秋田訪問

多摩パブリック法律事務所に入所いたしました栗原亮介と申します。出身はさいたま市で、横浜、長崎と暮らしてきました。


 今回は、北上して、初めて秋田を訪問しましたのでご報告します。


 まず、秋田の法テラスを訪問しました。雪が積もっています。
kurihara1



 裁判所も、かなり積もっています。一見、埋まっているように見えますが、横から入れます。
kurihara2



秋田の弁護士のお話を伺うと、冬場の移動が大変とのことでした。外出先で天候が崩れると、自動車の運転が困難になり、大幅に移動時間がかかります。そのため、帰りの時間を読めず、次の予定を入れることができなくなるそうです。
多摩パブでは、できるだけフットワーク軽くいろんなところに出かけていますが、秋田パブであった場合には、大自然との戦いを要することになりそうです(奥多摩地区ではちょっと雪との戦いになりますが)。
 
 そうこうしているうちに、吹雪になりました。
kurihara4
kurihara3


 帰りの飛行機は、吹雪のために飛行機を牽引する部品が破損して、1時間半くらい待つことになりました(そのとき、秋田新幹線は、脱線事故で運転中止になっていたので、不幸中の幸いではありました)。

激しい秋田旅行でした。


途中、「なまはげ」にも会いました。
kurihara5

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ