オセロからの教訓

最近、子供に付き合ってオセロをするようになりました。

どこの家庭にもありそうな定番のゲームですが、昔から私の家にもありました。自分が子供の時には、とりあえず空いているマスに石を打ち込み、気づくと四隅を取るか取られるかして勝敗が決まっていて、奥は深そうだけどいまいちコツが分かりませんでした。
しかし、今はネットで色々な情報が手に入る時代。そして子供時代に比べ、情報収集能力も(多少は)つきました。子供相手に卑怯とは薄々感じつつも、夜な夜なこっそりとオセロのコツについて調べてみました。

初心者向けのアドバイスとしては、「序盤は自分の石を増やすな」「四隅に近いマスには軽々しく打つな」ということでした。特に、「序盤に石を増やすな」というアドバイスは新鮮でした。盤上に常に自分の石が多い方が気持ちが落ち着くので、昔はとにかくできるだけ多くの石をひっくり返せる場所に石を打っていました。しかし、このアドバイスに従い、序盤は自分の石をできるだけ増やさないように進めてみると、驚くような展開になるのです。

石が盤上の半分以上を埋める段階で、自分の石は大体全体の5パーセントくらいです。数の上では完全に敗色濃厚、まさに四面楚歌。しかし、ここからの展開が非常に鮮やかなのです。

石を増やしすぎた相手は、終盤に置く場所がなくなり、結果的に一番取られたくない四隅に私が置けるようアシストするような場所に打たざるを得なくなります。結果、四隅を取ることを起点に、これまで相手の色で埋め尽くされていた盤上がみるみる私の石の色に変わっていくのです。

オセロの勝敗を決めるのは「確定石」、つまり四隅など相手が絶対にひっくり返すことのできない石をいかに多く増やせるか、なのです。確定石ではない石は、いくら終盤まで自分の色でも、最後の数手であっという間に相手の石に変わってしまいます。まるで家来全員に裏切られた将軍のような気分です。

オセロという、一見単純ですが奥が深いこのゲームから、大切な教訓を得た気がしました。

人の生き方も、仕事も、いかに「確定石」を増やしていくか、ということが重要なのだと思います。昨日と今日で言っていることや価値観を変えてしまうのではなく、常に揺るがない基礎に着々と物事を積み重ねていくこと、また、中盤や終盤までは不利に見える展開でも、じっと耐えて最後の逆転を見据え、実際に逆転勝利を得ることを、実践し続けていきたいと思います。

と言いつつ、このコツを子供にも伝授してしまい、最近本気でも勝てなくなってきているのが気になりますが…。

教育はだれの責任?

最近、弁護士としてというよりも、一人の父親として、子供の教育についてだれが一番の責任を負っているのか、ということを考えています。

きっかけの一つとなったのが、現在議論がなされている、多様な教育機会確保法(仮称)という法案です。どのような法律にするかを決める上で、だれが子供の教育の第一責任者であると考えるのかが重要になってくるのです。
まだ正式に国会に提出されているわけではないのですが、おおまかに言いますと、様々な理由で不登校になってしまっている子供たちに、学校に行かなくても義務教育を終えたことを認定できる制度を作れないか、というのがこの法案の骨格のようです。

今は法案から削除されましたが、当初は、親が家庭学習の学習計画を作り、その計画について国の許認可を受ければ、その計画どおりに学習した子は義務教育を修了したと認められるようにするという案もありました。

もし本当にこのような法律ができたとすれば、子供の教育は国が許認可をした方法で行わなければいけないことになります。裏を返せば、子供の教育については親よりも国に第一の責任があるという考えになります。

法律家らしく法律を見てみますと、日本国憲法には「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ」と書いてあります。
また、教育基本法には「父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有する」と書かれています。
こうしてみると、子供の教育については、国ではなく父母などの保護者が第一責任者であるといえそうです(虐待などの例外的なケースはもちろん除かれるでしょう)。

ここから先は完全に個人的な意見ですが、私は、子供の教育について一番の責任を負っているのは国でも学校の先生でもなく、両親をはじめとする保護者だと思います。

様々な事情で親の保護を受けられない子供もいますが、そういう事情がなければ、子供は自立するまで親の保護を必要とします。
親に頼らなければ生きていくことができないということは、それだけ親の影響力が大きいということにもなります。子供に大きな影響力を与えられる立場にあるということが、逆に親の第一義的な責任の根拠になるのではないかと思います。
また、子供の親以上に、命をかけてでも子供を守り、子供のために犠牲を払える人はいないでしょう。
子供のことを誰よりも頑張って理解しようとするのも、やはりその子の親なのではないかと思います。
その意味でも、教育の第一責任者としてもっともふさわしいのは親になるのではないでしょうか。

少し話が逸れますが、私が愛読している聖書に、こんな言葉があります。
「子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことだからです。…父たちよ。あなたがたも、子どもをおこらせてはいけません。かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。」
子供にとって、両親に従順であろうとすることは、将来社会で活躍するための最良のトレーニングなのではないかと思います。両親に従順である子は(もちろん、両親の教えが正しいことが前提ですが)、どこに出したとしても、そこで従うべき人に従う貴重な人材になるのだと思います。
両親にとっても、子供を親の自己実現の道具にするのではなく、子供の人格を養い育てることを目標にした教育ができれば、素晴らしい子育てができ、結果的に良い親子関係が築けるのではないかと思います。

そんなことを考えながら、日々子育てに奮闘しております。

入所のご挨拶

2011年12月に多摩パブから送り出され、
3年間北海道の法テラス釧路に行っていました。
このたび釧路の任期が終わり(法テラスは3年任期なのです)、
2月から地元である多摩に再び戻ってくることができました。

終わってしまえば3年間はあっという間で、
中学校とか高校の3年間と同じ長さというのがよくわからない感覚です。
でも、それだけの時間を過ごすと色々な発見があって、自分の世界が広がったなぁと思います。
せっかくなので、自分の中での釧路びっくりベスト5を紹介したいと思います
(若干脚色していますのでご容赦ください)。

第5位は、「15℃を超えると半袖になる」です。
釧路の夏の平均気温は大体20度前後で、真夏の7、8月でも夕方は上着を羽織り、
風邪を引かないように窓はきちんと閉めて寝るという生活でした。
クーラーはもちろん、扇風機さえ不要です。
うちわも子供がいじっているうちにいつの間にか無くしてしまいました。
そんな所で育った地元の人たちにとっては、
気温がプラス=春、気温が二けた=初夏といわんばかりの感覚で、
私がまだセーターを着ている時期に、すでにクールビズが始まっていました。
一度、冬の閉園時期直前の動物園に行った時に半袖で来ていた小学生を見たことがあり、
忘れられない光景になりました。
夏の避暑には最高ですが、北半球から南半球に行くくらいの気温差(大げさ?)がありますので、
風邪にはくれぐれも注意しましょう。

第4位は、「視界を閉ざす濃霧」です。
関東が梅雨入りするころから、釧路ではよく霧が出ます。
ひどいときは10メートル先も見えないくらいで、運転しているとハラハラします。
霧が海水の塩分を含んでいるので、小さい子供の喘息の原因にもなっているとか…。

第3位は、「『一頭見たらもう一頭』は本当だった」です。
これはシカの横断注意の標語です。
シカは群れで行動するので、一頭渡った後に後続のシカが横断する可能性が高いのです。
この標語を知らなければ大事故になっていたかも、と思うような場面もちらほらありました。
シカの巨体にぶつかると車は大破、乗っている人も非常に危険です。
お互い不幸にならないよう、譲り合いの精神が大切なのです。

第2位は、「『目的地まで100キロ以内』は『まあまあ近い』」です。
「~って結構遠いの?」「うん、遠いね」「そうなんだ、150キロくらい?」
「いや、80キロくらいかな」「なんだ、近いじゃん」と言った会話を普通にしている感じです。
町を少し出れば信号もない一本道で、50キロ先でも1時間かからずに着いてしまうので
(注:眠くならないように適度に緊張感のあるスピードで移動した場合)、
300キロ先でもその気になれば車で日帰りができてしまうのですが。

そして、栄えある第1位は、「『くしろ』の語源はよく分からない」です。
「くしろ」というと何となくおしゃれな響きですが、
もともとはアイヌ語から来ている地名だということは間違いないものの、
どのアイヌ語が語源なのかについては諸説が対立していて決着がついていないとのことです。
釧路地方は温泉が多いので、温泉という意味の「クスリ」だという説や、
釧路は道東地域の交通の要なので、通路という意味の「クシュル」だという説があります。
個人的には、体も心も温まる「クスリ」説がイメージも良いしいいのではないかと思います。

そのようなわけで、3年間で釧路をたっぷりと満喫して帰って参りました。
これから再び多摩パブの一員として頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

なお、真面目な挨拶はホームページに載せていますので、
そちらもあわせてお読みいただければ幸いです。
http://tamapb-law.jp/bengoshi/bengoshi.html

くしろよろしく②

前回に引き続いて、今回も釧路にまつわるお話をします。

釧路と言えば漁業、漁業と言えば何と言ってもお寿司!!ですよね。
もちろん食べてきました!
clip_image001.jpg



どのネタも新鮮で表面がつやつやしています。食べごたえも文句なし!
写真を見て生唾を飲み込んだ方、ごめんなさい。笑
釧路では、比較的安い回転寿司でも新鮮なネタをたっぷり味わえます。

私の大好物はサーモンですが、今年は残念ながら収穫が少なかったそうです。冬眠前の熊にでも食べられてしまったのでしょうか…。



さて、ここで突然クイズです。この写真のネタは何でしょう?
clip_image002-1.jpg



正解は…、クジラです。寿司屋でクジラを見たのはたぶん初めてです。
人によって好みは分かれるかもしれませんが、私は結構おいしいと思いました。

さて、私は2012年1月をもって、正式に法テラス釧路法律事務所の弁護士になりました。
そのためしばらくは多摩パブリックで皆様とお会いできなくなってしまいますが、釧路からも素敵な写真をときどきお届けしたいと思いますので、ご期待下さい!

最後に、釧路川に沈む夕日をどうぞ。
clip_image002-2.jpg


釧路の夕日は世界三大夕日の1つとなっているそうで、本当に美しいです。
釧路にお越しの際にはぜひお楽しみください。

くしろよろしく①

先日、出張で釧路に行って参りました。
実は、私は来年(2012年)の1月から、法テラス釧路法律事務所という事務所に赴任することになっていて、事前の挨拶や新しい事務所の見学のために行ってきました。

ということで、まずは真面目なお話をします(真面目じゃない話は次の機会に…)。

釧路の位置は、北海道の地図で言うと右下のあたりで、北海道内では、札幌、旭川、函館に次いで4番目に人口が多い都市です。

人口は釧路市が約18万人、隣の釧路町も入れると20万人くらいです。

釧路①

↑この写真は、釧路市の大通りの様子です。奥の正面に釧路駅があります。
昔は、釧路と言えば、漁業・炭坑・パルプが主要産業で、活気にあふれた街だったようですが、今は空きビルが目立ったりしていて、少し寂しい雰囲気です。


clip_image003

↑市内を流れる釧路川です。釧路川の入り口は太平洋につながっているので、3.11の時には、川の水が溢れて周りの建物に浸水したそうです。

釧路に赴任したら、この川沿いを毎朝散歩してみようかと思っていますが、写真を見て分かるように、川沿いにはほとんど柵がありません。
なので、風の強い日に下手に近づくと川に落ちてしまう危険があるので、気をつけようと思います。

私は学生時代に札幌に住んでいましたが、札幌の人に言わせても釧路は寒いそうです。
真冬はマイナス20度とか。中には冬眠する人もいそうですね。

clip_image004
↑帰り際の空港の写真も一枚。
ちなみに、気温はマイナス22度ではなく(まだ)マイナス2.2度です。



プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ