趣味と、想像する努力について

ここ2年くらい、英会話を習っています。
週1回1時間足らずのペースでは大してうまくなるはずもなく、予習ゼロで臨んで先生に呆れられることもあるのですが、下手の横好き的に続けています。
仕事で英語を使うことは滅多にないので、完全に趣味です。
たどたどしいながらも英語で話したり、テキストを読んだりしていると、脳味噌の普段とは違う部分を使っているようで、適度な気分転換になります。

もともと語学の勉強は結構好きでして、大学の時は第2外国語のフランス語のほか、第3外国語を選択すれば数学の難しいのをやらなくてよいというので、中国語を履修していました。
違う言語にふれると、なんだかその文化圏の人達の気持ち、考え方に少し近づけたような気がして楽しいです。

仕事で、ハングルやタイ語やタガログ語しか話せません、というご相談者やご依頼者と出会うと、自分もその言語が話せたらもっと心が通じるのになぁ、勉強しとけばよかったなぁともどかしい気持ちになります。
大抵の場合、通訳さんや日本語のできるお友達と一緒に来て下さるので大丈夫ではあるのですが。

語学に限らず、自分なりの趣味をいくつか持っておくのは、弁護士という仕事にとってもいいことのように思います。
料理も、スポーツも、音楽も、読書も、その活動を通して見える世界があって、そうして色々な角度から見える景色を知っておくことは、他人の気持ちを想像する時に役に立つような気がするからです。

他人の気持ちが「分かる」というのは、どうもおこがましくて、大抵の場合は勘違いで、そう簡単にできることではないように思います。
むしろ、たやすく「あなたの気持ちは分かります」などと言う人のことは信用できないとさえ思います。
が、私達が日々うまく暮らしていくためには、そして特に弁護士の仕事をするにあたっては、相手の気持ちを想像しようとする努力が欠かせないように思うのです。
依頼者の気持ちを想像する努力があって初めて、たとえば離婚したことはなくても離婚事件を担当し、子どもがいなくても子どもの事件を適切に担当することができるのだと思います。
それは、敵対している相手方についてであってもそうで、いかに理不尽なことを言われても、この人はどういう理由で、どういう背景があってこういう主張をしているのだろうか、と考え、相手の立場に身を置いて想像してみることが大事なのではないかと思っています。

刑事弁護について、悪い人のことをどうして守る気になるのか、と聞かれることがあります。
しかし、やったことが法的に許されるかとは別に、その人にはその人なりの、その行為に出た理由があり、背景があるのです。
それは、性格のゆがみだったり、考え方の癖のようなものだったりすることもあり、そうなったことがその人だけのせいとは言えない場合も多いです。
国家権力がその人を非難し、処罰に向けて進んでいこうとするときに、違う角度から事件に光を当てる役回りは、間違いなく必要だと思っています。

昔弁護士としての就職活動をしていたときに、大学時代の友人に推薦文を書いてもらったことがあったのですが、「多様性を受け入れる素地がある」というようなことを書いてもらって、わりと嬉しかったのを覚えています。
皆が同じ方向を向いて、同じ景色しか見ていない社会というのは、どうにも気色が悪いです。
金子みすずではないですが、「みんなちがって」いることを前提に、想像する努力を忘れないようにしたいと思う今日この頃でした。

週末のお出かけ

梅雨ですね。いかがお過ごしでしょうか。
たまには風情のあるところへということで、
先日、青梅市にある塩船観音寺に初めて行ってきました。
5月のつつじ祭りで有名なお寺です。
あじさい園もあるということで、今回はそちらを見て参りました。

160704①
こんもり咲いたあじさいです。何だかゴージャスな気分になりますね。
散策路に沿って色とりどりに咲いており、
添え木などもしてあって大切にお手入れされている様子でした。

160704②
池がありまして、よく見るとカエルさんたちが沢山いらっしゃいました。
赤トンボやシオカラトンボの姿も。

ウグイスがかなりの勢いで鳴いていたり、キツツキが木を盛んにたたいていたり、
てんとう虫にも出会いました。
花がすっかり終わってしまったつつじの木が斜面一面に並んでおり、
緑のもこもこがあたり一面を埋める景色はなかなか面白かったです。
夜になったら動き出したりしないかなぁと想像してしまいました。

暑くて歩いている間に汗だくになりつつも、たくさんの花や生き物にふれ、
室町時代に建てられたという立派な茅葺きの本堂も拝見できて、
梅雨も悪くない季節だなと思えたちょっとしたお出かけでした。

GW旅行記

奥田です。
ゴールデンウィークが終わってしまいましたね。寂しい。
しかし未練がましくお休み中の記憶をふりかえってみます。

昨年まで当事務所に在籍していた竹内弁護士と一緒に、
1泊2日で石川県の和倉温泉というところに行ってきました。

3月に開業したばかりの北陸新幹線「かがやき」に乗って出発。
大宮から金沢まで乗ったのですが、2時間で着いてしまい、
本当にあっという間でした。
さすができたばかりで、車体の外観は勿論ですが、
車内のシート一つとっても格好良く、また快適でした。
日本の技術って凄いんだなと、何だか勝手に誇らしい気分になれました。

金沢から在来線に乗り換えて七尾というところまで行き、
海際の道の駅でお昼においしい海鮮丼を食べた後、
曇天の春の海を見つつ竹内弁護士とぼんやり語らいました。
七尾では地元のお祭りが開催されており、
屋台が出て中高生や家族連れで賑わっていました。
途中から雨脚が強まり、傘をさしていたにもかかわらずずぶぬれになりましたが、
それもなかなか楽しかったです。

物凄いローカル感をただよわせる「のと鉄道七尾線」に乗って一駅、
和倉温泉駅につきました。
私の見間違いでなければ、駅から宿までのシャトルバスから、
ご当地キャラ「わくたまくん」が公園で遊んでいるところが見えたような気がしました。
部屋からは、七尾西湾が一望できました。
着いた日は雨で湾も荒れていましたが、翌日はきれいに晴れました。

150515①

向こうに見える陸地は能登島です。
仲居さんのトークは地元の方言が混ざっているのか、
ところどころ微妙に聞き取れなかったりしました。
温泉に入ってご飯をたべた後、ガールズトークなど一切なく、なんと9時就寝。

翌日は金沢を少し散策して、かわいらしい雑貨店やパン屋さんを覗いて帰ってきました。

150515②

雑誌に載っていたかわいらしい雑貨店・・・の横にあった、謎のファンキーな巨大魚です。
制作者が気になります。
金沢も初めてだったのですが、駅はやはり新しくとてもきれいでした。
ブラスバンドの生演奏もされており、まさに今をときめく駅という感じでした。
駅構内では、加賀百万石の象徴?ご当地キャラ
「ひゃくまんさん」(性別不詳)の像とも出会いました。
気になる方は是非検索してみて下さい。
街の様子は、古い木造建物も残しつつ新しいビルや道路もあるというもので、
歩いていると何だか不思議な気分でした。
今回は2時間程度でしたが、是非また行ってみたいと思います。

弁護士になってからというもの、出張と帰省以外で
遠出していませんでしたが、やはり旅行とはいいものですね。
広い海や、田植えが終わったばかりの水田を眺めて、
日本の自然の豊かさを感じるとともに、
日頃の疲れをしっかり癒すことができました。
自分がこれからどうしていきたいか少し考える機会にもなりました。
鋭気を養ったので、また頑張りたいと思います。

新任のご挨拶

はじめまして。
本年より多摩パブリック法律事務所に入所いたしました、奥田真帆と申します。
奈良生まれ福岡育ちで、大学からずっと多摩でお世話になっております。

年末年始に奈良の実家に帰省して参りましたので、日高先生のワンちゃん自慢に対抗して(?)
実家の猫たちをご紹介します。

猫1
↑毛玉1・・・じゃなかった、母かわいがっている猫その1


猫2
↑母がかわいがっている猫その2

猫3
↑母がかわいがっている猫その3

猫4
↑母が(以下省略)

現在、家の中に4匹、外にはたぶん8匹以上いるらしいです。
ちなみに、こんなに猫の写真を載せておいてなんですが、私は特に愛猫家ではありません。
むしろ猫アレルギーなので、実家に帰るとぜんそくになって鼻水がとまりません(汗)
好きな動物は、昔飼っていたので、ハムスターかウサギです。
猫たちとは、今後も微妙な緊張関係を保っていきたいと思っています。
なんだかとりとめもない自己紹介?になってしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ