「弁護士ドラマ」

妻が「理想の息子」にはまっている(萌えている)松原です。

そんなわけで(どんなわけだ)、今日のブログは、ドラマからの雑感です。

ドラマと言えば、最近は法廷もののドラマや弁護士もののドラマも、リアルなものが
多くなりました。

一昔(ふた昔?)前には、裁判官がイギリス風のカツラをかぶっていたり、法廷の開
始時に木槌で「ガンガン!」と叩いたり、というような、日本の法廷ではありえない
ような風景も、ドラマの中ではあったように思います。

ドラマというものはペリーメイスンの時代から、裁判や弁護士のイメージを決定づけ
て、場合によってはそれを見ているこどもの将来の希望を決定してしまうこともあり
ます(一時期「HERO」の時代には、検察官志望者が増えたなんて噂もありました
^^;)。ですから、こういうリアリティは結構大事なんじゃないかな~、と思ったり
しています。

そういえば某ゲームの影響で、小学生などからは、「異議あり!」とか言うんです
か?という質問も、よくされます。・・・これは、そんなに頻繁には言わないですかね
^^; でも、時々は言うこともありますね。これは、ぜひお近くの裁判所へ法廷傍聴
に行っていただいて、ぜひ(とくに証人尋問を)直に見ていただければと思います。

ところでまわりを見ていると、弁護士も結構、弁護士もののドラマやマンガ、映画な
どは気にしていますし、よく観て/読んでいます。
最近のマンガでは、麻生みことさんの描いている「そこをなんとか」(白泉社)など
は、よく取材されて描かれていると思います。また、死刑囚を扱った郷田マモラさん
「モリのアサガオ」(双葉社)も、深い考察に、考えさせられることがたくさんあ
りました。映画では、「アラバマ物語」「それでも僕はやってない」などを、大学の
ゼミで紹介したこともあります。
あげていくと、きりがありませんね。

真面目な話をすると、このような形での情報提供は社会的に有用で、また読者にとっ
ても、そこから得られるものはたくさんあるように思います。
私自身もこれからも、このようなジャンルの作品をたくさん観て/読んでいきたいと
思っていますので、こんなマンガがあるんだけど!とか、こんなドラマがあるよ!な
どの情報があれば、ぜひご提供をお願いいたします(^^)
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ