司法試験合格のご報告 (元アルバイトの方より その2)

1 自己紹介
私は、多摩パブリック法律事務所で、学部1年次から現在までの約6年間、事務局アルバイトとして勤務していました。業務中は主に受付におり、事務局の補助を行っていました。この度、平成28年度司法試験に合格いたしましたので、ご報告させていただきます。

2 多摩パブでの経験
私は、多摩パブの学生アルバイトの第1号であり、6年間で本当に多くの経験をさせていただきました。最初の頃は、右も左もわからず、多くの人に迷惑をかけてしまいました。しかし、次第に自分に任される業務が増えていき、やりがいを感じるとともに、責任感も生まれました。
弁護士も一人の社会人である以上、当然マナーや常識を身につけていることが必要ですが、法律の勉強を行っているだけでは、これらを学ぶことができません。多摩パブでは、社会人として備えるべき基本部分を叩き込んでいただけたので、本当に感謝しています。

3 後進育成のリレー
多摩パブは、後進育成を事務所の目的の一つに掲げています。これは、弁護士のみならず、学生アルバイトにおいても同様であると強く感じました。弁護士や事務局の方々が、優しさをもって、厳しく学生を指導してくださいます。また、学生間でも、先輩から後輩へと、指導のリレーが続いています。
私を含めた多くの学生が、多摩パブでの勤務を通じて自己研鑽をしつつ、事務所や多摩地域に貢献するという貴重な経験ができているのは、後進育成に熱意を持つ多摩パブならではのことだと思います。多摩パブでアルバイトを経た学生の司法試験合格率が100%であるのは、この好循環の結果なのだと思います。

4 これから
今後は、1年間の司法修習を経た後、弁護士として働くことになると思います。6年間お世話になった多摩パブ、そして多摩地域に恩返しをすべく、今後も努力を怠らず精一杯頑張りたいと思います。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ