おじさんになります

私の実家では、毎年、ふるさと納税で自治体からもらったものを味わう会が開かれます。
先日の会は、カニしゃぶパーティーになりました。

180201.png

普段、家族全員が揃う機会は少ないですが、この会の時には、家族全員が揃います。
色々な近況報告を聞きましたが、一番のニュースは、私の姉が妊娠した、というニュースでした。
めでたいですね。
両親にとっては、初孫になります。
そうです。私は、今年、おじさんになります。
できれば、おじちゃんではなく、にいちゃんと呼ばれるようにしたいな・・・とは思っています。

まだ赤ちゃんの名前は決まっていないようです。
皆様は、赤ちゃんの名前を決めるとき、画数はどの程度気にされるのでしょうか。
ちなみに、「幡野博基」の名前で姓名診断をしてみると

「幡野」・・・凶
「博基」・・・吉
「野博」・・・吉
「幡基」・・・凶
総画数・・・吉凶混合

との結果になるそうです。
「幡野」の苗字を持つ者は波瀾万丈な人生を送るそうです。

今年も、波瀾万丈な一年になるのでしょうか。ある意味、わくわくします。
今年は弁護士二年目になります。昨年以上に、活動の幅を広げていける一年にしたいです。
おじさん、頑張ります。

入所のご挨拶

初めまして。2017年1月に多摩パブリック法律事務所に入所いたしました、幡野博基と申します。

私は茨城県出身で、大学時代から多摩地域に住み始めました。
また、大学2年生の頃から3年間、当事務所で事務のアルバイトをしておりました。
慣れ親しんだ多摩地域と事務所で弁護士を始めることができ、大変うれしく思っております。
入所から約4週間が経ちますが、債務整理や刑事事件を中心に業務に取り組んでおります。
弁護士や事務局の方々のサポートを得ながら、楽しく仕事をしています。
弁護士会の研修や委員会活動等を通じて、事務所外の先生方とも徐々に関わりを持つようになってきました。
どんどん業務に取り組んで、多摩地域と事務所に貢献していきたいと思います。

私は障害者支援に興味があり、ライフワークにしたいと考えています。
大学時代から、障害者の方々が抱える生活上の問題について見聞きする機会が多くありました。
そうした問題を抱える方の支援のあり方を学ぶため、福岡での修習中、障害弁護団や弁護士会の委員会の活動に参加していました。
これからは、弁護士として、関係団体や関係機関との連携を取りつつ、問題解決のお手伝いをしていきたいです。

まだまだ未熟者ではありますが、精一杯努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

歩くのが好きで、毎朝30~40分歩いています。
高校時代から続けている習慣です。
歩いてから出勤すると、一日シャキッとして集中できます。
その延長で、山に登るのも好きです。
一緒に登る人たちと話をするだけでなく、すれ違う人たちと挨拶したり、しゃべったりするのも楽しみです。
写真は、先日、日の出山にハイキングに行ったときに撮ったものです。

170131.jpg


プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ