多摩パブ習い事事情

多摩パブ所員は色々な習い事をしている人がいます。

私の知る限り、
・ピラティス
・お茶
・太鼓
・笛
・日ペンの美子ちゃん
・フラダンス
・タヒチアンダンス
などに通っているようです。

そして私も今年の1月から「レイメイキング」の教室に
通い始めました。

「レイメイキング」、耳慣れない言葉ですよね。

フラダンサーが首からかけている花飾りを
「レイ」と呼びますが、この「レイ」を生花で編むことを
「レイメイキング」と言います。

1~3月は初歩中の初歩、kuiという手法を習いました。
レイを編むための長ーい針「レイニードル」で同じ方向にお花を
刺していく手法です。

1~2月はデンファレという蘭の仲間のお花を使った
刺し方を学びました。

一つのお花でもこんなに違った刺し方になります。
20130325_181221.jpg

3月はカーネーションのレイを作りました。

いくつかの方法を教わりましたが、毎回時間がなく、
全ての方法を練習するとそれぞれを少しずつしか作れないので、
この回では1種類の方法に絞り、長く編んでみました。

カーネーションのお花のガクのすぐ下の部分をカットします。
20130325_180227.jpg

こんな風になります。20130325_180251.jpg

この状態のお花を針と糸でつないでいくとこうなります。
20130325_180313.jpg
カーネーションとは思えないボリュームです。

生花を使っているので、いずれは枯れてしまうので、
土に返してあげます。
生花を使ったレイを首からかけるとずっしり重たく、ひんやりとしていて、
咲いてくれてありがとう・・・という気持ちになります。

黙々と編む作業が、癒しです。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ