熱帯魚

 熱帯魚を飼っています。

 私が小さい頃、親にねだって、鯉やタナゴを飼っていたことがあり、大人になってから、いつかはまた魚を飼おうと考えていました。それも、子供の時には、終ぞ手を出せなかった熱帯魚を飼おうと決めていました。

 熱帯魚の飼育は、水温の管理をしなければならず、水質をきれいに保つ必要があったりします。また、魚だけではなく素敵な水草で水槽内を飾るという要素もありますので、少し難しいと聞いていました。その、少し難しいものにチャレンジしたかったのですね。何より、熱帯魚は種類が多く、それぞれ煌びやかで、上手く飼育ができれば日常生活に潤いを与えるだろうと考えていました。

 飼い始めて数年が経ちましたが、当初苦労をしたのは、水草を育てるという事でした。水槽の底に敷いた土(「ソイル」)に、きちんと植えつけないと、根が土を離れてフワフワ浮いてしまったり、根付かずに枯れてしまうということが繰り返されました。何度か水草を枯らしたり、ダメにしたりしてしまった後、どうにか水槽内で水草が根付き、育ち始めました。今では、定期的に刈らないと、無暗に繁茂してしまうほどになりました。どうやら、ポイントは「光」だったようです。水草といえども植物ですので、光を浴びて光合成をしなければなりません。十分に育たなかったときには、水槽の上に設置するライトの光量が足りなかったようでした。今では、青々とした水草の間を、小さな熱帯魚が泳ぐのを眺めて、ささやかな癒しを感じています。

 我が家の熱帯魚の水槽の主役は、ネオンテトラなど小さなメダカのような魚ですが、その他、何種類か別の魚も入れています。熱帯魚選びのポイントとしているのは、ある魚を一緒の水槽に入れた時に、他の魚を食べてしまわないものを選ばなければならないということと、あとは、「どのように泳ぐのか?」という点です。水面近くをすいすい泳ぐのか、真ん中あたりをゆっくり泳ぐのか、将又、水底を這うように泳ぐのか、それぞれ少しずつ1つの水槽で飼うようにすると、水槽の中がバラエティに富んだものになるのです。

 お魚選びも楽しいものです。いつだったか、「うちの水槽にはスターがいないんだよな~」と独り言つことがあり、妻に笑われました。

 実は熱帯魚を飼う前には、日本の淡水魚(タナゴやオイカワなど)を飼っていたこともあるのですが、あるとき、晩御飯のお買いものでスーパーに行ったとき、パックに入ったアユが売っているのを見て、「うちの水槽で泳がせてみたい」と思った時も、私の魚飼育趣味も高じたものだなぁと思いました。

 猛暑厳しい折ですが、そんな趣味を通じて、癒しと共に涼を感じています。皆様も、熱中症にご注意いただき、お元気でお過ごしください。

190801①

190801②

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ