おらおらでひとりいぐも

本年6月に入所しました八木と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
私は読書が趣味なので、最近読んで良かった本を紹介します。

若竹千佐子さんの『おらおらでひとりいぐも』という本です。芥川賞の受賞作です。
玄冬小説というジャンルのようです。青春小説の対極のジャンルで、歳を取るのも悪くないと思える小説のことをいうようです。

本文は主人公の桃子さんの考えや会話が東北弁で書かれています。
東北弁に馴染みのない私には意味がよく分からない箇所もありますが、そこはまあ、なんとなく雰囲気を読み取れます。

この本は、子育てを終え、夫も亡くなってしまった桃子さんが人生の終盤に思ったこと・考えたことが中心に書かれています。
私はまだ桃子さんの年齢ではありませんが、なぜか共感できる部分がたくさんありました。なぜなのでしょう。

ということで、年齢や性別にかかわらず、共感したり、考えたりすることのできる本だと思います。
ぜひ読んでみてください。

181101.jpg


プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ