民事執行法が改正されます


 他人に貸したお金が返ってこない、といったケースで、強制執行を行うことでお金を回収することがあります。
 強制執行とは、お金を貸した人(債権者)の申立てによって,裁判所がお金を返済しない人(債務者)の財産を差し押えてお金に換え(換価)、債権者に分配する(配当)などして、債権者に債権を回収させる手続です。
 ただし、強制執行をするには、債権者が、差し押さえる財産を具体的に特定する必要があります。
これまで、勝訴判決を得ても、債務者の財産が特定できず、強制執行ができないケースが散見されました。

 そこで、この度、民事執行法が改正され、①債務者の財産を開示させる制度が見直された上、②債務者以外の第三者から債務者の財産に関する情報を取得する手続が新設されました。改正法は、令和2年4月1日から施行されます。

  ①の手続(財産開示手続)は、裁判所が債務者を呼び出し、非公開の財産開示期日において、債務者に自己の財産について陳述させる手続です。これまで、裁判所から呼び出しを受けても出頭しない人が多くいたことから、あまり利用されていませんでした。そこで、改正法では、開示義務者が、正当な理由なく、裁判所の呼出しを受けた期日に出頭しなかった場合等には、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられるようなります。
  ②の制度について、勝訴判決等の債務名義(強制執行をするのに必要な文書)を持っている債権者は、裁判所に申し立てることで、債務者の財産に関する情報のうち、(ア)預貯金等については銀行等に対し、(イ)不動産については登記所に対し、(ウ)勤務先については市町村等に対し、強制執行の申立てに必要な情報の提供を命じてもらうことができるようになります。
なお、(イ)と(ウ)の手続については、それに先立って、債務者の財産開示手続を実施する必要があります。
また、(ウ)の手続の申立てができるのは、養育費等の支払や生命又は身体の侵害による損害賠償金の支払を内容とする債務名義を有している債権者に限られます。
 各方面で影響が大きそうな改正ですので、ご参考にしていただければと思います。

水泳

「え゛っー、う゛ぇっー、ひゅーっ、」あえて記せばこんな感じであろうか。どうやっても言葉には表せない。咳といえば「ごほん、ごほん」が相場であるが、そんな生やさしいものではない。電車に乗るとこちらを白い目で睨み付けながら周りの人はその場を去って行く。「気持ちは分かるが、こっちだって辛いんだよ、君は今だけだけど、僕は毎日ずっとなんだよ、」と心の中で叫びながら、申し訳ない気持ちで電車に乗っていた。さすがにこれではまずいと思い、職場近くの東洋医学もやっている病院に行った。通常診察のはじめは、「今日はどうされましたか?」が相場であるが、私の場合は違った。待合室で、例の調子で咳き込んでいたため、お医者さんの耳にもそれは届いていた。「大変ですね、いつからですか?」で診察は始まった。診察の結果、「中嶋さん、これは喘息です。」といわれた。ショックだった。今まで風邪を引くと決まって咳が止まらなくなったが、喘息といわれたのは初めてであった。「あのぉ、子どものころから気管が弱いといわれたことはあったんですが、喘息っていわれたのは初めてで…。」と恐る恐るいったら、「それを喘息っていうんですよ。」と返された。なるほど。
 薬を処方してもらったが、薬を飲んで治ったためしがない。その後そのお医者さんがいうには、「中嶋さん、腕をぐるぐる回す運動をしてください。背筋をつけてください。そうすれば咳に負けなくなります。そうですね、水泳なんか一番いいと思いますよ。」

 私のボス弁は日課として週1回必ず水泳に行っていた。夕方出かけて、2キロ泳ぎまた事務所に戻って仕事をされていた。泳いで帰ってきたときの何とも言えない爽快感あふれる顔が今でも印象に残っている。それを見て私も決意した。そうだ、水泳をやろう。
 ところが私は泳げない。まったく泳げない金槌ではないが、平泳ぎでなんとか25メートル、クロールで15メートルくらい、背泳ぎは直ぐに沈んでしまい、バタフライに至っては、何であんな泳ぎ方が必要なんだと思っていたくらいで、もちろん泳いだことはない。もし私がバタフライを泳ごうとしたら、溺れていると勘違いされたであろう。
 肩をぐるぐる回す運動をしなければならない身としては、平泳ぎでは駄目で、他の泳法で泳がなければならない。そこで、まずは一番ポピュラーなクロールをやることにした。しかし、せいぜい泳げて15メートル、これではまるで運動にならない。ところが世の中には親切な人がいるもんで、見知らぬおじさんが声をかけてきて、泳ぎ方を教えてくれた。よっぽどぶざまな姿だったんであろう。その人に身体の姿勢や息継ぎの仕方などを教えてもらうと、これがとっても役に立ち、たちまち泳げるようになった。25メートル、50メートル、距離はどんどん伸びていった。

 私の通った中学校は水泳に厳しい学校であった。25メートル泳げないと、特訓が待っている。また、泳げる距離によって帽子の色が変わった。最初は赤。50メートル泳げるとそこに白い線が1本入る。100メートルで2本、200メートルで3本、そして300メートル泳げると帽子の色が白に変わる。泳法は何でもいい。白帽になると今度は300メートル泳げる泳法が増えるにしたがって黒線が一本ずつ入る。つまり、4泳法全部300メートル泳げると白帽に3本の黒線が入ることとなる。私もこの試験を受けた。50メートルは何とかクリアーできた。75メートルはどうにかこうにかたどり着いた。そして、100メートル。たどり着いたとき、死にそうだった。まだ、目標の3分の1しか来ていないのに。そして、100メートルのターン。壁を蹴ろうとした瞬間、このままいったら溺れて死ぬ。恐怖心が襲った。身体はこわばり、壁を蹴ることができず、私の試験はそこで終わった。結果赤帽に白線2本である。そのときの恐怖が頭から去ることはなく以後その試験を受けることはなかった。当然のことながら周りの友達はどんどん帽子の色が変わっていく。赤帽なんてかぶっているやつはいない。幸か不幸か、帽子をかぶらなくてもよかったので、私は帽子をかぶらずに水泳の授業を受け続けた。一度だけ、先生から全員帽子をかぶってくるように言われ、仕方がないから他のクラスのやつに帽子を借りた。もちろん白いやつを。先生も「中嶋は赤帽じゃないか」と気付いていたようだったが、何も言われなかった。以後、帽子をかぶれと先生が言ったことはなかった。

 そうだ、せっかくだからこれに挑戦しよう。そう思った。四半世紀の時を隔てて、私の挑戦は始まった。まずは平泳ぎから。これはわりとすんなりクリアーできた。「やったぁ、白帽だ!」心の中で叫んだ。次は、クロール。これはさすがにすんなりとはいかなかった。平泳ぎはいざとなったら顔をつけずに泳げるが、クロールはそうはいかない。息継ぎがうまくいかないと苦しくなるし、腕はだるくなるし、それでも何度目かの挑戦で300メートル泳げるようになった。黒線1本である。ただ、残念ながら黒線は今のところ1本まで。
黒線3本までは、まだ少し道のりがある。
 一時期は、毎週必ず2キロくらいは泳いでいたが、ここ数年はサボりまくっている。ちゃんと泳いでいるときは、まったく風邪をひかなかったが、サボるようになってから風邪をひくようになってしまった。なので、今年こそは真面目に泳ごうと思い、先日久し振りにプールに行ったのだが…
やべぇ、腕が上がらねぇ!

「パワハラ」にあたるのか、あたらないのか 

 法律相談の際、これはパワハラではないのかといったお話を伺うことがよくあります。
「パワハラ」については、今までは法律上の定義というものは存在しませんでしたが、このたび、『労働施策総合推進法』(労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律)に、パワハラに関する条文が追加されることになりました。
 新しい条文は、事業主が、職場においてパワハラが起こらないように雇用管理上必要な措置を講じる義務として規定されています。そして、パワハラについては、「〔①〕職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、〔②〕業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより〔③〕その雇用する労働者の就業環境が害されること」と定義されました(〔〕内筆者)。
 また、この定義を説明するものとして、厚労省から指針が出されています。
指針によると、①「優越的」とは、抵抗又は拒絶することができない蓋然性が高い関係を背景として行われるものであるとのことです。
 この点については、同僚間や、典型的な上司と部下の関係でもパワハラにあたらない例が出てくるのではとの批判があります。また、上記②の判断にあたって、労働者の行動が問題となる場合は、行動の内容・程度とそれに対する指導の態様等の相対的な関係性が重要な要素となるとのことです。
 この点は、問題行動が大きければ過剰な叱責も許容されてしまうのではとの批判があります。
パワハラにあたるのか、あたらないのか問題はこれからも続くものと思われます。
 違法と評価される行為がなくなるよう、議論を続けていく必要がありそうです。

季節のことば

趣味の関係で、季節のことばに触れる機会が多くあります。

年のはじめ、「新春」という言葉はよく耳にすると思いますが、「明の春」(あけのはる)、「開春」という言い方も美しいです。
寒さも厳しい季節です。これまた「厳寒」という言葉はよく耳にしますが、これはいかにも寒そう。
春を待ちわびる季語「春待つ」や「春隣」(はるとなり)となると、寒さの次には暖かい春が来る!という前向きな印象を受けます。
「十八公」(じゅうはっこう)、これは何だと思われますか。3つの文字を組み立てると・・・松という字になります。「十八公」は松の異称です。

2月になると、梅にまつわる言葉が多くなります。梅の異称の一つが「花の兄」。四季の花の中でほかに先駆けて咲くからだそうです。
では、「花の弟」は何の異称でしょうか。ほかに遅れて咲く花。ヒントは9月9日が節句の花です。

日本語は美しいだけでなく、センスが光りますね。

2019ラグビーW杯→2020東京オリンピック

昨年、ラグビーワールドカップを観戦してきました。
試合に感動したのは言わずもがなですが、
会場に行くまでのボランティアの方たちや運営スタッフの方たちのホスピタリティにも感動しました。

スタッフの人達は、会場周辺だけではなく、最寄り駅の改札やバスターミナル付近にも常駐していました。
そこで立ち止まっている人、地図を見ている人、スマホを見ている人、
試合会場に行くまでの間、少しでも困っているのかなと思しき人がいると、
スタッフの方たちはどんどん声をかけて、大丈夫か、何が知りたいのか等聞いていました。

また、並行して「いってらっしゃい。」とか「楽しんできてくださいね。」など、
すれ違う人たちに休むことなく声をかけていたり、ハイタッチをしていたりと、
試合以外も盛り上げていこうという意識が共通していました。

私は過去に様々なジャンルのスポーツ観戦をしてきましたが、
このような「おもてなし」を受けた経験がなかったので、感動しました。

ラグビーワールドカップで経験したこのような「おもてなし」が、本年のオリンピックにもつながっていくのだろうなと感じました。

attachment00.jpg
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ