小1の壁

今年4月、長男が小学生になりました。
0歳から通った大好きな保育園から新しい環境へ。
それは、「小1の壁」と言われるように、試練の始まりでした。

1人で外を歩いたことのなかった長男が家→学校→学童→家・・・。
距離にすればとても短いのですが、とてつもなく長旅に思えます。
特に帰りは仕事や習い事、妹の保育園へのお迎え等があり、
「家まで1人で帰ってきて~」という日もあります。
が、なかなかできません。

もう2学期なのに・・・と焦る気持ちもあるのですが、
小さな体で大きなランドセルや荷物をたくさん持っている姿を見ると、
もう少し待ってみようと思い直します。

登下校の次に大変なことは、宿題と持ち物の準備です。
本人が聞いてくる内容をもとに準備しなくてはいけないので、
記憶の新しいうちにと、帰って早々に取りかかります。
我が家では玄関のドアに磁石で持ち物リスト(※緑が長男関係)を作ります。
翌朝、自分で荷物を確認しながら、磁石をはずしていきますが、
たまにそのまま残っていることも・・・
そんな日は「忘れ物なかったかな。」と仕事中も気になってしまいます。

160915①

写真は夏休み中なので学童だけの少ないバージョンですが、
学校のある日は、上履き、体操着、絵の具、ピアニカ・・・など。
うーん、頑張っています、小学生。

1学期をなんとか終えて夏休み!といっても毎日学童へ行く日々。
それではあんまりなので、夏休みをいただいて2人で横浜へ行きました。
夫と妹にはお留守番してもらい、一泊のプチ旅行です。
夕方の赤れんが倉庫を散歩しながら、
「大きくなってデートで来たら、お母さんと来たなぁって思い出してね。」
なんてセンチメンタルな会話をしてみたり。

小1の壁に立ち向かった、こんな時期も懐かしくなる日が来るのでしょうか。

160915②

地域の居場所

伊藤です。

8月もあっという間に終わりですね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私は最近、月に1回楽しみにしている場所があります。

160901.jpg

すごく美味しそうですよね。
すごく美味しいんです!!

これは、あきしまこどもクッキングという子ども食堂の写真です。
この日のメニューは
カレー、餃子、たっぷり野菜のサラダ、なす田楽、フィッシュフライ、スイカでした。
本当に美味しかったなあと写真を見て改めて思い出します。

あきしまこどもクッキングは、月1回公民館で昭島のパパさん達を中心に行われています。
ご縁があり、私もメンバーとして参加させていただいています。

子ども食堂ってなんですか?
そう質問されることがあります。
私自身、今年の1月まで知りませんでした。

子ども食堂とは、子どもが1人で来られる、無料・定額の食堂のことです。
美味しいご飯をみんなで囲む、あたたかい「場所」です。
多摩地域にもたくさんの子ども食堂があり、
それぞれ元PTA会長さん、居酒屋さんの店長さん、住職さん、栄養士さん、保護司さんなど、
地域のさまざまな方が広く関わっています。
学習支援を合わせて行っているところもあります。

家庭には、さまざまなカタチがあります。
抱えていらっしゃるご事情も様々です。
ゆっくり子どもと食事をあたたかく囲む、それが難しいときもあるかもしれません。
誰に何を相談したらいいか分からない、地域での繋がりが薄い。
そんなこともあるかもしれません。

子ども食堂は、それぞれの方の「居場所」です。
子どもも大人もみんなでご飯を食べ、笑い、ゆっくり時間を過ごします。
家庭や学校、職場の他に、ほっとできる場所が地域にある、
それはとても素敵なことだと思います。

私が子ども食堂に関わりたいと思うのは、
そんな場所があったらと、これまで切に思ってきたからでした。

弁護士としてではなく、一市民として、これからも子ども食堂に関わり、
「場所」を作っていけたらと思っています。
そして、何か自分にできることがあるときに、
気兼ねなくご相談していただけるような存在になりたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

たのしみ

我が事務所には毎年恒例の行事がいくつかあります。
その中の一つ、国営昭和記念公園(立川市)での花火鑑賞が先月末ありました。

160815.jpg

事務所行事でのなによりの楽しみは、所員の子どもたちの成長です。

ついこの前生まれたと思っていた兄弟が二人とも小学生になっていたり、たどたどしい字でお手紙をくれた子が「恐縮です」という言葉を使えるようになっていたりと、開所から8年半という時間を積み重ねてきたことを実感します。

花火デビューとなる我が子も、初めての花火をみて、「あ!あ!」と指を指したり、拍手したり、目をきらきらさせていました。

周りからの「大きくなったね大きくなったね」の声が嬉しく、見守られながら育てていけることを、とても嬉しく思っています。

夏到来!

今年も夏がやってきました。
私の子ども時代には猛暑という言葉はなかったように思いますが、
例年この季節はあまりの暑さに大人はぐったりですね。

我が家には2歳と5歳の娘がいます。
彼女らはというと暑かろうと寒かろうとおかまいなし。年中無休で元気いっぱいです。
母「今日も暑いねぇ、お家の中で遊ぼうか?」
5歳「え~っ。公園行きたい!」
母「・・・(無言の抵抗)」
5歳「そうだ!いい考えがあるよ。
そんなに暑いなら公園でアイスクリームを食べればいいんじゃない?」
2歳、それを聞いて黙って玄関に行き靴を履く。母、負ける。

夏の週末は、大体こんなやりとりをしています。
我が子を見ていると「子どもの頃は夏になればプールに花火、お祭り。
楽しい事が沢山あったなぁ…」と思い出し、
子どもの目線でも一緒に楽しめるようになりたいと思うようになりました。
子育てを通じて季節行事をあらためて意識するようになり、
夏は地域のお祭りなどで家族で出かけます。

我が家からほど近い場所にある東京都清瀬市では、
8月中旬~下旬に「清瀬ひまわりフェスティバル」を開催しています。
写真は以前に家族で出向いた時のものです。
お近くへお越しの際は、是非立寄ってみてください。
遠い観光地まで行かずとも、
地元農家の方が育てて下さった沢山のひまわりを見ることができオススメです。
この夏も新たなスポットを求めて、暑さに負けずお出かけしたいと思います!

160715①

週末のお出かけ

梅雨ですね。いかがお過ごしでしょうか。
たまには風情のあるところへということで、
先日、青梅市にある塩船観音寺に初めて行ってきました。
5月のつつじ祭りで有名なお寺です。
あじさい園もあるということで、今回はそちらを見て参りました。

160704①
こんもり咲いたあじさいです。何だかゴージャスな気分になりますね。
散策路に沿って色とりどりに咲いており、
添え木などもしてあって大切にお手入れされている様子でした。

160704②
池がありまして、よく見るとカエルさんたちが沢山いらっしゃいました。
赤トンボやシオカラトンボの姿も。

ウグイスがかなりの勢いで鳴いていたり、キツツキが木を盛んにたたいていたり、
てんとう虫にも出会いました。
花がすっかり終わってしまったつつじの木が斜面一面に並んでおり、
緑のもこもこがあたり一面を埋める景色はなかなか面白かったです。
夜になったら動き出したりしないかなぁと想像してしまいました。

暑くて歩いている間に汗だくになりつつも、たくさんの花や生き物にふれ、
室町時代に建てられたという立派な茅葺きの本堂も拝見できて、
梅雨も悪くない季節だなと思えたちょっとしたお出かけでした。
プロフィール

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ