在宅勤務

コロナウイルスの影響により私も在宅勤務をおこなっていました。
自宅なので優雅に?音楽を聴きながら仕事をしていました。
今日はオススメのCDを紹介したいと思います。
皆様ご存知の辻井伸行さんです。レンタルしてきました。
何がいいのかと言われると、それは説明できません。なんだか素晴らしいのです。
ラ・カンパネラなんてもう大変です。是非聴いてみてください。

八木先生

コロナウイルスに関係する支援策などの情報提供です

コロナウイルスの感染拡大に伴い、様々な影響が実生活に及んでいます。生活面や経済面では種々の支援制度が創設されていますが、情報が溢れかえっているので、どういう時にどんな制度が使えるのか、分かりづらさを感じている方もいるかもしれません。

ここでは、個人の方向けの支援策を中心に、執筆時点での情報をまとめてみたいと思います(と言いましても情報量が多く、結局分かりにくくなってしまいましたので、ご容赦いただければ幸いです)。

すでに政府や自治体を始め、コロナウイルス関連の支援制度をまとめた情報が様々なところで掲載されていますが、この記事もそのようなものの1つとして適宜ご活用いただければと思います。



1 個人の生活に関係する情報


①ほぼ全員に共通するもの(特別定額給付金)
  ほぼすべての人に関係する身近な支援制度が、特別定額給付金(一律10万円の支給)です。
  これは、年齢や国籍、収入・生活状況を問わず、2020年4月27日時点で住民登録されている方全員が対象となる給付金です住民登録されている自治体に、世帯主が、その世帯全員分の給付金の申請をまとめて行う形が基本ですが、DVや虐待によって避難している方には、世帯主を通さず個別に申請・受領できる場合もあります。
また、自治体によって申請書の様式が異なり、「給付金を受け取る」にチェックをしないと受け取れないタイプや、「給付金は不要」にチェックすることで辞退するタイプがあるようですので、申請の際には注意が必要です。

②生活が困窮している方向け
休業や失業等により収入が減り、生活が困窮している方が利用できる制度として、以下の制度があります。

・住居の賃料の援助制度(住宅確保給付金制度)
 住宅確保給付金制度は、賃貸住居に住んでいる方が困窮した場合に、住居の賃料を自治体が援助する制度です。この制度では、要件に該当すれば、原則として3か月間(最大9か月間)の賃料相当額(世帯人数により決定される上限額があります)が給付されます。個人向けの制度ですので、営業用店舗の賃料の給付を受けることはできません。
 この制度は、コロナウイルスの感染拡大以前から、生活困窮者の自立支援のために存在していましたが、コロナウイルスの感染拡大を受けて、利用できる要件が緩和(失業まで至らなくても、勤務日の減少による減収でも利用しうる等)されています。

・生活資金の貸付制度(緊急小口資金・総合支援資金)
 コロナウイルスの影響により休業又は失業するなどして収入が減少した方の生活を支えるため、緊急小口資金は最大20万円、総合支援資金は最大60万円(月20万円以内で原則3か月以内)の貸付を受けられる制度です。お近くの社会福祉協議会が申請窓口になります(緊急小口資金については、労働金庫も郵送で申請を受け付けています)。
 この制度は給付ではなく貸付制度なので、原則として返済が必要になりますが、返済猶予期間や償還期間(緊急小口資金は2年以内、緊急小口資金は10年以内)が設けられています。また、生活困窮状態が続いている場合、申請により返済の猶予や免除ができる場合もあります。
 また、コロナウイルスの影響で生活困窮者が増大していることを受け、保証人は不要かつ無利子で貸し付けを受けられるようになっています。

・各種支払の猶予
 減収等により経済的に厳しい状況にある場合、税金や公共料金、携帯電話料金等の支払猶予に応じてもらえる可能性があります。また、住宅ローンの返済額や期間の見直しに応じてもらえる可能性もあります。ただ、あくまでも支払猶予なので、いずれは経済状態が回復して返済が追いつく見通しがつく場合に有効なものです。
 また、民間の賃貸業者等でも、減収等の事情によって個別に支払猶予に応じてくれるところもあるようですので、支払が難しくなってしまった場合は、支払先である市区町村や業者等に相談されてみてはいかがでしょうか。


③勤務先が休業した、解雇・雇止め等の不利益な扱いをされたという方向け

・休業手当制度
 多くの業界で、コロナウイルスの影響で勤務先が休業したり、勤務時間が縮小されたりしています。労働基準法上、不可抗力によらない休業の場合、使用者(勤務先会社)は従業員に対して、平均賃金(過去3か月間に払われた賃金の平均額)の60パーセント以上の休業手当を支払う必要があります。
 コロナウイルスの感染拡大防止のための休業に際し、従業員に休業手当を支払った使用者には、政府から雇用調整助成金が支給されます。
  また、新たな政策として、勤務先から休業手当の支払を受けられない従業員が、個人で休業手当に代わる給付金を受け取ることができる制度が創設される動きもありますので、新しい情報を逐一確認する必要があります。

・解雇、雇止め等に対する法的規制
  コロナウイルスの影響で経営が悪化したという理由で解雇や雇止めをされた場合、当然ながら、無条件にその解雇や雇止めが有効になるわけではありません。
  ここでは詳細な説明を省きますが、コロナウイルスの影響によるか否かを問わず、会社の業績悪化を理由に従業員を解雇等する場合には、本当に解雇の必要性があるか、また適正な手順を踏んでいるか等をチェックし、その有効性を判断することになります。
  コロナウイルスの混乱に乗じて、本来は有効ではない解雇や雇止めをされるケースもないとは言えませんので、気になる場合には労基署への相談や法律相談を利用されることをお勧めいたします。

④勤務先が倒産してしまったという方向け
  勤務先の倒産により失業してしまった場合、雇用保険の失業給付(給付日数がこれまでよりも延長される見込みです)や未払賃金立替払制度が、利用しうる制度としてあります。

⑤様々な支援制度を使っても生活が維持できないという方へ
  失業や減収により、様々な支援制度を駆使してもどうしても生活が維持できなくなってしまう場合には、つなぎの手段として生活保護申請をすることをお勧めします。
  また、負債の返済ができなくなってしまったという場合は、併せて自己破産等の債務整理手続を行う必要があります。これは、経済状態を立て直して再出発するための法的制度ですので、必要があれば積極的に利用していくべきものだと思います。

⑥その他(コロナウイルスに関連する消費者問題)
  生活困窮問題以外にも、コロナウイルスに関連して、様々な問題が生じています。一例を挙げれば、結婚式やイベント等をキャンセルした場合のキャンセル料を巡る問題、感染防止効果をうたう商品の売買を巡る問題、公的機関を名乗る詐欺や悪質商法などの消費者問題です。このような問題に対しては、正確な情報をもとに対処していく必要があります。
  万が一トラブルに遭遇してしまった場合は、できるだけ早い段階で消費生活センターへの相談や法律相談等をご利用されることをお勧めいたします。



2 事業者に関係する情報
  事業者に関係する制度については簡単に紹介するにとどめますが、以下のものがあります。

①持続化給付金
 中小企業には上限200万円、個人事業主には上限100万円で、休業による売上の減少分に応じて給付される援助金です。

②雇用調整助成金
 コロナウイルスの感染拡大防止のために従業員を休業させた場合に、雇用主が賃金の60パーセント以上の休業手当を支給した場合、その支給分に応じて雇用主に支払われる助成金です。
 なお、実際にコロナウイルスに感染してしまったために休業した従業員に対しては、休業手当ではなく、健康保険から支払われる傷病手当金によって経済的なフォローをすることになります(従来は傷病手当金制度が無い国民健康保険でも、特例として傷病手校休業等対応助当金が支給される場合がありますので、必要な場合は自治体窓口にお問い合わせください)。

③小学校休業等対応助成金
 学校の休校に伴い、お子さんの世話をするため休業した従業員に有給の休暇(通常の有給休暇を除く)を取得させた場合に、その支払った給与分に応じて支給される助成金です。この制度では、企業だけでなく、同じ事情で休業したフリーランス(個人事業者)用の助成金もあります。

④その他
 中小企業や事業者に対しては、自治体独自の支援制度が創設されている場合もありますので(東京都感染拡大防止協力金等)、所属されている自治体の情報もチェックすることが重要です。
 

メガネ

メガネを作った。
事情があり、コンタクトレンズをしばらく使えなくなったためだ。
今まで、常時メガネをかける生活をしていなかったため、戸惑いが多々ある。
まずは、うっとうしい。フレームを支える鼻が何となく重苦しい気がする。
マスクをすると曇ってしまう。温かい飲み物を飲んでも曇る。
しかし、それにも慣れてくると、今度はメガネをかけていることを忘れてしまう。
セーターなどをメガネをかけたまま脱ぐと、危うくメガネが壊れてしまいそうだ。
目薬を差す時も、何度もメガネの上から差しそうになる。
ただメガネをかけただけなのに、日常生活を緊張感を持ちながら送っている。
新しいことへの順応性が低くなっていることを自覚している私にとって、
メガネがちょうどよいトレーニングになっているのかもしれない。

中田さん写真


民事執行法が改正されます


 他人に貸したお金が返ってこない、といったケースで、強制執行を行うことでお金を回収することがあります。
 強制執行とは、お金を貸した人(債権者)の申立てによって,裁判所がお金を返済しない人(債務者)の財産を差し押えてお金に換え(換価)、債権者に分配する(配当)などして、債権者に債権を回収させる手続です。
 ただし、強制執行をするには、債権者が、差し押さえる財産を具体的に特定する必要があります。
これまで、勝訴判決を得ても、債務者の財産が特定できず、強制執行ができないケースが散見されました。

 そこで、この度、民事執行法が改正され、①債務者の財産を開示させる制度が見直された上、②債務者以外の第三者から債務者の財産に関する情報を取得する手続が新設されました。改正法は、令和2年4月1日から施行されます。

  ①の手続(財産開示手続)は、裁判所が債務者を呼び出し、非公開の財産開示期日において、債務者に自己の財産について陳述させる手続です。これまで、裁判所から呼び出しを受けても出頭しない人が多くいたことから、あまり利用されていませんでした。そこで、改正法では、開示義務者が、正当な理由なく、裁判所の呼出しを受けた期日に出頭しなかった場合等には、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられるようなります。
  ②の制度について、勝訴判決等の債務名義(強制執行をするのに必要な文書)を持っている債権者は、裁判所に申し立てることで、債務者の財産に関する情報のうち、(ア)預貯金等については銀行等に対し、(イ)不動産については登記所に対し、(ウ)勤務先については市町村等に対し、強制執行の申立てに必要な情報の提供を命じてもらうことができるようになります。
なお、(イ)と(ウ)の手続については、それに先立って、債務者の財産開示手続を実施する必要があります。
また、(ウ)の手続の申立てができるのは、養育費等の支払や生命又は身体の侵害による損害賠償金の支払を内容とする債務名義を有している債権者に限られます。
 各方面で影響が大きそうな改正ですので、ご参考にしていただければと思います。

水泳

「え゛っー、う゛ぇっー、ひゅーっ、」あえて記せばこんな感じであろうか。どうやっても言葉には表せない。咳といえば「ごほん、ごほん」が相場であるが、そんな生やさしいものではない。電車に乗るとこちらを白い目で睨み付けながら周りの人はその場を去って行く。「気持ちは分かるが、こっちだって辛いんだよ、君は今だけだけど、僕は毎日ずっとなんだよ、」と心の中で叫びながら、申し訳ない気持ちで電車に乗っていた。さすがにこれではまずいと思い、職場近くの東洋医学もやっている病院に行った。通常診察のはじめは、「今日はどうされましたか?」が相場であるが、私の場合は違った。待合室で、例の調子で咳き込んでいたため、お医者さんの耳にもそれは届いていた。「大変ですね、いつからですか?」で診察は始まった。診察の結果、「中嶋さん、これは喘息です。」といわれた。ショックだった。今まで風邪を引くと決まって咳が止まらなくなったが、喘息といわれたのは初めてであった。「あのぉ、子どものころから気管が弱いといわれたことはあったんですが、喘息っていわれたのは初めてで…。」と恐る恐るいったら、「それを喘息っていうんですよ。」と返された。なるほど。
 薬を処方してもらったが、薬を飲んで治ったためしがない。その後そのお医者さんがいうには、「中嶋さん、腕をぐるぐる回す運動をしてください。背筋をつけてください。そうすれば咳に負けなくなります。そうですね、水泳なんか一番いいと思いますよ。」

 私のボス弁は日課として週1回必ず水泳に行っていた。夕方出かけて、2キロ泳ぎまた事務所に戻って仕事をされていた。泳いで帰ってきたときの何とも言えない爽快感あふれる顔が今でも印象に残っている。それを見て私も決意した。そうだ、水泳をやろう。
 ところが私は泳げない。まったく泳げない金槌ではないが、平泳ぎでなんとか25メートル、クロールで15メートルくらい、背泳ぎは直ぐに沈んでしまい、バタフライに至っては、何であんな泳ぎ方が必要なんだと思っていたくらいで、もちろん泳いだことはない。もし私がバタフライを泳ごうとしたら、溺れていると勘違いされたであろう。
 肩をぐるぐる回す運動をしなければならない身としては、平泳ぎでは駄目で、他の泳法で泳がなければならない。そこで、まずは一番ポピュラーなクロールをやることにした。しかし、せいぜい泳げて15メートル、これではまるで運動にならない。ところが世の中には親切な人がいるもんで、見知らぬおじさんが声をかけてきて、泳ぎ方を教えてくれた。よっぽどぶざまな姿だったんであろう。その人に身体の姿勢や息継ぎの仕方などを教えてもらうと、これがとっても役に立ち、たちまち泳げるようになった。25メートル、50メートル、距離はどんどん伸びていった。

 私の通った中学校は水泳に厳しい学校であった。25メートル泳げないと、特訓が待っている。また、泳げる距離によって帽子の色が変わった。最初は赤。50メートル泳げるとそこに白い線が1本入る。100メートルで2本、200メートルで3本、そして300メートル泳げると帽子の色が白に変わる。泳法は何でもいい。白帽になると今度は300メートル泳げる泳法が増えるにしたがって黒線が一本ずつ入る。つまり、4泳法全部300メートル泳げると白帽に3本の黒線が入ることとなる。私もこの試験を受けた。50メートルは何とかクリアーできた。75メートルはどうにかこうにかたどり着いた。そして、100メートル。たどり着いたとき、死にそうだった。まだ、目標の3分の1しか来ていないのに。そして、100メートルのターン。壁を蹴ろうとした瞬間、このままいったら溺れて死ぬ。恐怖心が襲った。身体はこわばり、壁を蹴ることができず、私の試験はそこで終わった。結果赤帽に白線2本である。そのときの恐怖が頭から去ることはなく以後その試験を受けることはなかった。当然のことながら周りの友達はどんどん帽子の色が変わっていく。赤帽なんてかぶっているやつはいない。幸か不幸か、帽子をかぶらなくてもよかったので、私は帽子をかぶらずに水泳の授業を受け続けた。一度だけ、先生から全員帽子をかぶってくるように言われ、仕方がないから他のクラスのやつに帽子を借りた。もちろん白いやつを。先生も「中嶋は赤帽じゃないか」と気付いていたようだったが、何も言われなかった。以後、帽子をかぶれと先生が言ったことはなかった。

 そうだ、せっかくだからこれに挑戦しよう。そう思った。四半世紀の時を隔てて、私の挑戦は始まった。まずは平泳ぎから。これはわりとすんなりクリアーできた。「やったぁ、白帽だ!」心の中で叫んだ。次は、クロール。これはさすがにすんなりとはいかなかった。平泳ぎはいざとなったら顔をつけずに泳げるが、クロールはそうはいかない。息継ぎがうまくいかないと苦しくなるし、腕はだるくなるし、それでも何度目かの挑戦で300メートル泳げるようになった。黒線1本である。ただ、残念ながら黒線は今のところ1本まで。
黒線3本までは、まだ少し道のりがある。
 一時期は、毎週必ず2キロくらいは泳いでいたが、ここ数年はサボりまくっている。ちゃんと泳いでいるときは、まったく風邪をひかなかったが、サボるようになってから風邪をひくようになってしまった。なので、今年こそは真面目に泳ごうと思い、先日久し振りにプールに行ったのだが…
やべぇ、腕が上がらねぇ!
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ