「ニホントカゲとカナヘビ」

夏になると、公園や道端などで時々トカゲを見かけます。

東京近辺に生息しているトカゲには、ニホントカゲ(体がツヤツヤして黒や茶色のもの)とカナヘビ(体表面がザラザラで茶色っぽいもの)の2種類がいるようです。

昨年くらいから、我が家の子供たちはこのニホントカゲやカナヘビを捕まえて飼育することに夢中になっています。ニホントカゲとカナヘビは別々のケースにして、1ケースで何匹か一緒に飼っていますが、喧嘩はせず仲良く寄り添いながら暮らしています。体を寄せ合って寝ている姿は見ていてとても愛らしいです。

このニホントカゲとカナヘビですが、異なった習性を持っています。大きな違いの一つは子育ての仕方です。どちらもメスが一度に複数個の卵を生みますが、カナヘビの方は、産卵後のメスは卵に一切関心を持ちません。下手をすると、産んだ卵を自分で踏み潰してしまうことさえあります。これに対して、ニホントカゲの方は、産卵したメスは卵を安全な場所に置き、孵化するまでの約40日間、餌もほとんど食べずに卵を守り続けます。

この夏、我が家ではニホントカゲとカナヘビがそれぞれ産卵しました。

ニホントカゲは、その習性どおり1ヶ月以上もの間卵をじっと守り続け、片時も卵から離れませんでした。一生懸命に卵を守っているその姿は、とても微笑ましかったです。

子どもたちが母親トカゲと卵を別の飼育ケースに移し、そっと見守った結果、見事に全部(5つ)の卵が孵化しました。写真は、生まれたばかりの赤ちゃんトカゲです。

生まれたばかりのトカゲは、卵の4倍くらいのサイズでした。卵の中では体を丸めていたのですね。ニホントカゲの幼体はしっぽが色鮮やかなので、レインボートカゲとも呼ばれています。

一方、カナヘビの方もその習性どおり、自分で産んだ卵に一切関心を払っていませんでした。なので、こちらは卵だけを別ケースに取り分け、孵化を待っています。現在、3つの卵のうち一つは無事に孵化し、赤ちゃんカナヘビは元気にしています。

さて、このニホントカゲとカナヘビ、姿は似ているようでも違いがあることに、不思議さを感じます。トカゲに限らず、動物も魚も、種類によって実にたくさんの習性を持っていて、この世界は本当に奥深く興味が尽きません。

小さなニホントカゲが一生懸命に卵を守っている姿を見て、私も、守るべきものを精一杯守ろうという気持ちになりました。

IMG_20210824_083045.jpg
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ