5周年記念

多摩パブリック法律事務所は、2008年3月に立川市に開設され、本年で開設から5年が経ちました。
そこで、5周年を迎えることができた感謝の思いを形にしようということで、本年7月に「5周年記念相談会」と「懇親会」を開催しました。
相談会
「5周年相談会」は、感謝の思いを地域の皆様に少しでもお返しできればということで、予約枠90枠という、当事務所では大規模な相談会を企画しました。予約はほぼ埋まり、多くの皆様にご利用いただくことができました。

また、関係者の皆様への感謝の思いを形にするということで、「懇親会」も開催しました。
懇親会2
思えば5年前、当事務所は弁護士5名でスタートしたのですが、当時は、「公設事務所」という名称さえ、全く知られていませんでした。そのため、弁護士と事務局が一緒になって、多摩地区30自治体を訪問し、事務所の紹介と法律相談の案内などを行い、事務所のことを理解していただくことから始めました。

最初は、営業のセールスと思われたり、飲み代の取り立て(多摩パブという「パブ」=飲み屋だと思われた。)にきたと誤解されたこともありました。しかし、それにもめげずに毎年訪問を続けさせていただいた結果、今では自治体と共催で法律相談会を開催したり、その他にも、当事務所の弁護士が自治体の協議会に参加するなどのご関係を築かせていただくに至りました。

多摩地区の400万人を超える人口は、四国の人口に匹敵します。また、立川の裁判所の事件数は、全国の地方裁判所本庁も入れた中で10位以内の多さです。そして多摩地区には、23区に隣接する都会から、山梨県に隣接する過疎地帯まであり、そこにはさまざまなニーズがありますが、残念ながら、弁護士へのリーガルアクセスは、まだ十分とは言えません。

多摩パブリックは、設立時の3倍の、弁護士15名を擁する地域の中堅事務所に成長し、5年間の様々な経験を経て、幅広いご依頼にも対応できる体制が整いました。

この5年間の皆様からのご支援、ご指導に心から感謝申し上げます。

私たちは、広大な多摩地区で、とくに高齢者、障害者、外国人を含む権利救済において弱い立場にあると言われる方々のために、今後とも事務所一丸となって奮闘してゆくことを誓います。

これからも、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ