島根の事務所を視察しました

 3月上旬、法テラス島根法律事務所と法テラス浜田法律事務所を視察しました。法テラス島根があるのは島根県庁所在地の松江市です。法テラス浜田は県西部の浜田市にあります。

 全国の法テラス法律事務所に勤務する弁護士の多くは、他の事務所で養成を受け、その後各地の法テラス法律事務所に派遣されます。多摩パブと同じく東京弁護士会が設置した東京パブリック法律事務所や北千住パブリック法律事務所では、毎年のように弁護士が養成され、各地に派遣されてきました。多摩パブでも、これまで菅野弁護士が法テラス釧路法律事務所に、竹内弁護士が法テラス多摩法律事務所に赴任した実績があります(二人ともいまは多摩パブに戻っています。)。芝﨑弁護士は東京パブリック法律事務所で養成を受け、その後法テラス多摩法律事務所で勤務した経歴を持っています。

 東京弁護士会では、会から送り出した地方赴任者に対する訪問を年1回おこなっています。今年は法テラス島根と法テラス浜田が訪問先に選ばれました。私は毎年この企画に関わっていますが、今年は特別な思いがありました。というのも、二つの事務所には私と同じ年に弁護士になった知り合いが勤めているからです。同期の仲間が自分とは違う環境でどう働いているのか。その活躍ぶりを見聞きするのは本当に楽しみでした。

 当日は早朝に羽田空港を発ち、米子空港からバスに乗り換えて松江市街に入りました。現地では法テラス島根の所属弁護士2名と支部長、副支部長の方々が出迎えてくれました。同期の弁護士からの報告では、社会福祉協議会と連携して新たなニーズの掘り起こしに取り組むとともに、ケースを地元の弁護士につなげるなど、地域に貢献している様子が伝わってきました。他方で、県内では松江に弁護士が集中し、それ以外の自治体には弁護士がほとんどおらず、法テラスとしてはそうした地域でも福祉連携を進めたいが、人手が足りていないとの悩みも聞かれました。

 意見交換のあと、今度は法テラス浜田へ向かいました。島根県は東西に長く、東端の松江から西部の浜田までバスで3時間近くかかります。東京以上に、地方では地理的問題が司法アクセスの大きな障害であることを実感しました。

 法テラス浜田では所属弁護士2名と会い、同期の弁護士が実情を報告してくれました。浜田市及び近隣自治体からなる松江地方裁判所浜田支部管内の人口は約10万人だそうです。他方、地域の弁護士は7人しかいません。そのため、日々の事件処理だけでもかなりの量にのぼります。しかし、そうした多忙な状況においても、現地の弁護士が福祉関係者と協力して困難案件に取り組んでいる様子に強く胸を打たれました。

 今回の視察を通じて、弁護士が地域関係者と連携して問題を掘り起こし、解決につなげていくことの大切さを改めて感じました。そして何より、自分と同期の仲間が、遠く離れた土地でも、弁護士としての使命を果たそうと奔走する様子を目の当たりにして、勇気を得ました。私も、彼らが逆に多摩パブを見に来たとしても、笑われないような報告ができる仕事をしなければいけない。そう思わせてくれる視察でした。

190401①

190401②

事務所旅行

 11月2、3日の連休で、事務所旅行にいきました。事務所では久しぶりの企画です。
 当日の参加者は弁護士15名と事務局3名。朝10時に立川に集合し、貸し切りバスで出発しました。紅葉シーズン・連休初日ということで高速道路は大渋滞。それでも車内は遠足気分に包まれて、途中サービスエリアで軽食を楽しんだりしながら、予定通り昼頃に山梨県甲州市のぶどうの丘に到着しました。
 昼食は、甲府盆地が一望できるテラスでBBQ。鉄板の代わりに富士山の溶岩の板を使っているとか。遠くの山影が、霞の向こうの青空に浮かんでいるように見えました。
 食後はワイナリーで試飲会。たまたま屋外での試飲イベントも開催されており、会場には出店が立ち並び大賑わいでした。それぞれワインをたっぷり飲んで、すっかりごきげんでした(少々飲み過ぎの方もいたようですが・・・。)。
 ぶどうの丘を後にして宿泊先の石和温泉へ。大きな立派なホテルで、大浴場もゆったりしていました。温泉で体を温めた後はお座敷で宴会。海の幸、山の幸を堪能しました。
 食後はY弁護士一押しの中国雑伎団ショーを見ました。ロビーに即席の会場が作られ、皿回しや、足でテーブルを回転させる技などが披露されました。その後もカラオケをしたり、部屋でトランプをしたりして、長い夜をのんびりと過ごしました。
 翌日は自由解散ということで、東京に戻る人、富士急ハイランドに行く人、甲府観光をする人に分かれました。私は観光組に入り、昇仙峡や県立美術館を見て回りました。富士急組の人は、行列に並んでようやく二つのアトラクションに挑んだとか。
 かくして久しぶりの事務所旅行は終わりました。いつものメンバーで、いつもと違う場所で、懇親を深めることができました。来年も続く恒例行事になるのでしょうか。それはまた来年のブログをご覧ください――。

171201.jpg

土砂降りのBBQ

  先日、懇意にしている行政職員の方々のお誘いで、BBQ大会に参加しました。多摩パブの弁護士・事務局員と行政職員の方で、合わせて20名弱が集まりました。

  天気予報は雨。当日、午前中は曇り空でしたが、お昼に会場に集合すると徐々に雨が・・・そして雷の音も・・・。とりあえず、会場でテントを借りて屋根を作りましたが、慣れない組み立て作業中に雨が強くなって、びしょ濡れになってしまいました。お金を払ってスタッフにお願いすればよかった・・・。

  なんとかテントを組み立て終わり、炭をセット。土砂降りの中、テントの下で肩を寄せ合ってBBQが始まりました。テントの屋根に水が溜まるので、数分おきに下から押し上げて水を落とさないといけません。雨と格闘する大人たちの何とも悲壮な姿とは反対に、子どもたちは雨に濡れながら元気に走り回っていました。

  とはいえ、網の上でお肉が焼かれ始めると、おのずとテンションが高まります。多摩パブ恒例、某弁護士の実家から提供される高級肉はやはりおいしい。結局、雨も忘れて、多摩パブメンバーも行政職員の方も一緒になってBBQを楽しみました。

  仕事上のおつきあいだけではなく、こういう交流もすばらしいですね。土砂降りのBBQ、かえって忘れがたい思い出になりました。

161001①

新任からひと月のごあいさつ

  入所からひと月経ちました。わずか1か月の間に、債務整理、建物明渡し、離婚といった民事事件や、刑事事件、少年事件に関わることができました。一方で、弁護士会の研修や委員会、有志の勉強会、各種新人歓迎会に参加させていただき、いろいろな方にお会いしました。毎日異なる場所に行き、様々な人に会い、一日として同じ日はありません。忙しくも、充実した毎日です。
  どのような弁護士を目指すのか。まだはっきりはしませんが、ロースクールでは特に刑事科目に力を入れて勉強したので、刑事弁護には進んで手を挙げていきたいです。刑事弁護は、多摩パブの設立理念の一つでもあります。しっかり取り組んで、公設事務所の弁護士としての使命を果たします。

  趣味は?と聞かれると、まずは合唱を挙げます。ホームページの紹介文も、合唱のことを書きました。自分では特に意識していないのですが、人から「声がよく通るね」と言われます。人前でしゃべることも「弁」護士の大事な仕事です。発声は、合唱のありがたい副産物かもしれません。
  日常的な趣味は、読書です。カバンの中には必ず本が入っています。本を読むと、いつでもどこでも、静かな気持ちになることができます。通勤電車の時間が短いので、霞が関に出張に行く時が、格好の読書時間です。
  最近は、温泉と登山も好きです。去年1年間甲府で司法修習をしていたので、その間、修習仲間と何度も遊びに行きました。多摩にもいろいろ温泉があるようです(2015年11月16日の記事参照 http://tamapb.blog.fc2.com/blog-category-5.html)。近々行ければと思います。写真は、昨年12月に行った、山中湖付近の石割山で撮ったものです。

  こんな弁護士ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

ブログ用写真
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ