傍聴券


 日本の裁判は、公開の法廷で行われなければなりません。そのことは憲法が定めています(日本国憲法第八十二条第一項)。
裁判を公開して国民の目が届くようにすることで、公平な裁判の実現させようというものです。
 したがって、裁判は原則として公開されており、誰でも傍聴ことができます。

 ところで、耳目を集める事件の場合に傍聴希望者が多数集まることがあります。
 裁判は誰でも傍聴できるとしても、傍聴席に限りがあるため、傍聴希望者が多い場合は抽選となります。

 現在の東京地方裁判所立川支部の運用では、例えば11時から始まる裁判の場合、10時15分頃抽選が行われます。

 抽選対象となるためには、9時45分までに裁判所指定の場所で整理券を受領する必要があります。整理券と呼称されていますが、リストバンド型になっていて手首に巻きます。 整理券はひとり1枚しかもらえません。複数枚取得の防止対策だと思いますが、リストバンドは一度外すと再装着ができない構造になっています。

 抽選結果は、裁判所に掲載されるのと同時に、裁判所のホームページにも記載されます。抽選結果に整理券記載の番号が番号があれば、当選となります。当選後、整理券と引き換えに傍聴券を受領します。

 傍聴券受領後は、裁判開始まで待機し、時間になったら裁判所の指示する場所に集合します。裁判内容によっては、入廷前に金属探知機で身体検査を経て、筆記用具以外の荷物を預けます。

 入廷したら、裁判傍聴開始となります。

 なお、抽選の無い裁判であれば、法廷への出入りは自由なので、上記のような手続きはありません。

裁判所
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ