鞄の中身のご紹介

「弁護士の鞄には何が入っているんですか?」と聞かれました。
弁護士によって鞄の中身もそれぞれですが、
参考までに私の鞄の中身をご紹介してみようと思います。

まず、鞄自体ですが、私の鞄はキャスター付きのキャリーバッグです。
以前は手提げバッグを使っていましたが、
肩が抜けそうなくらい重い記録を持ち歩くのに四苦八苦していたので、
記録の重さに耐え切れなくなった手提げ鞄の持ち手が切れたのをきっかけに、
キャスター付きのキャリーバッグに買い替えました。
キャスター付きのキャリーバッグは、どんなに重くても片手で楽々と引っ張ることができるので、
とても重宝しています。
弁護士によっては、ショルダーバッグやリュックサックを使う人もいますね。

さて、私の鞄の中身ですが、だいたい次のとおりです。

〈手帳〉
1日に10件以上の予定があることも珍しくないので、これがないと仕事ができません。
1週間先までは予定で手帳が真っ黒になっています。

〈名刺〉
たくさんの方とお会いするので、名刺はどんどんなくなります。
名刺切れにならないように、細めに補充をするように心がけています。

〈弁護士バッジ、弁護士会登録証〉
拘置所や警察署での接見の際に身分確認で使うので、いつも持っています。

〈筆記用具〉
ひととおりの筆記用具を持ち歩いています。
ちなみに、私のペンケースは、20年以上使い続けているボロボロのケースで、
依頼者の方に見られると恥ずかしいのですが、
大学受験や司法試験などを一緒に乗り越えてきた「相棒」なので、
捨てられずに使い続けています。

〈ノートパソコン〉
弁護士は文章を作ること(「起案」といいます。)が多いのですが、
出先で待ち時間ができた場合に少しでも起案ができるように、ノートパソコンを持ち歩いています。

〈養育費等の算定表〉
家庭裁判所の裁判官が取りまとめた養育費や婚姻費用を算定するための表です。
事務所以外の場所での法律相談で、離婚に関するご相談が少なくないので、
いつも鞄に入れて持ち歩いています。

〈書籍〉
弁護士向けに出版されている書籍を1冊は鞄に入れています。
電車での移動中など、時間ができた時に読んで、知識や最新情報の取得を心がけています。

〈カロリーメイト〉
予定が立て込んでいる日には昼食をとる時間を確保できないこともよくあるので、
最低限の栄養補給のために携帯しています。

〈六法〉
弁護士なら持ち歩いているんじゃないかと思われるかもしれませんが、
最近はスマートフォンのアプリで基本的な法律は見ることができますし、
マイナーな法律でもインターネットで検索をすれば見ることができるので、
基本的には持ち歩いていません。

〈事件記録〉
鞄のスペースの大部分を占めるのが、やはり事件記録です。
弁護士になってから、紙は重たいものだとつくづく思い知らされています。

いかがでしたか?
弁護士ならではのものを中心に挙げましたが、
あらためて自分の鞄の中身をひっくり返し返してみると、
その他にもあれやこれやといろいろな物が入っていました。。。
鞄の整理のためにもいい機会になりました。

     
      140615①

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ