合格のご挨拶(元アルバイトの方より)

1.はじめに
 多摩パブリック法律事務所に大学1年次から現在まで約6年間アルバイトとして在籍していた者です。
 この度、平成30年度司法試験に合格し、退職することとなりました。まずは、この場を借りてお世話になった多摩パブリックの先生方、事務局の皆様、そして、多摩パブリックをご卒業された先生方や多摩パブリックを通じてお世話になりました関係者の皆様に心からの感謝を申し上げます。

2.多摩PBでの経験
 私は推理小説が好きだったこともあり、犯罪や刑事関連の問題に特に興味があるという理由で法学部に進学しました。当時から「警察官になるのは難しそうだし検察官になろうかなぁ」とぼんやりした志望をもっていましたが、とりあえず法曹という職業や法律事務所という場所を知りたいと思い、大学の先輩からの紹介でアルバイトを始めました。
 勤務を始めたばかりの頃は、電話対応では焦ってメモをとれなかったり、書類作成では押印で朱肉と赤スタンプを間違えそうになったり、受付対応での言葉遣いの語彙が足りず妙に古めかしすぎる言い回しになったり…と、一般常識のなさを実感し反省する日々でした。事務局の皆様の直接の厳しくも思いやりのあるご指導や先生方のご指摘により、今でもまだまだ未熟者ですが、当初に比べて大きく成長することができました。
 多摩パブでは社会人としてのふるまいを教わるのみならず、私は「目指すべき法曹像」を考えるうえで多摩パブの先生方から多大な影響を受けてきました。
 私はアルバイト勤務時間のほか、無料相談会や刑事研究会、エクスターンへの参加、食事会などの貴重な機会をいただき、事務所内外での先生方の姿を見つめてきました。公設事務所には様々なバックグラウンドをもった依頼者の方々が来所され、多種多様な案件に的確に対応する必要があり、先生方は大変多忙な日々を送っていらっしゃいました。そして、単にスケジュールがタイトであるという忙しさに加えて、法律相談での生の緊張感や、弁護士の言葉のもつ責任の重みを自覚しながらの行動選択など、重い職責を背負いつつ常に依頼者に向き合う精神力を試されるような日々を送っていると感じました。そんな先生方の姿勢に感化され、また、身体・精神ともにタフな人間でなければ法曹は続けていけないことを理解したため、大学や法科大学院時代には留学に挑戦したり、できるだけ自分の実力よりもレベルの高い所に飛び込んでみたりと学業面だけでなく性格面で大きく影響を受けたように思います。
 また、成年後見の業務や生活保護に関わってくる相談など、法律にとどまらない福祉・行政の知識をも活用した問題解決の重要性を教えてくれたのも多摩パブでした。より良い司法サービスの提供とは、司法の領域を超え、その人にとって最善の解決方法を提案すること。このことは社会福祉協議会等と協力して司法・福祉の連携したサービス提供に尽力してきた多摩パブでなければ学ぶことができなかったと思います。司法以外の分野にも目を向け、視野の狭い法曹にならないよう、謙虚に学び続ける法曹にならなければならないと強く考えるようになりました。

3.さいごに
 先生方、事務局の皆様には数多くの貴重な体験の機会のみならず、沢山の楽しい思い出をいただきました。司法試験については「司法試験はドーナツでなくどら焼きで挑め!」「司法試験の前日に飲んで二日酔い状態でも受かるように準備しないといけない」などの助言もいただき、試験1週間前にはどら焼きを机上においてイメージしながら勉学に励み、無事に第1関門を突破することができました。
 これから法曹としてどんな道を歩むか、まだ未確定な状態ではありますが、どのような立場になろうとも、多摩パブの先生方をモデルに「言葉の力を武器にして、流されずに意思決定できる広い視野をもったタフな法曹」を目指して精進していきます。そして、返しきれないほどのご恩ではありますが、多摩パブに何らかの形で恩返しをしていきたいと思っています。また、アルバイトの後輩の皆様におかれましては、法曹志望の方はとても恵まれた環境にありますので、多摩パブで自分がどんな法曹になりたいのかを見つめ直し、落ち込んだ分だけ大きく成長していってください。また、就職する方も多摩パブでの指導を武器に各方面で大きく活躍なさってください。応援しています。
 最後になりますが、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

合格のご挨拶(元アルバイトの方より)

1 はじめに
 私は,多摩パブリック法律事務所で,学部1年生から現在まで約6年間アルバイトとして勤務しておりました。この度,平成29年度司法試験に合格し,アルバイトを卒業させて頂くこととなりましたので,この場をお借りしてお世話になった皆様に感謝を述べさせて頂きたいと思います。
 私は,中学生くらいの頃から,社会のルールである法律を知らずに生きていくことは怖いので法律を勉強したいと考えており,大学は法学部に進学しました。そして,実際に勉強してみると,法律は想像以上に難しく,これは正しい知識を持った専門家が必要であると思うとともに,勉強するからには自分もそのような専門家として社会の役に立ちたいと思ったことから,弁護士を目指すことを決意しました。
 そんな中,大学の先輩からアルバイトの話を頂き,出会ったのが多摩パブリック法律事務所でした。

2 多摩パブでの経験
 多摩パブでは,アルバイト業務として主に受付や電話応対,簡単な書類作成を行っていました。それまでアルバイトを何もしたことがなかったので,初めてシフトに入った際にはガチガチに緊張し,電話をとる声も手も震えていたことをよく覚えています。
 多摩パブでは本当に様々なことを経験させて頂きました。
まずは,弁護士がどのような仕事をしているか,実際に見ることができたということです。普通の大学生では見れない弁護士の日常を多く見ることができたのは,実務の勉強という意味でも,普段の自習のモチベーションを維持するうえでも大変貴重な経験でした。どんな事務作業をして,どんな書面を使っているかを見ることができたのはもちろんですが,受付や電話で依頼者の方と接する機会を持つことができたことで,自分が勉強している法律は,まさに人の生活に関わるものであることを感じながら,大学や大学院での生活を送ることができました。
 また,アルバイトを卒業したときに,一社会人として通用するようにと,業務の仕方やマナーについても徹底的に指導をして頂きました。右も左も分からないところから入り,特に事務局の方々には多大なご負担をおかけしてしまったかと思いますが,学生として甘やかすのではなく,社会人として通用するように指導して頂けたことは大変感謝しています。
 さらに,私が大学卒業後,多摩パブから近い法科大学院に進学したこともあり,弁護士の研修や勉強会にも多く出席させて頂きました。どれもレベルの高い内容で大変勉強になりましたし,現場で活躍されている弁護士の先生方の,さらに貪欲に知識を深めようとする姿勢から,弁護士は一生勉強をしていく必要があるのだと改めて感じました。

3 さいごに
 私はこれから,1年間の司法修習を行い,実務家となっていきます。今は,ようやく学生という身分を脱することができることに安堵するとともに,これから背負っていくであろう様々な責任に若干の不安も感じています。ですが,約6年間肌で感じてきた多摩パブの先生方の熱意や,業務を行う中で学んだことを胸に全力で立ち向かっていきたいと思います。
 ここまで育てて頂いた多摩パブや多摩地域の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

合格のご挨拶 (元アルバイトの方より その3)

1 自己紹介と合格のご報告
  私は平成23年から多摩パブリック法律事務所で第2期アルバイトとして勤務していました。法科大学院を修了後、1回目の受験である平成28年度司法試験に合格することができました。お世話になった皆様、ご支援ありがとうございました。
  私は、高校生の頃から「弁護士に絶対なるのだ」という夢を持っていました。何事もルールが必ずあるにもかかわらず、社会のルールである法律を知らないことはとても怖いことではないか、と考えたのがきっかけです。実際に私の家族が紛争に巻き込まれ対処に困ってしまうこともありました。とにかくルールを知り、力をつけたいと考えたのが弁護士を志す動機でした。
  現在は、司法修習(弁護士となる前の研修期間のようなものです)を間近に控え、修習についていけるのだろうかという不安と、実務に近づけるという期待でいっぱいです。ここまで私が夢をあきらめることなく努力し続けることができたのは、多摩パブリック法律事務所でのアルバイト経験があったからこそです。

2.多摩パブでの経験
  多摩パブのアルバイトは大学の先輩の紹介で始めました。業務内容といたしましては、電話対応、受付、事務局のお手伝いなど大変多様です。通常のアルバイト経験はありましたが、ここまで責任のある業務を任せてくださったのは多摩パブだけです。大学2年生というまだまだ学生真っ盛りな期間において、社会人と同等に扱ってくださった経験は何よりも貴重で大切なものでした。きちんと私たち学生にもわかりやすく指導をして下さり、社会人の厳しさ、礼節を一から教えていただきました。
  また、多摩パブは各種イベントが盛んで、学生アルバイトも参加させていただいておりました。通常業務時には見られない先生方の姿、事務局の皆様の姿を多く見ることができ、大変距離が近づきました。多摩パブは大変チームワークが優れているのですが(迅速に仕事を解決していく姿を常に見ておりました)、その要因は各種イベントによって培われたのだなと確信しています。

3.多摩パブとわたし
  多摩パブが私に与えた影響は、莫大なものです。
  まず、一つ目として、目指すべき弁護士の方の仕事が常に見ることができたことがあります。弁護士になるには、長い期間集中して勉強をしなければなりません。途中で勉強をやめて進路変更をする方は(もちろん悪いことではありません)たくさんいます。その中で、私が最後まで継続できたのは、尊敬できる多摩パブの先生方が、熱心に依頼者と向き合っている姿を常に見ることができたからだと思います。モチベーションを維持し続けられたほとんどの要因は多摩パブの先生です。
  また、二つ目として、社会人としての振る舞いを一から吸収できたことです。多摩パブは法曹養成を掲げており、社会人としてのマナーもきちんと教えてくださいます。教えるといっても、言葉で教えていただくことが多いですが、それだけではありません。私たちアルバイトは、事務局の近くのデスクにいます。業務をしながら常に社会人の優秀な先輩である事務局の方の仕事を見ることができます。どんな言葉遣いをしているのか、声のトーンはどのようなものか、メールの文面は、連絡事項の伝え方は…など常にスキルを盗もうとしていました。多摩パブは行動からも私たちに社会人としての振る舞いを教えてくださっていたのです。このような経験は、多摩パブ以外にはなかなかないのではないでしょうか。まだ、私は未熟な面はありますが、多摩パブで培った振る舞いは私の血肉となっています。

4.さいごに
  多摩パブは、本当に懐の深い事務所です。単なる学生に対してここまで責任のある仕事を任せてくれる、ここまで相談に乗ってくれる、こんな事務所は他にありません。私は、まだまだスタート地点に立ったばかりです。多摩パブで培った経験をもとに、社会に貢献していきます。また、多摩パブに必ず恩返しをしていきます。本当にありがとうございました。

司法試験合格のご報告 (元アルバイトの方より その2)

1 自己紹介
私は、多摩パブリック法律事務所で、学部1年次から現在までの約6年間、事務局アルバイトとして勤務していました。業務中は主に受付におり、事務局の補助を行っていました。この度、平成28年度司法試験に合格いたしましたので、ご報告させていただきます。

2 多摩パブでの経験
私は、多摩パブの学生アルバイトの第1号であり、6年間で本当に多くの経験をさせていただきました。最初の頃は、右も左もわからず、多くの人に迷惑をかけてしまいました。しかし、次第に自分に任される業務が増えていき、やりがいを感じるとともに、責任感も生まれました。
弁護士も一人の社会人である以上、当然マナーや常識を身につけていることが必要ですが、法律の勉強を行っているだけでは、これらを学ぶことができません。多摩パブでは、社会人として備えるべき基本部分を叩き込んでいただけたので、本当に感謝しています。

3 後進育成のリレー
多摩パブは、後進育成を事務所の目的の一つに掲げています。これは、弁護士のみならず、学生アルバイトにおいても同様であると強く感じました。弁護士や事務局の方々が、優しさをもって、厳しく学生を指導してくださいます。また、学生間でも、先輩から後輩へと、指導のリレーが続いています。
私を含めた多くの学生が、多摩パブでの勤務を通じて自己研鑽をしつつ、事務所や多摩地域に貢献するという貴重な経験ができているのは、後進育成に熱意を持つ多摩パブならではのことだと思います。多摩パブでアルバイトを経た学生の司法試験合格率が100%であるのは、この好循環の結果なのだと思います。

4 これから
今後は、1年間の司法修習を経た後、弁護士として働くことになると思います。6年間お世話になった多摩パブ、そして多摩地域に恩返しをすべく、今後も努力を怠らず精一杯頑張りたいと思います。

合格のご挨拶 (元アルバイトの方より その1)

私は多摩パブリック法律事務所で、学部2年生の秋から現在までの5年間、アルバイトとして勤務をしておりました。主に受付にいて、事務局として事務作業の補助や電話応対をしていたので、いらした方の中にはお会いした方がいらっしゃるかもしれません。
この度、平成28年度司法試験に合格いたしました。今後は司法修習生として1年間の研修の後、法曹として働く予定です。
この場をお借りして、事務所の皆様、業務などを通じて出会った皆様に、合格の報告とお礼をさせていただきたいと思います。長い間、ありがとうございました。

私は高校生の時に模擬裁判をした際に興味を持ったことをきっかけとして、弁護士を目指し始めました。そして、大学の研究室の先輩を通じて、多摩パブの存在を知り、第2期アルバイトとして多摩パブで働かせていただくことになりました。
それまでなんとなく弁護士を目指していた私にとって、多摩パブは初めて実際に働いている弁護士の姿を見た場所でした。弁護士の仕事は、表に見えやすい、法律相談や法廷でのものだけでなく、弁護士の方々の様々な調査や検討、事務局の方々の膨大な事務作業に支えられているものだということを肌で感じることができました。
多摩パブは事務所全体が、皆で来てくださる方々を助けよう、支えよう、一緒に歩いて行こうという雰囲気で溢れています。事務所全体がそのような思いで溢れているからこそ、一つ一つの法律相談等を滞りなく行うことができるということを学ぶことができました。
また、多摩パブで勤務する中で、多摩パブの先生方、事務局の皆様が、本当に多摩パブにいらっしゃる方々のために粉骨砕身働いている姿をたくさん見ることができました。
そのような中、それまではあいまいな憧れでしかなかったのですが、具体的に、多摩パブで働いているような、多摩パブを頼っていらっしゃる方々に対して「駆け込み寺」として真摯に向き合い解決のために懸命に動く弁護士になりたいと思うようになりました。
ロースクール入試、司法試験受験期はほとんど仕事ができなかったのですが、たまに働きに来たり、多摩パブの皆様が懸命に働いている姿、不安そうな顔をしていらっしゃった方が、帰る際に見せてくださる笑顔を思い出すことにより、その思いを強く継続して持つことができるようになりました。その思いが、私の受験を支えてくださったといっても過言ではありません。本当にありがとうございました。

私は始めに述べたように、12月から研修を行ったうえで社会に出ていくことになります。ロースクール制度が制定されてから、社会経験が不足しており、社会の常識を知らない法曹の卵がたくさんいるという話をあちこちで聞きます。
私も大学、ロースクールでの学生生活を経た上でそのまま司法試験を受けたので、正社員としての社会人経験はありません。しかし、多摩パブで一学生としてではなく、一社会人として、本当にたくさんのマナーや社会人としてのふるまいをご指導いただきました。
今後は、多摩パブで教えていただいた社会人としてのふるまい、そして、多摩パブで抱いた思いを大切に新たに社会人として精進してまいりたいと思います。
皆様、本当にありがとうございました。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ