北アルプス 双六岳

2012年8月12日 北アルプス 双六岳2670メートル に登頂しました。
穂高連峰の裏にある新穂高温泉から入山し、鏡平の山小屋に宿泊しました。近くに鏡池があり、夕日に輝く槍ヶ岳3180メートルが、湖水に逆さまに映って、感動しました。
翌日は、笠ヶ岳2897メートルに登る予定でしたが、雷の予報があったため、急遽双六岳に変更し、猛暑の中、約4時間かけて登頂しました。槍ヶ岳、穂高岳をはじめ北アルプスの名峰が眼前に広がり、暑さを忘れるほどの景観でした。帰路はお花畑の中を通り、多様な高山植物の群落をみていると、どこから飛んできたのか小さな蝶が花に留まっていました。ほとんどの季節を雪と氷に覆われる高山での、ひとときの命の饗宴でした。

2012年9月16日 山形県 日本百名山 鳥海山2236メートルに登頂しました。
羽越本線とバスで山麓まで入り、矢島口から入山しました。日本海から立ち上がる壮麗な山容とはうらはらに、全山頑丈な岩山で、くさり場、はしごも多く、普段の不規則な生活でなまっていた体が、悲鳴を挙げました。その上、晴天で猛暑のため、携帯していた2リットルの水を飲みきり、下山途中から熱中症状態となり、ふらふらになりながら何とか下山しました。昼頃に山頂からみた青々とした日本海と、下山してからみた夕日に輝く日本海に、感動しました。翌日は、出羽三山の一つ羽黒山に登り、名刹羽黒山神社に参詣しました。表参道の2500段の石段を歩き、国宝の五重塔にも詣でました。この石段では、毎年マラソンが行われ、老若男女が駆け上るそうでが、私も参加したい・・とは夢にも思いませんでした。

2012年9月13日 岩手県沿岸の津波被災地を巡ってきました。
 釜石港は、壊れた建物にベニヤ板が張ってある程度で、大きな被害は残っていませんでしたが、1メートル以上ある分厚いコンクリートの岸壁が大きく裂けていて、津波の力の巨大さを目の当たりにしました。大船渡港は、リアス式海岸の内奥にあり、入ってきた津波が盛り上がったところです。壊れた建物は解体されて、整地されていましたが、再建は始まったばかりで、未だ不通となっている三陸鉄道のさびたレールが哀れでした。
 ひどかったのは、陸前高田市でした。文字通り白砂青松の海岸が広がっていた千本松原は、あの「奇跡の一本松」をのぞいて、全て津波により根こそぎ倒され、沿岸の建物に襲いかかったのです。その倒木の残骸がうずたかく積み上げられて山になっていました。
 海岸近くには、ところどころに沼のように津波の海水が残っていて、破壊された建物がそのまま手つかずで、廃墟となっていました。そのうちの市立体育館は、多数の避難者が犠牲になったところですが、体育館内にがれきがそのまま残り、さびた軽自動車が逆さまに転がっていました。祭壇が作られていて、線香を上げてきましたが、その脇には多くの犠牲者を出した消防団員のヘルメットが一つ置いてありました。壊れた交番の周りに多数の警察官がいましたが、翌日の新聞に、3名の警察官が犠牲になった交番が再建されることになって、署長以下60名が参加してお別れ会が開かれた、との記事がありました。


北欧3カ国旅行紀行

 
2006年7月20日、弁護士会多摩支部関係者総勢33名は、通称H旅行社の企画により、毎回お願いしているベテランのM添乗員、高知から合流したIさんKさん夫妻と共に、成田空港からスウェーデンの首都ストックホルムへ、12時間の空の旅に出発した。

7月21日 ノーベル賞授賞式の行われるストックホルム市庁舎は、重厚で歴史を感じさせる建物であった。
次に訪れた、1628年にわずか400m帆走して転覆沈没した木造戦艦ヴァーサ号の展示館では、船体に施された豪華な彫刻に感嘆し、タイムカプセルと化した船内に残されていた往時の生活用品に感動した。
スウェーデン最高裁判所の見学では、「日本からわざわざ弁護士が来た」というKさんの真摯な交渉の結果、警備員から「法廷に入ってよい」と言われ、なんと最高裁判官席で写真撮影ができた。
続いて訪問したアルビン法律事務所では、スウェーデンでの留学経験があるとはいえ、慣れない法律用語を的確に通訳するKさんに、一同大感激した。
 この日の夕食は地下の瀟洒なレストランで、Kさんお勧めの料理11品目とワインを堪能し、夜10時まで明るい白夜の街を、川風に吹かれてホテルまで散策した。

7月22日 市庁舎前から船に乗り、ドロットニング宮殿とすばらしい庭園を見学後、空港からノルウェーの首都オスロ経由でスカンジナビア半島西岸の港湾都市ベルゲンへ向かった。機上から雄大な氷河と残雪が見えた。

7月23日 ベルゲンのホテルをバスで出発した。
港で大型帆船の出航風景を見て、ピアノ協奏曲イ短調の国民的作曲家グリークの家を見学した後、ベルゲン港に戻って中世に繁栄したハンザ同盟博物館を見学した。塩乾物倉庫を兼ねた薄暗い建物には、活発に海産物を交易した中世の匂いが残っていた。
参加者の歓迎の夕食会を、港の背後に聳えるフロイエン山頂のレストランで開催した。ケーブルカー利用者と別れて、登山道を登ると、山上の湖にかもめが舞っていた。夕食会では参加者の誕生祝をしてバースデーケーキを楽しんだ。帰途は徒歩下山したが、途中で雨模様となり、眼下の港は霧に煙っていた。

7月24日 バスでフィヨルド観光フェリーの出発地、グッドバンゲンの港に向かう。今回の旅行の目玉、ソグネフィヨルドはノルウェー最深、最長、最狭の峡湾で、水深1000メートルを越すところもあるという。
観光客で混み合う船中で、サウスダコタ出身のアメリカ人母娘と知り合った。高齢の母親の何代か前の祖先がノルウェーからの移民で、先祖の出身地をどうしても見ておきたかったのだという。ヨーロッパからアメリカへ渡った人々の複雑な歴史に思いを馳せ、老母に移民の子孫として一族のルーツにこだわる情熱と執念を感じた。
美しく神秘的な峡湾の船旅を終えると、フロム駅から有名なフロム山岳鉄道に乗車した。乗り換えのミュルダール駅まで全長20キロ、トンネルが16もある山間の難工事に20年を費やしたという車窓には氷河の雪解け水の美しい滝が何筋も流れ、山々は残雪に覆われていた。

7月25日 首都オスロは記録的猛暑で、フログネル公園のブィーゲンの膨大な彫刻群を見学したときには、水を飲みつつ日陰を探して歩いていた。
ホルメンコーレンの丘のジャンプ台を見た後、裁判所と美術館を見学した。あの高名なムンクの「叫び」は小品だが、過去に盗難に遭っているので警戒は厳重だった。
昼食後、オスロ市庁舎を見学。ノーベル平和賞の授賞式にでてくる会見の間はこじんまりとしていた。
いよいよ、海峡横断フェリー、クラウンオブスカンジナビア号3万トンに乗船。17時に出港しデンマークの首都コペンハーゲンへ向かった。巨大な船内は何層にも分かれ、迷子になった人もいた。夕食の豪華レストランから、暮れてゆく海をいつまでも眺めていた。

7月26日 朝9時コペンハーゲンに到着。何度も災難に遭っている不運な人魚姫の銅像を見学した。
アマリエンボー宮殿、クリンチャンボー城を見学し、午後はプレスナー法律事務所を訪問した。その後は、繁華街の歩行者天国ストロイエを散策し、夕食は日本料理店「東京」へ行った。滞在35年の板前が腕をふるい、久しぶりの日本食に、さすがに望郷の念が沸いてきた。

7月27日 古都ロスキレを見学。バイキング船の工房見学のあと、歴代の王族の眠る大聖堂に入った。堂内はさながら豪華棺の展示場で、石柱に訪問した王族のたけくらべの傷跡があり、ロシアのピョートル大帝は身長2mの大男だったとの記録があった。
その後、有名な磁器のロイヤルコペンハーゲンの展示館と工房を見学し、会員が皿の絵付けに挑戦した。お土産に買い込んだ人と冷やかしただけの人と様々だった。
夕食は「最後の晩餐」の趣向で、15世紀の僧院の地下のレストランに集った。美しいキャンドルに照らされて、ワインを傾けながら、旅の思い出話は尽きなかった。
北欧最後の夜、ホテル・ヴェスターブロの玄関前に佇み、さまざまの人々が行き交う街角をしばらく眺めていた。肌の色、目の色の違う世界中の男女が、ようやく暗くなってきた白夜の下、北欧のつかの間の夏を楽しむように、さざめいていた。

7月28日 悲劇ハムレットの舞台というクロンボー城を見学した。目の前の海峡を往来する船を大砲で脅して通行税を取立てていた王様から、シェイクスピアの一座が招かれたときに、地元の幽霊話を仕入れたとのこと。実話はアムレット王子だが、ハムレット王子と改名して発表したので、盗作の疑いもあるらしい。名優サー・ローレンス・オリビエもこの城でハムレットを演じた。
コペンハーゲン空港で帰国の飛行機を待っていると、にこやかに微笑みかける女性がいた。ノルウェーの峡湾フェリーで知り合ったアメリカ人母娘だった。シカゴ空港に帰るとのこと。再会を記念して一緒に写真を撮った。
午後3時過ぎ、成田へ向けて14時間のフライトが始まった。

松尾芭蕉は「おくの細道」の冒頭に「月日は百代の過客にして、行き交う年もまた旅人なり」と記して、元禄2年、1689年5月に、東北150日間の旅に出た。私たちの北欧旅行とは、時代も場所も異なるが、過客としての有り様に違いはないだろう。

コペンハーゲンにて
街角に 過客行き交う 白夜かな

追記
帰国後、サウスダコタの女性からエアメールが届いた。無事に帰国したかどうか心配する手紙に、空港で撮った写真が同封されていた。どうやって英文で返事を出すか、頭を痛めているところである。

                     

KILIMANJARO登頂記

10年前の記録ですが、滅多に見られない記録なのでブログに提供します

KILIMANJARO登頂記 
2003.8.11~8.15 

 50代4人60歳1人の還暦記念中高年登山隊は、H会員をリーダーに8月7日成田を出発、インドを経て、8月10日ケニアの首都ナイロビから陸路タンザニアに入国した。

 8月11日、MountKilimanjaro国立公園の登山口マラングゲート(1150m)から入山、同行は現地ガイド2名、ポーター12名で、登山隊のザック、自炊用の食料、水、機材などを頭に載せて運搬した。登山路は、はじめ鬱蒼たるジャングルでやがて潅木地帯に入り、徒歩4時間で第1山小屋マンダラハット(2727m)に到着した。

 8月12日、第2山小屋に向かう。一日1000mずつの高度順応のためガイドから水を大量に飲むように指示された。4時間半で第2山小屋ホロンボハット(3720m)に到着した。登山隊は富士山で高度順応訓練をしてきたが、ここで1名に高山病の症状が出た。

 8月13日、第3山小屋に向かう。この高度は未知の世界である。しばらく歩くとKilimanjaroの山頂部分であるキボ峰が白く輝く全容を現した。向かい側のマウェンジ山でさえ5151mの高峰である。登山路は整備されていて歩きやすく、小さなザックだけなのでついつい速度が速くなる。この高度では、ゆっくり歩くことが高度順応には不可欠である。同行のガイドから「ポレポレ」(ゆっくりゆっくりスワヒリ語)と何度も注意された。

 4時間半で第3山小屋キボハット(4703m)に到着し夕食の時間になったが、2名の高山病の症状が重く、ガイドが「このまま悪化すると自力で下山できなくなる」と心配した。すでに数日前に登った韓国のグループの1名が高山病で死亡したとの情報を得ていたので、急遽H会員が付き添って2名をホロンボハット(3720m)まで降ろすことになり、夕闇迫る中を出発した。残った2名は、その後4時間寝て、午後11時に起床、出発準備。

 8月14日、午前0時に登頂開始。快晴で満月が煌々と輝き、富士山の砂走りのような斜面を完全な冬山装備でヘッドランプを点灯して一列で進んだ。酸素は平地の2分の1なので、20m毎に立ち止まり大きく喘ぐことの繰り返しで、ガイドに励まされながら登り続けること5時間半、ようやく山頂の一角であるギルマンズポイント(5681m)に到着した。

 山頂部分であるキボ峰は氷河を戴く巨大な台形の火山で、ギルマンズポイントであきらめる登山者も多いが、目的はこの先の最高地点であり、さらに1時間半の苦行が続いた。午前7時、強風の中ついにウフルピーク(5895m)に到着、アフリカ最高峰登頂記念写真を撮った。冬山の厚い手袋をしていても指先が凍え、ザックに入れておいた水筒の水は凍っていた。30分ほどで下山開始、あの砂走りを一気に1000m降下してキボハット小屋(4703m)に着いた。一休みして下山を続け、そのままホロンボハット小屋(3720m)まで降下し、元気に待っていた3人と合流した。起床から14時間が経過していた。

 8月15日、マンダラハット小屋(2723m)を経てマラングゲート(1150m)へ降り、登頂証明書を貰った。ガイド、ポーターともここでお別れ、中高年登山隊5人は思い出深きMountKilimanjaroを背にケニアに向かった。

奥多摩だより

中3の娘の喘息がひどかったので、平成2年に猫3匹と子供5人を連れて、奥多摩町の山中に転居した。町の教育委員会に転校手続きに行ったら、一挙3人の転入に教育長が飛んできて、大いに感謝された。
転地療養の効果はてきめんで、1年の3分の2も欠席していた娘が、わずか1ヶ月で快復し、体育の授業で運動場を走り回っていた(今は二児の母親となっている)。

標高500米、山の北側斜面の自宅は、清涼で冷房不要。こたつをしまうのは8月と9月だけ。但し、冬は零下12度にもなる。雪は50㎝も積もり、雪かきに追われる。雪かきをさぼれば、そのまま春まで根雪になる。真冬の道路は恐るべきブラックアイスバーンと化し、慌てて急ブレーキをかけてスリップすれば、オリンピック金メダルなみの、4回転ジャンプも夢ではない。

大都会近郊の観光地として、春から秋まで賑わっているが、GWは大渋滞で、地元民は逃げ出すかひきこもりとなる。休日には、中高年の登山客が、自宅の前を「こんなところに人が住んでいる!」と声高に言い合いながら通り過ぎる。よけいなお世話である。こういう人は、ろくに地図も持たずに登山して迷子になり、優秀な青梅署山岳救助隊のお世話になるのだ。

町を挙げてゴミの持ち帰り運動をしているが、わざわざ谷底に投げ捨てる悪質な奴がいて、一斉清掃の時に谷底まで降りてゴミを拾うのも、命がけである。一番困るのは生ゴミ(死体など)を車で捨てに来る奴で、たまたま発見された時だけ、町の名前が新聞に載る。それを見て、わざわざ電車で来る自殺者も多いので、山道を外れて山菜採りをするときは、周囲に気をつけている。発見されると、若い駐在さんが肩に担いでおりるそうだ。

春先は子連れ熊との恐怖の遭遇もあるが、カモシカやウサギと出会うのは楽しい。電線にぶら下がったムササビは、ちょうど座布団のようで大変可愛らしい。最近シカが植林の新芽をかじってしまう食害が深刻で、猟友会が駆除に動員されているが、みな高齢で山の上り下りができなくなり、いくつものモノレールを山頂まで敷設した。お陰で馬刺と一緒に食べるシカ刺は、結構うまい。

町内に特養老人ホームが4つもあって、町外からの高齢者の転入が多いが、すぐに亡くなるので、町の人口はいっこうに増えない。これらの老人ホーム入居者は、人口わずか6000人の町の中では大票田だが、候補者の名前を全然覚えられないので、選挙運動は困難らしい。

地元で毎年やっていた70歳以上の高齢者の敬老会は、1年に1度幼なじみが集う機会で、1時間も前から正装してやって来ていたが、高齢者が会場から溢れて座りきれなくなったので、各部落で続々と中止になった。町の人口の3分の1以上が65才以上という、超高齢化社会が東京にもあるのだ。

転居から21年経って、ようやく土地の古老から「あんたは最近越してきた人だな」と言われるようになった。80年以上も地元に生まれ育った人なので、最近越してきた者としては反論のしようがない。それでも、赤い頬で小学校に通っていた子供達はすでに成人し、孫が4人になって、私も徐々に奥多摩人になりつつある。
                         

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ