ちょっとした抱負

あっという間にお正月も終わり今年も日常がスタートしました。

年初めはあれこれやりたいことに思いをめぐらせて、その時間をにんまり楽しんでいるのですが、
今年は出産前に楽しんでいた趣味を復活させたいと思っています。

それはダム巡りです。

その魅力はやはり、巨大なたたずまいとダイナミックな放流!
水に囲まれているのでマイナスイオンにストレスも一気に浄化されます。

特に放流は、春から夏の間に梅雨や台風に備えた点検放流というものを行っていたりします。
万一に備えてのものなので通常では使用しない非常用の洪水吐からの放流が見られます。
圧巻です!
しかし年に1回、しかも平日に行われる場合もあり、心だけ参加しますから、と涙をのむことも…
(おすすめは群馬県の奈良俣ダム、矢木沢ダム、※雨具必須)

そんな時は観光放流を行っているダムがあります。
こちらは特定の曜日・時間に定期的に放流を行っています。
観光地として広場が整備されていたり、ダムの歴史やそこに存在した集落の資料が
展示されている管理事務所があったりして訪れやすくなっていると思います。
日程はそのダムのHPに掲載されています。
(おすすめは神奈川県の宮ヶ瀬ダム、ダムの王様富山県の黒部ダム)

上記以外にも、日本最古の香川県の豊年池ダム、埼玉県の滝沢ダムが好きです。

ダムの役割は様々ありますが、洪水調整、利水、水力発電などが主なところでしょうか。
私たちの生活に欠かせない水の大切さ、そこに生きた自然へ感謝する
良い機会にもなると思います。

そして国土交通省と独立行政法人水資源機構が管理するダムでは
ダムカードを配布しているので訪れた際は記念にもらってみてください。
ダムの規模、構造などかなりの情報が盛り込まれています。

基本インドアの私ですが今年は精力的に外に出たいと思います!

写真は宮城県の釜房ダム

150115①

150115②
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ