府中ネタ ふたたび・・・

毎回毎回懲りずに府中ネタを書いています。
昨年も同時期に担当で書いてしまったので
今年についてはホントにない!!と思い悩みました。

ということで、府中の大國魂神社で行われるお祭りについて少々・・・

大國魂神社では、
5月に行われる例大祭「くらやみ祭り」以外にも多くのお祭りが行われています。

まずは昨年もこのブログでご紹介した
毎年7月20日に行われる「すもも祭り」
「起源は源頼義・義家父子が、奥州安倍氏平定(前9年の役)途中、大國魂神社に戦勝祈願をし、
戦に勝ち凱旋の帰途、戦勝御礼詣りのためこの祭が起こりました。
その際神饌の一つとして李子(すもも)を供え、境内にすもも市がたつようになったのが、
この祭りの名前の由来(大國魂神社HPより)」という歴史がありますが、特徴的なところでは、
この日だけ頒布されるその扇や団扇で扇ぐと害虫は駆除され病気は平癒するといわれる
「からす扇子、団扇」を求めて賑わっています。

180815①

次に、毎年9月27日、28日に行われる、「秋季祭くり祭り」
歴史としては
「秋季祭は、元文2年9月28日(1738)の武蔵総社六所宮太々神楽創立を起源とし、
途中一時中断されていた時期もあったが再興され現在まで引続き行われている。
奉納行灯は大正14年から太々神楽講員の奉納により始められたものである。
別名「栗祭」と称されるのは、
武蔵野の大地が栗の発育に適していたと共に保存食として重要視され、
更に上質の栗が採れる事から徳川家に栗を献納するようになり、
栗の採取する時期と太々神楽の時期があいまり、
やがて栗祭と呼ばれるようになった。(大國魂神社HPより)」とありますが、
特徴的なところとして、境内に約260本の行灯が灯され、夕刻にはとてもきれいです。

などなど他にも色々なお祭りがあります。
お祭りだけでなく、歴史を知るとなかなか奥深いです。

また、境内内で行われる毎年の恒例の行事として
・商工まつり(8月第1週)
・武蔵の國の酒祭り(今年は9月15日)
・府中流鏑馬(6月頃)

など。

180815②

大國魂神社前のけやき並木でのイベントを入れるとさらに多くのイベントがあります。

などなど毎月といっていいほどイベントがあります。

今回もまたまた、府中ネタを長々と書いてしまいましたが、ぜひ一度いかがでしょうか。

整体

こんにちは。
早すぎる梅雨明け後、多摩は夏真っ盛りです。

産後の歪みと生来の姿勢の悪さを改善しようと、少し前からチェーン店の整体に通っています。

通ってみると、とんでもない肩コリであることが判明!
(自覚なし)
また腰、肩甲骨まわりの筋肉が硬く、
抱っこ紐の背中のバックルがギリギリ留められる状態でした。

コースには頚椎・背骨の調整があるのですが
毎回【ボキボキボキッ】【ベキッ】と音がするので自分のことながら可笑しくて笑ってしまいます。
洋画だったら首を折られて死んでいる敵役状態です。

初めのうちは何度か揉み返しで寝込んだりして
自分が老廃物の塊なのだと軽くショックを受けたりもしましたが
通った甲斐あって最近少しだけバックルが楽になってきました!

凝っている自覚や痛みを感じない体質だと
突然ギックリ腰になったり腕が上がらなくなるそうなので、
定期的に通ってケガのないよう体に気に使っていこうと思います。

東京スカイツリー

少し前の話になりますが、ゴールデンウィークに初めて東京スカイツリーに行ってきました。
ゴールデンウィークの東京スカイツリーは大混雑でしたが、某バスツアーに参加していたお蔭で、それほど並ばずに、展望回廊まで行くことができました。これまでは、下から見上げていたばかりでしたが、実際に上まで登ってみると、想像していたよりもずっと高く、比較的高いところが平気な私も恐怖を感じてしまいました。

180615.jpg

帰りに遠くからスカイツリーを眺めてみると、ずいぶん高いところまで登っていたと以前より愛着をもって眺めることができました。

京都への旅

先月、約10年ぶりに京都を訪れました。

用事のあった場所の歩いてすぐ近くに
悲田院というお寺をみつけ、
学生時代に歴史の教科書で見て
何となく気になっていたことを思い出し、
ふらりと行ってみました。

180515①

趣のある石の階段を上がると、
京都市内を見渡せる高台に
悲田院はありました。

悲田院は、飛鳥時代に聖徳太子が
身寄りのない子供やお年寄り、
貧しい人や病気の人を収容する福祉施設として建てたのが始まりと言われ、
その後平城京や平安京でも置かれたそうです。
現在の寺院の悲田院と平安京の悲田院との関係は不明なところもあるそうですが、
一説では平安京の後身とも言われているようです。

遥か昔にも福祉施設があったのだな〜と感慨に耽りつつ、
今回の旅では、
京都の人々の場や人との関わりへの美意識のようなものを
垣間見て感心することが多かったので、
歴史の奥深さと現代の人々の生活の繋がりがあるのかな、
などと思いながら下る、夕暮れ、京の坂道でした。

180515②

カープ女子

以前、多摩パブOBの弁護士が「カープ男子」というブログを載せていましたが、私も、両親が広島出身ということで、生まれながらのカープ女子(当時はそんな言葉などありませんでしたが)です。
私が子供のころは、カープは万年Bクラスで、というより、4位なら上出来、毎年最下位争いという有様で、カープファンなんて恥ずかしくてとても言えない時代でした。実際、カープファンの人を身内以外で知りませんでした。

それが、です!
20年ぶりぐらいに球場に行ってみると(マツダスタジアムではありません)カープのユニフォーム姿で応援する人の多いこと!選手ごとの応援歌まであり、びっくり!
それではと、生まれて初めてマツダスタジアムへ行ってみました。(チケットを入手するのがほんとに大変)すると、スタジアムの中はもちろん、広島の街全体が、カープ一色なのです。デパートやマックの店員さんもカープのユニフォーム、当日のチケットを持っているとサービスが受けられるお店もたくさんあり、球場近くのローソンまで赤なのです。
そして、観客は本当にいろいろな年代の方が多く、特に高齢の女性が多いのに驚きました。(そういえば私の叔母も70近いですが、レディース会員になっていると言っていました) 開門前に並んでいたおじいさんは、自作の星取表を何年分も持っていました。

やはりカープは、広島市民の宝物なんですね。私の父もカープの存続が危ぶまれたとき、市民球場に置かれ樽募金をしたと言っていました。

今年もプロ野球が開幕しました。
カープの活躍を心から願っています。

180416①

180416②

180416③

プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ