説していただいた上で裁判傍聴をさせていただいたり、先生方が取り組まれている公益活動について説明をしていただいたり、といった内容です。大学で勉強したことがどのように活かされるのか知るきっかけになり、勉強に対するモチベーションが上がりました。
 さらに、その他多摩パブで行われる各種イベントに参加させていただきました。スポーツや飲み会が中心です。大学やロースクールでのイベント以上の盛り上がりを見せることもあり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました(笑)多摩パブ以外の事務所の方が参加されることもあり、当初想像していた以上に事務所外の方と交流が持てました。
 ロースクールに入学してからは、エクスターンに入らせていただきました。アルバイトとして働いているときは、どちらかというと事務局の方々と関わることが多く、先生方の打ち合わせの様子や事務所外での仕事の様子を見ることはできません。エクスターンではそういった普段見られない先生方の姿を見ることができました。

3 多摩パブで仕事できて良かったこと
 多摩パブで仕事できて良かったことはたくさんありますが、特に良かったなと思う点はスキルアップが図れたことです。多摩パブはアルバイトに対するビジネスマナーの指導・教育に非常に熱心です。業務をする中で指摘されることもあれば、ミスを防ぐためにビジネスマナーに関する本やサイトを紹介していただいたこともありました。はじめは電話応対の言葉遣いもままならなかった私にとっては大きく成長できたと思います。
また、スキルアップとはずれるかもしれませんが、自分にとって得意な業務と苦手な業務をある程度見分けられるようになりました。視覚障害を抱える私にとっては、そもそもどんな業務ができるのか、どのくらい時間がかかるのか、業務の際どんな配慮をしてもらう必要があるのか自分でもよく分からない部分がありました。事務局の方と相談をしながら業務することでそうしたものをある程度見極められるようになり、将来働くうえで必要なスキルとして、そういったスキルを身につけられて良かったと思います。

4 さいごに
 多摩パブは本当に懐が深く面倒見の良い事務所だと思います。そもそもどのくらいの業務がこなせるかもよく分からない私を雇っていただいた点、業務について何度も事務局の方と相談する機会を設けていただいた点、アルバイトの教育のための研修を行ってくれた点、私が読みたいと言った本や教材を快く貸していただいた点、就活の相談などにも乗っていただいている点・・・などなど、例をあげたらきりがありません。
 様々なチャンスを作っていただいた多摩パブには、心より感謝しております。将来、何らかの形で多摩パブに恩返ししていければなと考えています。

私がみた弁護士の生態系

1 まずは自己紹介
 平成27年3月2日から4月22日までの間,多摩パブリック法律事務所で弁護修習をしていた25歳男子司法修習生です。去年の9月に司法試験に合格したばかり。ようやく,本当にようやく,「弁護士」と深く接することができました。
 自分が弁護士になろうと思ったのは,小学生のころにアメリカの弁護士宅に2年間ほどホームステイをしたことがきっかけです。私を弁護士にならせたいと画策した両親が,わざわざホームステイ先を弁護士宅にして,弁護士という職業の意識を植え付けたそうな(実話です)。。。弁護士になろうと思った人みんなが,立派な理由を持っているわけではないんですね。
 きっかけはガクッとなりますが,華のキャンパスライフなど無縁の勉強漬けの大学生活を送ったおかげで(これも実話です(笑)),司法試験に合格し,こうして多摩パブリック法律事務所で研修をすることができました。

2 事務局がいないと弁護士は成り立たない!
 私は,修習期間中,弁護士席ではなく,事務局スペースの机をお借りしていました。通常,弁護修習では,空きのある弁護士席をお借りすることが多いと思うのですが,私は事務局スペースにいたことで,貴重な発見が沢山ありました。
 とにかく我が修習先の事務員さんは,弁護士から指示されるあらゆる頼み事をガンガン処理します。その圧倒的な(絶望的な??笑)仕事量たるや(-_-;)。しかも非常に難しい仕事も多いです。弁護士の補助業務は多岐にわたり,戸籍や住民票の調査,書類作成などは,本当に骨が折れます。
 そこで弁護士が成功するための最大のポイントは,事務員さんに対して,指示内容,期限をわかりやすく,そしてなにより、快く引き受けてもらえるような指示をすること。弁護士は概して,忙しくなるとこれを忘れがち・怠りがちにはなりますが,最も大事にしたいと思う事柄です。

3 公設事務所の弁護士たち
 まさに粉骨玉砕。
 多摩パブをはじめとする公設法律事務所は,通常の「私」的事務所とは異なり,「公」の色彩を持っています。それゆえ,公設事務所の弁護士は,超!超!膨大な事件を扱うことになります。
 「自分がやらないで誰がやるんだ」
 みなさん口にはしませんが,仕事に取り組む姿勢から,そのようなオーラを感じます。ここでは弁護士たちが,司法試験を目指した頃の,素朴だけれども,多くの弁護士が忙殺されて忘れがちな,プロとしての気概を持って日々戦っています。
 私は,まるで入所したかのような慌ただしい2か月を過ごしました。なぜ修習生なのにここまでやるのか?と先生方からよく聞かれたように思います。でもそれは,「たくさん吸収したいことがある!!」,そう思わせてくれる素敵な先生方がいたからこそ頑張れたんです。「仕事に対する」姿勢(飲み会に対するそれを除く!)を,心から尊敬しています。

4 最後に
 私は,平成28年の1月から,大阪の法律事務所で弁護士として働きます。
 本当に自分が相談者さんのお役に立てるのか,不安で仕方ない,というのが率直なところです。この不安を払拭するべく,弁護修習が終わってからも,最大限事務所に顔を出して,もっと多くのことを吸収できるように取り組みたいと思います。
 そして近い将来,大阪から立川にまで,「どうやら大阪にいい弁護士がいるらしい」という声が届くような立派な弁護士になることで,しっかり恩返しをしたいと思います。本当に有難うございました。

ご挨拶

1 司法修習生とは
 初めまして、私は、本年弁護修習で2か月間多摩パブにお世話になりました、司法修習生です。
 司法修習生とは、法曹になるための研修生のことで、2か月間、指導担当の弁護士にイソギンチャクのように毎日くっついて歩き、弁護士がどんなふうに仕事をしているのか、あるいは、していないのか(?)を学ぶ、指導担当弁護士にとっては付き人のような存在です。

 2 屋久島出張へ
私の指導担当の先生は、もともと東京都内の事務所に在籍されていたこともあって、多摩地域に限らず様々な地域の仕事を持っています。なかでも、私の修習期間中で最もユニークだったのが、屋久島への出張です。
 屋久島には、前日に到着し、いろいろとハプニングはあったものの(ここには書けません。笑)、前日の嵐が嘘のように、空は真っ青で、島の風が気持ちよく吹いていました。海岸線は風が少々強めで、海沿いの崖に波が打ち付けられ、サバーン、と大きな音を立てていたのが印象的です。「ここなら自白できそうだな」と、刑事もののドラマの最後に犯人が断崖絶壁で犯行を自白するシーンを思い出しました。
 ところで、屋久島の食べ物としては、トビウオ、サバ、アサヒガニが有名です。お酒は、「三岳」という焼酎が作られています。残念ながら、サバの季節ではなかったため、サバを食べることはできませんでしたが、トビウオは散々食べました。屋久島で「三岳」を呑む瞬間は、まさに至福のひととき。
 もっとも、出張に同行したものの、仕事は島に着いた日の翌日の午前のみ(もちろんしっかりやりました!)。その後はフリーです。
残念ながら指導担当の先生はその日の午後の便で東京へ帰っていってしまいましたので、ワガママを言って私だけ残ることになりました。
 屋久島は、早朝に宿を出発して登山等のアウトドアに出かける島だそうで、その日の午後は、どこへも行けず、屋久島観光センターに行って、屋久島のことについてたっぷり学びました。そして、延泊。

3 「白谷雲水郷」
 翌日、朝早くから(とはいえ、私は朝が苦手な上、起こしてくれる人がいないため、そんなに早くはありませんが・・・)、あの有名な「もののけ姫」の舞台となった「白谷雲水郷」というところにハイキング(登山?)に出かけました。
ここは、本当に素晴らしいところで、空気は何の濁りもなくきれいで清々しく、美しい緑が生い茂って、真っ青な空は高いところにあります。
 屋久島は、アウトドア好きの聖地と言っても過言ではないようなところで、全国各地から(外国からも)登山客が多く訪れていました。そこで私の誤算だったのが、ガイドマップ等には白谷雲水郷は初心者でも安心してハイキングできる軽めのコースだという記載があったため、登山が不得意な私も大丈夫だと思っていたのです。しかし、実際にコースを歩いてみると、なんとも険しい道が続き、足元が不安定なのは言うまでもなく、道か道じゃないかと言ったら道じゃない道(?笑)も多く、まさかの小川を渡るということもしばしば(「増水時には渡らないでください」との注意書きあり)。加えて、結局は1000mまで登りました。アウトドア好きの聖地での「軽いコース」は一般的な「軽いコース」ではなかったのです。
 まんまと騙され、やっとの思いでコースを無事終えた私ですが、この登山は一生の思い出になりました。歩いている途中には野生の鹿が何度も近くに現われ、かわいい姿を見せてくれましたし、あの透き通るような清々しい空気、雲水郷を流れるキラキラと輝く小川は、あの場所に行かなければ出逢うことはできなかったでしょう。
 そして、登山を終えた私は、屋久島をでて、一路鹿児島市内へ向かいました。
 屋久島空港では、最後に生ビールとトビウオのから揚げを食べたことはいうまでもありません。

4 鹿児島
 鹿児島空港に着いた私は、まずホテルに向かいました。空港からさらに高速バスで1時間以上走ったところにある、桜島が目の前に見えるホテルです。3~4年前の大河ドラマ「篤姫」の影響ですっかりエセ鹿児島好きになった私は、どうしても桜島をこの目で見たいと、できれば見えるところに泊まりたいと考え、そのホテルを予約しました。
 私の思惑とは多少異なり当時は少し曇っていたので、私がホテルに着いた夕方には、薄く雲がかかって、桜島の上の方はよく見えませんでした。これがまた風情があって良いのだと自分に言いきかせ(笑)、写真を撮るなどして過ごしました。
ホテルでは、鹿児島の黒豚を使用した、柔らかくジューシーなトンカツ御前をいただきました。
しかし!桜島が見たい一心で遠いのに予約したホテルでしたが、なんと、もちろんライトアップなどされないため、午後6時過ぎには全く見えなくなってしまいました。桜島ビューの大露天風呂からも夜には全く桜島が見えないため、大きな窓から「あのあたりに桜島があるんだろうな」と想像しながら過ごしました。
この日は、前日のハイキングがたたり、全身筋肉痛。さっさと寝ました。


4 「ラムネ温泉」
 東京に戻る日を迎えた私は、ホテルを早めに出て空港に向かいました。空港から霧島温泉行きのバスが走っているという情報をゲットしたため、霧島まで行って温泉に入ろうという魂胆です。
 そこで、霧島温泉のどの温泉に行くかを調査したところ、「ラムネ温泉」という、発泡する白濁した温泉が、霧島温泉の中でも空港に近いところにあるということがわかり、ここに行くことにしました。
 しかし、実際にバスを待っていざ乗ろうというときに、バスの運転手から、バス停からラムネ温泉までは遠いし、バス停で降りたらタクシーも通らないから、空港からタクシーに乗った方がいいと言われ、その通りにしで、タクシーでラムネ温泉に向かいました。タクシー料金は予想をかなり上回る金額でした。
 ラムネ温泉に着いた私は、さぞ発泡しているのだろうとわくわくしながら、足からゆっくり温泉に浸かりました。が、なんと、全く発泡していないどころか、大して白濁もしていません。
 なんたることだとおもったのも束の間、地元のお客さんが入ってきたので、発泡していないことと白濁していないことをネタに楽しくおしゃべりしながら入浴を楽しみました。
 そこで、地元の方に何で来たのと聞かれ、空港からタクシーですと答えたところ、そんなもったいないことはないということで、帰りは空港までわざわざ送って下さることになりました。そして、入浴を楽しんだ私は、お言葉に甘えて空港まで車で送ってもらうことになり、しかも、帰りに有名な駅があるということで「嘉例川駅」というところに寄ってもらいました。単線の、木造の駅舎で、とっても味わい深い、なんともレトロな駅舎は絶対に東京ではお目にかかれないものでした。

5 鹿児島空港
 嘉例川駅を出発した私は、送って下さった方々にお礼を言って車を降り、空港に入っていきました。そして、なんとも間抜けなことに、このとき朝から何も食べていないことに気づき、空港のレストランで鹿児島の黒豚を使用したとんこつラーメンを食べました。おいしかったです。何にも言わなくても固めの麺で出してくるあたり、さすが九州だなと思わざるを得ませんでした。

6 感想
 これまでつらつらと書いてきましたが、はじめから終わりまで、指導担当の先生にはワガママを聞いてもらい、おいしいものを食べて飲んで、最後には地元の方の温かい厚意に触れ、非常に充実していたし、清々しい環境の中で運動不足ながらハイキングもできて、本当に幸せな旅でした。司法試験に受かって良かったと、初めて思いました。
 そして、私がこんなに充実した修習ができたのは、指導担当の先生はじめ、所長の井上先生、その他の先生、優秀な事務局の方々のご協力があったからで、多摩パブには本当に感謝しています
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ