期待

今年の運勢とあると少し期待をして見てしまいます。
この間ネットで見た運勢、生まれ月と日にちの言葉を繋げるというものでした。

今年の私の運勢。
生まれ月…どっぷり
日にち…金がない

「どっぷり 金がない」

ずっしりくる言葉です。
やはり期待をして見てはいけないです。
心して1年を過ごしたいと思います。

講演会

こんにちは。弁護士の足立です。
久々の登場で恐縮です。

弁護士になって丸8年を経過しまして、
最近は、方々で講演会をさせていただく機会が増えました。

つい先日の1月25日には、
あきる野市の地域包括支援センター主催の講演会に行って参りました。
お題は「遺言」ということで、22名の熱心な市民のみなさんにご参加いただけました。

「遺言」というと、言葉としてはなじみがあるものの、
実際書いているかというと書いていない方がほとんどのようでした。
そのため、私の話しをお聞きいただいて、
少しでも書こうかなと思った方がおられればいいなと思います。

このほか、市民向けの後見の講演、自治体職員向けの個人情報保護の研修、
PTA主催の身近な法律問題に関する講演など、
できる限りのお題に何とか対応させていただいております。
機会がございましたら、是非お声掛けください。

講演会チラシ
170201①

会場のあきる野ルピア
170201②

入所のご挨拶

初めまして。2017年1月に多摩パブリック法律事務所に入所いたしました、幡野博基と申します。

私は茨城県出身で、大学時代から多摩地域に住み始めました。
また、大学2年生の頃から3年間、当事務所で事務のアルバイトをしておりました。
慣れ親しんだ多摩地域と事務所で弁護士を始めることができ、大変うれしく思っております。
入所から約4週間が経ちますが、債務整理や刑事事件を中心に業務に取り組んでおります。
弁護士や事務局の方々のサポートを得ながら、楽しく仕事をしています。
弁護士会の研修や委員会活動等を通じて、事務所外の先生方とも徐々に関わりを持つようになってきました。
どんどん業務に取り組んで、多摩地域と事務所に貢献していきたいと思います。

私は障害者支援に興味があり、ライフワークにしたいと考えています。
大学時代から、障害者の方々が抱える生活上の問題について見聞きする機会が多くありました。
そうした問題を抱える方の支援のあり方を学ぶため、福岡での修習中、障害弁護団や弁護士会の委員会の活動に参加していました。
これからは、弁護士として、関係団体や関係機関との連携を取りつつ、問題解決のお手伝いをしていきたいです。

まだまだ未熟者ではありますが、精一杯努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

歩くのが好きで、毎朝30~40分歩いています。
高校時代から続けている習慣です。
歩いてから出勤すると、一日シャキッとして集中できます。
その延長で、山に登るのも好きです。
一緒に登る人たちと話をするだけでなく、すれ違う人たちと挨拶したり、しゃべったりするのも楽しみです。
写真は、先日、日の出山にハイキングに行ったときに撮ったものです。

170131.jpg


新年に思う事

新しい年を迎え、今年の目標をいくつか胸に抱いています。
昨年は、地元の日野出身の土方歳三最期の地・函館へ行くという長年の夢を叶えました。
現地で私がいかに興奮し、五稜郭、箱館奉行所や歳三最期の地(一本松関門跡)などで夢中で写真撮影をしていたかの詳細は省きます。

地元出身ということで身近に感じることのできる歴史上の人物がいるというのは誇らしく、また、ゆかりの地を巡る楽しみもあります。
次に目指すのは、新選組の庇護者であった松平容保公のおられた会津です。

新選組のテレビドラマの中で、印象に残っている台詞があります。
「人は生まれてから最初の10年は己のことだけを考えればよい。
 そして次の10年は家族のことを考える。
 二十歳になってからの10年は生まれたくに(故郷)のことを考える。
 そして三十になったら日本のことを考える。
 四十になったら世界のことを考える。」

多摩パブに入所してから、これまでより多摩地域と向き合う機会が増えました。
上記の台詞の年齢とはだいぶズレがありますが、多摩地域のために自分に何ができるのか考えながら、日々精進していきたいと思います。

日野・高幡不動尊の歳三像
170116①

函館・五稜郭タワーの歳三像
170116②

退所のご挨拶

平成28年12月末日をもって任期を満了し、多摩パブリック法律事務所を退所しました。
4年半多くの方のお世話になり、本当にありがとうございました。

あれ、多摩パブの弁護士また辞めるのか、思われる方もいるかもしれません。
はい、多摩パブは一般の事務所よりも弁護士の出入りの多い事務所なのです。
それは多摩パブはいわゆる公設事務所だからです。

公設事務所とは、ざっくりご説明すると、一般の弁護士ではなかなか手が回らないところ、でも弁護士の力が必要なところを担う弁護士が必要だ、ということで、弁護士会が設立した事務所になります。(公設事務所がなんなのかについては、以前のブログに少し書きましたので気になる方はこちらhttp://tamapb.blog.fc2.com/blog-entry-134.htmlをご覧ください。)

こうした性質の事務所のため、特定の弁護士の事務所というわけではなく、いろんな弁護士が交代で任務を担えるよう、任期制がとられているのです。
そのため、多摩パブの弁護士はいつも入れ替わっているのです。

弁護士が入れ替わっていくため、事務所は常に新しいことにチャレンジしやすく、進化し続けます。
一方で、人が変わることにより、外の方とのつながりが切れてしまわないよう、引き継ぎなど気をつけなければなりません。
そこで、活躍してくれるのが事務局です。事務局には任期がありません。
そのためご挨拶回りや関係機関と共同で行う事業などには事務局も同席し、関係をつないでいます。
普段は表に出ることの少ない事務局ですが、こうして地域に根付く多摩パブを支えています。

退所のご挨拶なのに、長々と一般的なご説明をしてしまいました。
多摩パブでの思い出はたくさんありますが、自治体や社会福祉協議会などさまざまな関係機関の方と協力しながらケース対応をする機会が多かったことが印象深いです。
依頼者の方により総合的な支援をすることができたかと思います。

平成29年1月からは東京パブリック法律事務所の所属となります。
多摩パブの兄弟事務所です。
今度は池袋で、多摩パブ魂を忘れずにがんばりたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ