障害者差別解消法が改正されました

 平成28年4月1日に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(以下「障害者差別解消法」といいます。)の改正法が、令和3年6月4日に公布されました。公布の日から起算して3年を超えない範囲内において政令で定める日が施行日とされています。
 改正法では、国及び地方公共団体が障害を理由とする差別の解消の推進に関して相互に連携協力する責務規定が追加されました。また、国及び地方公共団体が、障害を理由とする差別に関する相談に対応する人材を育成し、又はこれを確保する責務があることが明確にされました。さらに、地方公共団体が、障害を理由とする差別及びその解消のための取組に関する情報の収集・整理・提供に努めるものとされました。
 なお、合理的配慮(障害のある人が対面している困難を取り除くため、それぞれの障害特性等に応じて個別の調整や変更を実施することであって、その実施に伴う負担が過重でないもの)の提供義務に関して、改正前は、事業者に対して努力義務と課すにとどめていましたが、改正法では、事業者に対して法的義務を課すこととされました。ただ、東京都においては、東京都障害者差別解消条例により、都内で事業を行う者に対して、合理的配慮の提供についてすでに法的義務が課されていますので、実質的に変更はないことになります。
 障害者差別解消法の改正を踏まえ、障害者差別解消条例の見直しを行っている自治体もあるようです。
 ちなみに、平成31年4月1日時点で、全国で104の障害者差別解消条例が制定されており、独自の取組みも多くみられます。例えば、千葉県条例では、障害当事者が差別行為を行った者に対して裁判を起こした場合に、県が裁判費用の貸付等を行うことができる規定を設けています。また、四日市条例では、特に緊急を要する場合、障害当事者の申立てを経ずに市長が職権で救済手続を開始することができることを規定しています。
 障害者差別解消法はまだまだ不十分な法律ですが、法改正をきっかけとして、条例の整備・見直しが進み、こうした取組みが各地で進むといいな、と思います。

ヘルプマーク、使い始めました

 みなさんは、「ヘルプマーク」というものをご存知でしょうか。

 ヘルプマークは、障がいのある方や妊娠初期の方などで、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成されたマークです。

縮小(幡野B)
 


 私は、視覚障がいがあり、ヘルプマークを使ってみたいと思っていましたが、自分の居住自治体の窓口に取りに行くことがなかなかできず、これまでヘルプマークを使っていませんでした。
 最近、とある依頼者の方と一緒に(居住自治体とは別の)役所に行った際、ヘルプマークの話題になりました。そうしたところ、依頼者の方が私のために窓口までヘルプマークを取りに行ってくださいました。
 それ以来、ヘルプマークをカバンにつけています。
 
 白杖やヘルプマークのように、周囲の方に配慮を必要としていることを知ってもらうツールは、とても便利だと感じています。白杖やヘルプマークを使い始めてから、駅でどのホームの電車に乗れば良いのかわからないとき、喫茶店でメニューが読めないとき等に、助けを求めやすいですし、「お手伝いできることがあれば言ってください」と声をかけていただくことも増えました。

 みなさんも、ヘルプマークをつけている方が困っているようであれば、ぜひ、お声がけいただくのが良いと思います。

民事執行法が改正されます


 他人に貸したお金が返ってこない、といったケースで、強制執行を行うことでお金を回収することがあります。
 強制執行とは、お金を貸した人(債権者)の申立てによって,裁判所がお金を返済しない人(債務者)の財産を差し押えてお金に換え(換価)、債権者に分配する(配当)などして、債権者に債権を回収させる手続です。
 ただし、強制執行をするには、債権者が、差し押さえる財産を具体的に特定する必要があります。
これまで、勝訴判決を得ても、債務者の財産が特定できず、強制執行ができないケースが散見されました。

 そこで、この度、民事執行法が改正され、①債務者の財産を開示させる制度が見直された上、②債務者以外の第三者から債務者の財産に関する情報を取得する手続が新設されました。改正法は、令和2年4月1日から施行されます。

  ①の手続(財産開示手続)は、裁判所が債務者を呼び出し、非公開の財産開示期日において、債務者に自己の財産について陳述させる手続です。これまで、裁判所から呼び出しを受けても出頭しない人が多くいたことから、あまり利用されていませんでした。そこで、改正法では、開示義務者が、正当な理由なく、裁判所の呼出しを受けた期日に出頭しなかった場合等には、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられるようなります。
  ②の制度について、勝訴判決等の債務名義(強制執行をするのに必要な文書)を持っている債権者は、裁判所に申し立てることで、債務者の財産に関する情報のうち、(ア)預貯金等については銀行等に対し、(イ)不動産については登記所に対し、(ウ)勤務先については市町村等に対し、強制執行の申立てに必要な情報の提供を命じてもらうことができるようになります。
なお、(イ)と(ウ)の手続については、それに先立って、債務者の財産開示手続を実施する必要があります。
また、(ウ)の手続の申立てができるのは、養育費等の支払や生命又は身体の侵害による損害賠償金の支払を内容とする債務名義を有している債権者に限られます。
 各方面で影響が大きそうな改正ですので、ご参考にしていただければと思います。

令和になりました

 ついに、令和になりました。平成生まれの私にとっては、初めての改元です。

 「令和」の由来は、万葉集の「梅花の歌」三十二首の序文「初春の令月にして気淑よく風和らぎ」だと説明されています。
 この序文は、西暦730年に大伴旅人という人物の邸宅で催された宴の様子を表した文だそうです。大伴旅人は、太宰府に長官として赴任していた人物で、その邸宅は、福岡権太宰府市にある坂本八幡宮付近と言われています。

 というわけで、連休を利用して、太宰府と坂本八幡宮に行ってきました。

 大賑わいで、あちこちで令和が祝われていました。令和グッズもいくつか見かけました。
 また、万葉集に載っている和歌の歌碑が立っていたり、万葉集の解説本が売店に並んでいたりして、万葉集ブーム到来、という雰囲気でした。
 私も流れに乗って、万葉集の解説本を一冊買ってみました。少しずつ読み進めていきたいと想います。

 令和は、どんな時代になるのでしょうか。楽しみですね。
 
 この大型連休でリフレッシュできましたので、また日々の業務に頑張って取り組んでいきたいと想います。
 皆様、令和も引き続きよろしくお願いいたします。

おじさんになります

私の実家では、毎年、ふるさと納税で自治体からもらったものを味わう会が開かれます。
先日の会は、カニしゃぶパーティーになりました。

180201.png

普段、家族全員が揃う機会は少ないですが、この会の時には、家族全員が揃います。
色々な近況報告を聞きましたが、一番のニュースは、私の姉が妊娠した、というニュースでした。
めでたいですね。
両親にとっては、初孫になります。
そうです。私は、今年、おじさんになります。
できれば、おじちゃんではなく、にいちゃんと呼ばれるようにしたいな・・・とは思っています。

まだ赤ちゃんの名前は決まっていないようです。
皆様は、赤ちゃんの名前を決めるとき、画数はどの程度気にされるのでしょうか。
ちなみに、「幡野博基」の名前で姓名診断をしてみると

「幡野」・・・凶
「博基」・・・吉
「野博」・・・吉
「幡基」・・・凶
総画数・・・吉凶混合

との結果になるそうです。
「幡野」の苗字を持つ者は波瀾万丈な人生を送るそうです。

今年も、波瀾万丈な一年になるのでしょうか。ある意味、わくわくします。
今年は弁護士二年目になります。昨年以上に、活動の幅を広げていける一年にしたいです。
おじさん、頑張ります。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ