釣り日記

 我が家の子供たちが釣りにハマり出してから1年。今まで、一時期熱中したものでも成長とともに飽きていましたが、釣りに関してはまだまだ飽きが来そうにありません。大人でもおじいさんでも夢中になるくらいですから、先は長そうです。
 釣りにハマっている子供たちを眺めているだけと見せかけて、実は私も負けないくらいに夢中になっていたりします。
 何が面白いの?と聞かれれば、一番は、針に魚がかかった瞬間の、魚の重みが手に伝わってくる、何とも言えない感触ですが、それ以外にも、川が流れる音であったり、少し都会から離れてきれいな空気が吸えることも魅力です。それから、釣った魚をさばいて料理することも、大きな楽しみの1つです。
 最初のうちはもっぱら餌で釣っていましたが、今ではルアーを使った釣りを主に楽しんでいます。ルアーとは、魚の餌に模してプラスチックなどで作られた、いわゆる疑似餌です。
わざわざ疑似の餌を使わなくても、本物の餌で釣れるし、その方が簡単なのだからそれで良いではないかと突っ込まれそうなのですが、どういうわけか、本物の餌で魚を釣ってもあまり満足感がないのです。釣れて当たり前みたいなところがあるのかもしれません。
 これに対して、ルアーの釣りは、魚がどんな餌を食べているかに注目して、色んな形や動きをするルアーを使いまわし、偽物の餌を本物のように思わせることで魚を釣るので、奥深さがあり、楽しみの幅が広いように思います。
 魚の餌というと、虫や、自分よりもサイズが小さい小魚が主流なので、そういうものに似せたルアーが多いですが、魚が共食いをする性質や、縄張りに入ってくる同種の魚を攻撃する性質を利用して、釣ろうとしている魚と同じような大きさや形のルアーを使うこともあります(写真は、カワムツという川魚をルアーで釣った時のものですが、自分の体の3分の1くらいのサイズのルアーに喰いついてきました)。そういうところが、魚の習性の勉強にもなり、とても興味深いです。
 釣り好きの子供たちは、色々な種類の魚を覚えたり、魚の絵を書いたりすることにも夢中になっています。今では、ちょっと画像を見るだけで瞬時に魚の名前を言うようになりましたが、正しいのか間違っているのかも私にはわかりません。この前は、宴会で出た魚の姿造りを写真に撮って見せたところ、残っている顔の部分だけで魚の種類を見分けていたので驚きました。何にせよ、好きなことを通して自分の世界を広げていってくれるのは、親としても喜ばしいことです。
多摩パブログ写真(菅野)2
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ