土砂降りのBBQ

  先日、懇意にしている行政職員の方々のお誘いで、BBQ大会に参加しました。多摩パブの弁護士・事務局員と行政職員の方で、合わせて20名弱が集まりました。

  天気予報は雨。当日、午前中は曇り空でしたが、お昼に会場に集合すると徐々に雨が・・・そして雷の音も・・・。とりあえず、会場でテントを借りて屋根を作りましたが、慣れない組み立て作業中に雨が強くなって、びしょ濡れになってしまいました。お金を払ってスタッフにお願いすればよかった・・・。

  なんとかテントを組み立て終わり、炭をセット。土砂降りの中、テントの下で肩を寄せ合ってBBQが始まりました。テントの屋根に水が溜まるので、数分おきに下から押し上げて水を落とさないといけません。雨と格闘する大人たちの何とも悲壮な姿とは反対に、子どもたちは雨に濡れながら元気に走り回っていました。

  とはいえ、網の上でお肉が焼かれ始めると、おのずとテンションが高まります。多摩パブ恒例、某弁護士の実家から提供される高級肉はやはりおいしい。結局、雨も忘れて、多摩パブメンバーも行政職員の方も一緒になってBBQを楽しみました。

  仕事上のおつきあいだけではなく、こういう交流もすばらしいですね。土砂降りのBBQ、かえって忘れがたい思い出になりました。

161001①

新任からひと月のごあいさつ

  入所からひと月経ちました。わずか1か月の間に、債務整理、建物明渡し、離婚といった民事事件や、刑事事件、少年事件に関わることができました。一方で、弁護士会の研修や委員会、有志の勉強会、各種新人歓迎会に参加させていただき、いろいろな方にお会いしました。毎日異なる場所に行き、様々な人に会い、一日として同じ日はありません。忙しくも、充実した毎日です。
  どのような弁護士を目指すのか。まだはっきりはしませんが、ロースクールでは特に刑事科目に力を入れて勉強したので、刑事弁護には進んで手を挙げていきたいです。刑事弁護は、多摩パブの設立理念の一つでもあります。しっかり取り組んで、公設事務所の弁護士としての使命を果たします。

  趣味は?と聞かれると、まずは合唱を挙げます。ホームページの紹介文も、合唱のことを書きました。自分では特に意識していないのですが、人から「声がよく通るね」と言われます。人前でしゃべることも「弁」護士の大事な仕事です。発声は、合唱のありがたい副産物かもしれません。
  日常的な趣味は、読書です。カバンの中には必ず本が入っています。本を読むと、いつでもどこでも、静かな気持ちになることができます。通勤電車の時間が短いので、霞が関に出張に行く時が、格好の読書時間です。
  最近は、温泉と登山も好きです。去年1年間甲府で司法修習をしていたので、その間、修習仲間と何度も遊びに行きました。多摩にもいろいろ温泉があるようです(2015年11月16日の記事参照 http://tamapb.blog.fc2.com/blog-category-5.html)。近々行ければと思います。写真は、昨年12月に行った、山中湖付近の石割山で撮ったものです。

  こんな弁護士ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

ブログ用写真
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ