娘が結婚しました。
私たちが結婚したころとちがい、今の順序は、プロポーズされたら一緒に住み、記念日とやらに入籍、その後お金を貯めて結婚式、という流れが一般的だそうです。(あってますか?)

今、ここでいう結婚しましたは、入籍しましたということです。

どこのお母さんも同じ思いだと思いますが、彼女が生まれた時から今まで、母として心配したり悩んだりしたことは、数知れません。時には、反発しあい、そしてそれ以上に、楽しんだり笑ったりしました。
これからは、親の代わりに彼が、娘のそばにいてくれるのでしょう。

私の母が、昨年亡くなりました。
私が嫁いだ時も、母は同じ気持ちだったのでしょうか?

母の愛は無償で、無限です。

みなさん、是非この機会に改めて、お母さんの愛を感じてみてください。
お子さんがいらっしゃる方、子供はあっという間に親から巣立ちます。

子の母として、母の子として、感慨深いこの頃です。

苗字が変わる前に旅行に行こうと、河津桜を見てきました。(母はこうやって、うまくのせられお金を使います。)

170315①


170315②

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ