団地相談はじめました!

 12月に入り、ぐっと寒くなってきました。
そんな霜柱の立つ先日、多摩地区のある団地にて、「団地相談会」を開催しました。

 多摩パブリックはいわゆる公設事務所なのですが、その使命のひとつとして、
司法アクセスの改善、つまり「弁護士が必要なのに利用ができていない方とつながる」
というものがあります。

 最近はリーガルハイやHEROなど、法曹を扱ったドラマも増えましたが、
それでも弁護士の敷居はまだまだ高く、「弁護士なんて怖そうだな…」
「何を話していいかわからない」「お金をたくさん取られるのでは…」
と思われてしまうことも多いです。
でも、困ったときに法律の力で事案を解決をお手伝いするのが私たちの仕事なので、
困った方と縁がないと弁護士もなんの役にも立ちません。
そこで、気持ちの壁や交通の事情などから弁護士のところに来られない方のために、
弁護士が出かけていって、弁護士が必要な方をこちらから見つけよう!
ということをしているのです。

 今回うかがった団地は、法律事務所の多い立川や八王子、新宿などからも遠く、
またそもそもどこの駅からも遠いため、
弁護士のところに行くことがより一層いち大事となってしまうところにある団地でした。

 うちから歩いていけるところで、弁護士、法律相談がどんなものか、
ぶらっと試しに来ていただいて、法律で解決できることがけっこうあるんだな、
案外弁護士って怖くないんだな、と弁護士を活用していただくきっかけになれたらいいな
というのが目的でした。

 誰も来なかったらどうしよう…という心配をよそに、予定していた予約はすぐに埋まり、
いろんな方にお越しいただきました。
「弁護士に相談するのは初めて」、「今すぐ必要というわけでもないのだけど
前から気になったことがあったので」、という方もいらして、
気軽にご利用いただけたかなと思っています。

 私たちも、畳の集会所で、窓際の日差しがぽかぽか暖かく、
和やかな気持ちで相談会ができました。
今回は新しい試みでしたが、また工夫を重ねてよりよい企画にしていきたいと思っています。

 次は、あなたの街にもお邪魔するかもしれません!?
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ