リヨンは素敵な街でした

 フランスのリヨンに行ってきました。パリに次ぐ第二の商業都市です。この街で生まれたAntoine Saint-Exupéry(アントワーヌ・サン・テグジュペリ)に因んで、サン=テグジュペリ国際空港という名前の空港が空の玄関口です。『星の王子さま』が気に入っているので、まずはそこからわくわくしちゃいます。
 コロナ禍に海外旅行なんてと眉を顰める方もいらっしゃるかもしれませんが、一応、仕事の予定で行きました。International Congress of Law and Mental Healthという学会の第37回大会に出席してきました。ヨーロッパやアジア、アメリカなど世界各地から裁判官・弁護士や精神科医などが集まって、法と精神医療に関する制度や理論、実践の報告をする6日間でした。
 私は、THERAPEUTIC APPROACHES FOR CRIMINAL DEFENSE IN JAPAN(日本での刑事弁護における治療的アプローチ)と銘打ったセッションでThe Difficulty of Therapeutic Approach in the Defense for Theft Offender(窃盗事件における治療的アプローチの困難さ)という題目の報告をしました。私が担当した2つの窃盗事件を素材にして、被告人自身が持つ資産や資源次第で、提供を受けることができる弁護活動の質・量が変わってしまう不公平さについて問題提起をしました(豊富な資金力・組織力を背景に捜査を遂げ、訴追活動を行うことができる検察官とは対照的に、被告人の精神疾患・障害等につき診断を得るにも、更生・治療の場を確保するにも、弁護側に与えられた武器が乏しいのが実情です)。
 学会では、会場から積極的に質問や意見を投げかけ、議論に参加する裁判官の姿がそこここで見られました。中には、「ここから世界にTJムーブメントを起こそう!」などと呼びかけている方もいました(「TJ」というのは、「治療的司法」という応報よりも被告人の問題解決に焦点を当てた司法観のことです)。日本の裁判官は、新規性・独自性のある意見を活発に述べるよりも、一般的見解を気にしながら、控えめに意見を述べる方が多いので、地域による法律家の姿の違いに驚かされました。司法の品質の安定のためには、個性による凸凹を無くし、平均を追求することにも意味があるとは思いますが、それぞれの法律家が多様な色味を出しながら、闊達に議論を交わして、法の運用を創り出していくことの方が魅力的に感じます。
 私にとっては、10年ぶりの海外、初のヨーロッパ上陸でした。英語が通じない人たちでも、一生懸命伝えようとしてくれる親切さがありつつ、他人に干渉するような眼差しを向けない風土で、日本での(ある側面での)息苦しさ・窮屈さから解放されるような気持ちになりました。どこを切り取っても絵になるような景色の街の中を電動キックボードで行き来して、心が洗われました。
 月並みですが、旅に出ることでいろんな物事が相対化されて、良い経験ができますね。コロナの流行が過ぎ去って、また気軽に海外に出かけることができる世の中になってほしいなと切に祈っています。

しばさき写真

もうすぐ18歳からオトナです

 成年年齢を20歳から18歳に引き下げること等を内容とする民法改正法が施行されます。この改正は、既に引き下げられた投票年齢などと足並みを揃え、18・19歳の若者の自己決定権を尊重するためにされたものです。令和4年4月1日から施行されます。
 未成年者は、単独で有効な法律行為(典型的には契約)をすることができません (民法5条1項2項)。未成年者が親権者その他の法定代理人から同意を得ずに法律行為をした場合、未成年者または法定代理人は、後からその法律行為を取り消すことができるのです。これは取引に関する判断能力が未熟な未成年者を保護するために定められたきまりです。これまでは、18・19歳の人も未成年者としての取扱いを受けたので、このきまりによる保護を受けることができました。それに対しこれからは、18歳以降、年齢だけを理由に契約等を取り消すことができなくなります。自分で決めたことの責任は自分でとるというかたちで自己決定権が尊重されています。
 もっとも、成年と未成年との線引きをずらしただけで、急に若者の判断能力が上がるわけではありません。法改正により、未熟な若者を餌食にする消費者被害が拡大するのではないかとの懸念も持たれています。
 他にも、この法改正によって、18・19歳の若者は親権に服すことがなくなったり(自分で自分の財産を管理できる、住む場所を決められる)、結婚できる年齢が男女共に18歳に統一されたりします。他方で、心身の健康被害防止のために、酒・たばこ・公営ギャンブルの年齢制限は20歳のまま維持されますし、養育費の支払終期も当然に18歳になるものではないとされています。
 この民法改正と同日には、18・19歳の若者を「特定少年」として18歳未満の少年とは別扱いする改正少年法も施行されます。こちらにもご関心をお寄せください。※改正法の概要は法務省のウェブページを見るとわかりやすく説明されています。

問題解決型弁護の実践 

 このところ、「治療的司法」という考え方が広まりつつあります(治療的司法研究会編著『治療的司法の実践』(第一法規、2018)を参照)。これは「英語のtherapeutic justiceの訳語ですが、刑事司法制度について犯罪を犯した人に対して『刑罰を与えるプロセス』と見るのではなく、犯罪を犯した人が抱える『問題の解決を導き、結果的に再犯防止のプロセス』と捉えようという考え方……を指します」(成城大学治療的司法研究センターウェブページhttps://www.seijo.ac.jp/research/retj/)。
 私は、刑事弁護を通して罪を犯した方と関わる機会が比較的多い弁護士です。その方々は、決してモンスターではありません。あくまでも「普通」の人たちです。ただ、罪を犯した背景には、貧困、高齢、障害等に起因する生きづらさが隠れていることが多いです。これらの生きづらさを緩和するような弁護をしたいという想いの下に仕事をしています。たとえば、認知症に罹患した独居の高齢者の方が万引きを繰り返していた事件では、認知症の診断を得てから、介護施設を確保することで服役を回避しました(拙著「包摂か排除か―福祉的支援を確保して懲役刑を回避した事案」季刊刑事弁護88号21頁)。また、万引きを繰り返してしまう病気(クレプトマニア)に罹っている方の事件では、同じ病に苦しむ方々がいる回復施設につなげて再発防止を図るとともに、ソーシャルワーカーの助力を得てその方のストレスの原因となっている家族関係の改善に取り組んでいます。
 もし地域社会に犯罪に亘るような問題を起こした方がいても、何が彼にそうさせたのか一緒に考えていただけると嬉しいです。彼らはいつか社会に戻ってくる私たちの「隣人」です。

「一隅を照らす」


 榛野(はるの)なな恵さんという方が描いた“Papa told me”(集英社)という漫画があります。
 的場信吉・知世(ちせ)親子の父子家庭生活とふたりを取り巻く人物たちの日常とが綴られています。
 世の中の常識やあたりまえに息苦しさを感じている人たちへの細やかで温かい眼差しがそこここに感じられる作品です。
 中学生の頃に初めて出逢ってから、時々読み返しています。
 何度読んでも、ほっとしたり、はっとさせられたり、あっと思ったり、魅力が尽きません。
 知世ちゃんのようにみんなが気づいていないほんの片隅に目を遣れる人になりたいなあと思います。

 集英社ウェブページ

 http://cocohana.shueisha.co.jp/story/haruno/papatoldme/index.html
 

遠い煌めき

ひさしぶりに書くブログ、
何を書こうかなと他の記事を見返してみると、
眩い記事が続いていました。
羨ましくなって、
必死でカメラロールを遡ってみたら、
いつのかわからないキラキラした写真が出てきたのでそれを載せます。



もう既にイルミネーションの季節ですね!
今年は自分の要領の悪さが祟って、
お気に入りのイルミネーションスポットなど見に行く余裕もないですが、
せめてクリスマスが近くなったら、
時間を捻りだして、
クリスマスツリーを見るのが今から楽しみです☆彡

2_convert_20191210121722.jpg


みなさんにも素敵な年末が訪れますように。

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ