カープ女子

以前、多摩パブOBの弁護士が「カープ男子」というブログを載せていましたが、私も、両親が広島出身ということで、生まれながらのカープ女子(当時はそんな言葉などありませんでしたが)です。
私が子供のころは、カープは万年Bクラスで、というより、4位なら上出来、毎年最下位争いという有様で、カープファンなんて恥ずかしくてとても言えない時代でした。実際、カープファンの人を身内以外で知りませんでした。

それが、です!
20年ぶりぐらいに球場に行ってみると(マツダスタジアムではありません)カープのユニフォーム姿で応援する人の多いこと!選手ごとの応援歌まであり、びっくり!
それではと、生まれて初めてマツダスタジアムへ行ってみました。(チケットを入手するのがほんとに大変)すると、スタジアムの中はもちろん、広島の街全体が、カープ一色なのです。デパートやマックの店員さんもカープのユニフォーム、当日のチケットを持っているとサービスが受けられるお店もたくさんあり、球場近くのローソンまで赤なのです。
そして、観客は本当にいろいろな年代の方が多く、特に高齢の女性が多いのに驚きました。(そういえば私の叔母も70近いですが、レディース会員になっていると言っていました) 開門前に並んでいたおじいさんは、自作の星取表を何年分も持っていました。

やはりカープは、広島市民の宝物なんですね。私の父もカープの存続が危ぶまれたとき、市民球場に置かれ樽募金をしたと言っていました。

今年もプロ野球が開幕しました。
カープの活躍を心から願っています。

180416①

180416②

180416③

目黒川の桜

 2014年に続き、目黒川の桜についてです。
 目黒にも桜の名所が数多くありますが、何といっても目黒川の桜は綺麗だと思います。たくさんの人々が桜の花を愛でるために、来られます。
 今年も、まだ人もまばらな早朝に撮影しました。子供を少年野球の集合場所に送った帰り道でしたから、朝の7時半くらいでした。
 写真の一枚に、目黒川に川面に一羽のカモが写っています。まだ大勢の人々が訪れる前でしたので、カモものんびりしているように見えました。
 目黒川の桜は、両岸にびっしりと並んでいます。子供が「植木算の問題みたいだ」と言っていました。勉強熱心な息子です(笑)。
 満開から桜吹雪、そして葉桜へと、あっと言う間に桜景色が移り変わります。数日に分けて写真を撮ったのですが、本当にあっと言う間ですね。古来の文学にあるように、あまりの刹那に、一瞬一瞬を目に焼き付けようという気持ちになります。

180402①

180402②

           180402③

春の訪れ

皆さんは何で春の訪れを感じますか?
桜、筍や菜の花など旬の食べ物、花粉症などなど…。

我が家には、この春小学2年生と年中に上がる子どもがいます。
卒業、入学の年ではありませんが、
今の小学校は毎年クラス替えがあり、お友達関係も一新します。
親のほうが新しい顔ぶれを覚えられず、毎年悩みどころです。
一方、こども自身は環境の変化にも順応性が高く、
前に進むたくましさに驚かされます。

上の子は、つい先日まで登校の集合場所に1人で行けず、
途中まで付き添っていました。
3月に入ったある日、2年生になる自覚が芽生えたのか、
付いて来なくて大丈夫と出掛けていくようになりました。
母、ちょっとショック。

下の子も、保育園では下級生の面倒をみる歳になりました。
言葉も達者になり、いつのまにか絵本を1冊自分で音読するように。
最近は親子で図書館に行くことを楽しみにしています。
子どもの吸収力はすごいですね。

年度末は担任の先生から我が子の様子を聞き、
立ち止まって、成長を振り返る機会となっています。
子どもの手が少しずつ離れていくのを実感していますが、
そうは言ってもついつい心配が先立ち、
子離れできない母の春です。

住み続けて10年

マンションの更新の時期がきまして、気付けば10年住み続けていました。
そしてまた更新をします。
住み始めた当初は、落ち着いた年齢の人が住んでいて、静かで住みやすいと思っていましたが、最近は若い人がずいぶん増えたな、なんて思うようになり、単に自分が10年歳をとっただけなんだと気付きました。
あっという間の10年で、こんなにも長く住むと思っていなかったので、自分でも驚きます。
今まで何度か引っ越しを考えたこともありますが、今よりも良い部屋が見つからず、結局断念してきました。
しかし、来年は引っ越しを目標にしたので、物件探しを楽しみたいと思います。

おじさんになります

私の実家では、毎年、ふるさと納税で自治体からもらったものを味わう会が開かれます。
先日の会は、カニしゃぶパーティーになりました。

180201.png

普段、家族全員が揃う機会は少ないですが、この会の時には、家族全員が揃います。
色々な近況報告を聞きましたが、一番のニュースは、私の姉が妊娠した、というニュースでした。
めでたいですね。
両親にとっては、初孫になります。
そうです。私は、今年、おじさんになります。
できれば、おじちゃんではなく、にいちゃんと呼ばれるようにしたいな・・・とは思っています。

まだ赤ちゃんの名前は決まっていないようです。
皆様は、赤ちゃんの名前を決めるとき、画数はどの程度気にされるのでしょうか。
ちなみに、「幡野博基」の名前で姓名診断をしてみると

「幡野」・・・凶
「博基」・・・吉
「野博」・・・吉
「幡基」・・・凶
総画数・・・吉凶混合

との結果になるそうです。
「幡野」の苗字を持つ者は波瀾万丈な人生を送るそうです。

今年も、波瀾万丈な一年になるのでしょうか。ある意味、わくわくします。
今年は弁護士二年目になります。昨年以上に、活動の幅を広げていける一年にしたいです。
おじさん、頑張ります。
プロフィール

多摩パブリック法律事務所

Author:多摩パブリック法律事務所
多摩パブリック法律事務所は、多摩地域の法的ニーズに積極的に応えるため、東京弁護士会の全面的バックアップにより設立された公設事務所です!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ