入所して4か月が経ちました

 入所して4か月が経ちました。あっという間の4か月でした。
 
 入所のご挨拶でも書きましたが、当事務所の弁護士は自転車での移動をすることが多いです。
 私もこの4か月の間、主にモノレールの高松駅近くにある裁判所へ行くときに自転車を利用しております。
 当事務所は現在弁護士が15名おり、事務局スタッフも10名以上いますので、7台ある自転車も、どれが誰専用ということはなく、共用となっています。

 その結果、この4か月で分かったことがあります。

それは、私は足が短いということ!

 自転車に乗ろうとすると、前に使用した人のセットしたサドルの高さが大抵私にとっては高すぎるのです。前の仕事が長引いたりして、急いで出かけなくてはならないのに、サドルが高くセットされていて、焦りながらサドルを下げたことが何度もあります。
 私は女性としても背が高くないので、背の高い男性弁護士などと比較したら足が短くて当然なのですが、改めて事実をつきつけられると、なかなか新鮮な発見でした。

 毎回のようにサドルを下げる作業を行っていると、さすがに少し悲しくなってきて、一度、いつもより少しサドルが高いけれど、大丈夫かなと思って乗ろうとしたことがありましたが、足をすぐにつけない怖さに耐えきれず、一漕ぎしたところで降りて、いつものようにサドルを下げました。

 自転車の安全で正しい乗り方、ということで調べたところ、サドルの高さは「自転車にまたがったとき、両足の先が地面につく高さ」がよいとのことでした。
 私もこの安全な高さでセットしています。効率がよく、体に負担の少ない自転車のこぎ方をしたい場合、もう少し高くセットする方がよいようなのですが、なにせ自転車ブランクの長い身としては、安全第一の高さで行きたいと思います。
 そのために、サドルを下げる時間を見越したスケジュール管理を行っていきたいと思います。

160301①
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ