傍聴券


 日本の裁判は、公開の法廷で行われなければなりません。そのことは憲法が定めています(日本国憲法第八十二条第一項)。
裁判を公開して国民の目が届くようにすることで、公平な裁判の実現させようというものです。
 したがって、裁判は原則として公開されており、誰でも傍聴ことができます。

 ところで、耳目を集める事件の場合に傍聴希望者が多数集まることがあります。
 裁判は誰でも傍聴できるとしても、傍聴席に限りがあるため、傍聴希望者が多い場合は抽選となります。

 現在の東京地方裁判所立川支部の運用では、例えば11時から始まる裁判の場合、10時15分頃抽選が行われます。

 抽選対象となるためには、9時45分までに裁判所指定の場所で整理券を受領する必要があります。整理券と呼称されていますが、リストバンド型になっていて手首に巻きます。 整理券はひとり1枚しかもらえません。複数枚取得の防止対策だと思いますが、リストバンドは一度外すと再装着ができない構造になっています。

 抽選結果は、裁判所に掲載されるのと同時に、裁判所のホームページにも記載されます。抽選結果に整理券記載の番号が番号があれば、当選となります。当選後、整理券と引き換えに傍聴券を受領します。

 傍聴券受領後は、裁判開始まで待機し、時間になったら裁判所の指示する場所に集合します。裁判内容によっては、入廷前に金属探知機で身体検査を経て、筆記用具以外の荷物を預けます。

 入廷したら、裁判傍聴開始となります。

 なお、抽選の無い裁判であれば、法廷への出入りは自由なので、上記のような手続きはありません。

裁判所

鍼灸

鍼治療を受けられたことのある方はどのくらいいるのでしょうか。
私は10年くらい前から身体のメンテナンスとして鍼灸院に通ってます。

鍼灸とは、ツボを鍼で刺激したり、お灸で温めたりして身体を治療するものです。

鍼治療というと、一般的に「痛い」「怖い」というイメージがあり、私も通い始めるまでそのように思ってました。

たしかに、身体を治すのですから、多少の痛みはあります。
しかし、マッサージでも痛みがあると考えれば同じです。
鍼を刺される痛さはありません。

鍼を刺すのが怖いという方には、鍼を刺さない鍼灸があります。

鍼の面白いところは、患部を直接治療しないことがあることです。
西洋医学であれば、目が疲れれば目薬、腰が痛ければその箇所に湿布を貼ったりして治療します。
鍼灸の場合だと、目が疲れると首の後ろを、腰が痛ければ膝裏を緩めます。

鍼治療では、鍼でツボを刺激して筋肉の強張りを緩めて症状を改善させていきます。
筋肉を緩めるとともに、気持ちの強張りも緩めてくれるので、気持ちも楽になる効果を感じます。

お灸は、身体の中から温かくなる効果があるようで、お灸をされた後はお風呂上がりのように身体がポカポカです。

鍼灸には、対処療法だけでなく、自然治癒力のアップなど予防医療的側面もあるそうです。

私の鍼灸院通いはしばらくやめられないと思います。

名前

郵便局のホームページで、
自分の苗字の人が日本に何人いるのかを教えてくれるというサイトををみつけました。

私(薬師寺)の苗字を調べてみると、
全国に6200人いらっしゃるようです。

事務所の弁護士名で調べてみたところ、
西畠所長が最も少なくて、570人でした。

日本で一番人数が多い苗字は、佐藤さんということでした。

このサイトでは、人数だけでなく、
同じ苗字の人が多く住んでいる都道府県や、
苗字の由来も教えてくれます。

誰もが興味を持ちうる何気ない情報を使ってうまく広報しているなと感心させられました。

写真は、奈良の藥師寺西塔です。
181001.jpg


グラップリング

はじめまして、今年の4月に多摩パブに入所しました弁護士の藥師寺孝亮と申します。
どうぞ、お見知り置きください。

このような自己紹介に続き趣味の話になることがあります。
私は「趣味で、グラップリングをやっています。」と答えます。

ところが、残念なことにこの「グラップリング」、競技としてほとんど浸透しておらず、みなさんキョトンとした顔をされます。

そこで、この機会に(うまくできるかわかりませんが)、グラップリングをご紹介したいと思います。

グラップリングは英語で、「grappling」と書きます。
辞書によれば、「取っ組み合う」という意味のgrappleの現在分詞形だそうです。
言葉の意味から、ボクシングや剣道のような距離をとって行う競技ではないことがわかります。
実際に、グラップリングは猫のケンカみたいに、取っ組み合いをします。

格闘技に興味がある方であれば、「総合格闘技」はご存知かもしれません。
グラップリングは、総合格闘技からパンチやキックなどの打撃を無くした競技です。

「総合格闘技」とは、2000年代前半を中心に、大みそかに紅白歌合戦と同じ時間帯に放送されていたPRIDEという番組で行われていたスポーツです。
総合格闘技、PRIDEという番組をご存知の方は、ここで何となくイメージいただけるようです。
とはいえ、競技の性格上、知名度には偏りがあり、格闘技に興味がない方からすれば、この説明では何も伝わらないようです。

もう少し一般な競技として、レスリングと柔道を足して2で割った競技がグラップリングです。
レスリングのように相手と取っ組み合いを行い、自分の有利なポジションを取ります。
有利なポジションを取ったら、柔道でいうところの締め技や関節技を相手にかけます。
技として有名なものは、裸締め、腕ひしぎ十字固めなどが挙げられます。

ルールも、レスリングと柔道を足したようなもので、有利なポジションを多くとったり、絞め技や関節技を決めてギブアップ(一本)をとった者が勝者となります。

以上が、グラップリングの説明です。多少はご理解いただけたでしょうか。
知名度は低いですが、グラップリングは、世界大会があるほど世界中に競技者がいるスポーツなのです。

最後に、グラップリングをしている者の写真を添付します。これで、多少競技のイメージをもっていただければ幸いです。

171101.jpg


プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ