創立6周年記念 無料法律相談会(10月)のご報告

平成26年10月25日(土)に、
当事務所にて本年2回目の創立6周年記念無料法律相談会を実施しました。

6月の相談会同様、今回も大変多くの自治体の皆様にご後援頂きました。
いつも当事務所の活動にご理解・ご協力いただき誠にありがとうございます。

今回の相談会は今まで以上に反響が大きく、
たくさんの予約に関する問い合わせをいただきました。
各自治体で発行されている広報誌や、社会福祉協議会が発行している「福祉だより」等に
相談会の情報を掲載していただいていることもあって、
「法律相談に行ってみたいけれど、ちょっと不安だな…」という方にとっても
安心してお問い合わせいただけたのでは、と感じました。
自治体の皆様と協力して、多摩地域の方々の不安解消のお役に立てることは
公設事務所冥利につきることですので、とてもとてもうれしく思います。

多摩パブリックは主たる目的の1つとして、
弁護士に対する「敷居が高い」というイメージを払拭し、
多摩地域の方々にお近くでお気軽に相談していただける事務所を目指すことを掲げています。
しかし、毎回相談会後に実施しているアンケートには、弁護士に対して
「敷居が高い」もしくは「何だか怖そう」イメージがあるという回答が多く見られます。

そういえば、先日私のもとに横浜の法律事務所から黄色い封書が届きました。
多摩パブリックで勤め始めて7年目になりますが、
法律事務所から自分宛に手紙が届くのは初めてで、
封筒の黄色がこれまたいや~なオーラを発しており(勘違い)、
「まずい! 何かのお支払いの督促かな!?」と
ものすごい勢いで封書をビリビリやぶって開封したところ、
今年弁護士登録をした高校の友人からの挨拶状でした…。

法律事務所に勤務している私でさえ、
「法律事務所=何やら大ごと」という無意識のイメージを持っているので、
ふだん法律事務所や弁護士に接する機会のない方々が
「敷居が高い」「何だか怖そう」というようなイメージを抱くのはあたりまえのことなのだなあ、
と改めて感じたのでした。

多摩パブリックでは、そんなイメージを払拭すべく広報担当を中心に、
「あらゆる市民の法的駆け込み寺」として多摩地域の皆様に気軽にご活用いただくためには、
どんな活動をしていけば良いかを日々模索しており、
その一環として事務所のキャッチフレーズを考えました。

「不安を安心に」
です。
実は相談会のチラシの左上にも掲載されていました!

これからも多摩パブリック弁護士・事務局一同、
多摩地域の皆様の「不安を安心に」するお手伝いをすべく力を尽くしていく所存ですので、
今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ