退所のご挨拶

 多摩パブの弁護士は任期制のため、
どの弁護士にも遅かれ早かれ「卒業」の時が訪れます。
かくいう私も、3月末日をもって、任期満了に伴い多摩パブを「卒業」致しました。
在任中に皆様からご指導、ご鞭撻を賜りましたことは、
私にとってとても貴重な、かけがえのない財産となりました。
改めて御礼申し上げます。

 もっとも、退所とともに弁護士までをも「卒業」するわけではないので、
多摩パブを退所した弁護士は、それぞれ新天地へと旅立つことになります。
現在までに多摩パブを卒業した弁護士は、既存の法律事務所に移籍するか、
元々在籍していた法律事務所に復帰するかのいずれかでした。
ところが、私は、無謀にも(?)、新規に法律事務所を立ち上げることにしました。
せっかくの機会(?)なので、今回は、法律事務所を立ち上げる悪戦苦闘ぶりについて、
少しお話させて頂こうと思います。

 まずやらなければいけないのは、何といっても、物件探しです。
広さや家賃だけでなく、お越し頂くのに最寄駅から遠すぎないだろうか、
周辺が賑やかすぎないだろうか(私自身は、思い悩んだ状態のときに
楽しげな人々が行き来するエリアには足を踏み入れたくないので…)、
バリアフリーになっているか…など、悩みはつきません。
同じビル(フロア)にはどんなテナントが入っているのか、というのも重要な要素です
(実際に、この点で断念した物件がけっこうあります)。
さらには、せっかく良さそうな物件を見つけたのに、内装が事務所には相応しくない
(例えば、ユニットバス)という悩みもありました(この点で断念した物件もけっこうあります)。

 そうこうしてようやく物件が決まると、次は内装です。
何もない状態(スケルトン)ですと、相談・打合せスペース、弁護士の執務スペース、
事務局スペースなど、諸々の内装工事が必要になります…が、今回は、
既に相談・打合せスペースに適した仕切りがある物件をみつけることができたので、
内装工事の手間は大幅に省くことができました。

 150401①
 こうして事務所の大枠が出来上がると、次は机、椅子や書棚などの備品や、パソコン、電話機やコピー機といったOA機器を取り揃えていくことになります。
 また、並行して、ホームページや事務所のロゴの作成なども進めていくことになります。
この辺りは、多摩パブの弁護士や事務局が知り合いを紹介してくれたり、自ら協力を名乗り出てくれたりと、本当に感謝のことばもないくらい、いろいろな方にお力添え頂きました。

 そして、何よりも欠かせないのが、事務所のネーミングです。
いろいろと思案した挙げ句、新事務所は「明日の風法律事務所」という名称にしました。
これは、山崎まさよしさんの「明日の風」という楽曲に由来しています。
その一節にある
「明日に向かう風が街を通り過ぎて少しずつ変わってけばいい 
 いつの日かこの痛みが眠りにつければいい」
という歌詞に、事務所としての理念、弁護士としての思いが重なったのです。
弁護士は決して万能ではないので(私のような若輩であればなおさら…)、
皆さまの悩みや困り事をたちどころに解決できるとは限りません。
しかし、親身に寄り添い、ともに歩むことによって、少しずつ状況が好転し、ついには「そんなこともあった」と振り返れる日が来る…そんな状況を切に願い、この名称にしたのです。

 …と、なんとなくカッコイイ感じになってしまいましたが、
実際のところは、どうしようもなくバタバタしていました(未だにバタバタしています…)し、「これからどうなっていくのだろうか…」という不安もあります。
それでも、何もないところに法律事務所が出来上がっていくのはワクワクしましたし、先が見えないからこその楽しみもあります。

 いずれにしても、「多摩パブ魂」だけは忘れることなく、新天地で頑張りたいと思います!
今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします!
150401②
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ