春の訪れ

皆さんは何で春の訪れを感じますか?
桜、筍や菜の花など旬の食べ物、花粉症などなど…。

我が家には、この春小学2年生と年中に上がる子どもがいます。
卒業、入学の年ではありませんが、
今の小学校は毎年クラス替えがあり、お友達関係も一新します。
親のほうが新しい顔ぶれを覚えられず、毎年悩みどころです。
一方、こども自身は環境の変化にも順応性が高く、
前に進むたくましさに驚かされます。

上の子は、つい先日まで登校の集合場所に1人で行けず、
途中まで付き添っていました。
3月に入ったある日、2年生になる自覚が芽生えたのか、
付いて来なくて大丈夫と出掛けていくようになりました。
母、ちょっとショック。

下の子も、保育園では下級生の面倒をみる歳になりました。
言葉も達者になり、いつのまにか絵本を1冊自分で音読するように。
最近は親子で図書館に行くことを楽しみにしています。
子どもの吸収力はすごいですね。

年度末は担任の先生から我が子の様子を聞き、
立ち止まって、成長を振り返る機会となっています。
子どもの手が少しずつ離れていくのを実感していますが、
そうは言ってもついつい心配が先立ち、
子離れできない母の春です。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ