新しい家族

我が家に新しい家族がやってきました。
白文鳥の文太(ぶんた)です。

女の子ですが、文太です。
一羽飼いの手乗り文鳥です。

私が小学校に上がるとき、
両親が共働きのため、家で一人で過ごす時間ができてしまうので、
寂しい思いをやわらげるように…ということでなぜか文鳥を飼い始めました。

寿命がそれほど長くないため、
何度か代がわりをしたのですが、
名前は必ず文太とつけるという決まりがあり、
今回も慣例にならい、文太と名付けられました。

文鳥にも性格があるようです。

この文太は、環境に順応するのが早く、
かなり「したたか」な面があります。

カゴの中にいる時は、名前を呼ぶと必ず返事をし、
「出して!出して!」と言わんばかりにバタバタ飛んでアピールをしているのですが、
カゴの外に出すと、名前を呼んでも知らん顔をして、
好きなように遊んでいます。

また、飛ぶことが大好きなようで、
生後4ヶ月にしてものすごいスピードで急上昇・急降下を繰り返し、
部屋の中をぶんぶん飛び回っています。

もし野生だったら、もっと広い空を飛ぶことができただろうに…と思うと、
なんだか切ないような申し訳ないような気持ちになります。

せっかく我が家の家族になったので、
できるだけ長く楽しい鳥の一生を過ごして欲しいなあと思っています。


おすましした文太
150701①


水浴びで髪型が乱れすぎている文太
150701②
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ